こんにちは 

August 21 [Mon], 2006, 16:17
久しぶりに投稿します。文書が長すぎるのか、内容がつまんないのか、コメントが集まりません。
今日は簡素に!皆さん薬局薬剤師について、どのような感想を持ってますか?
教えて下さい。    (株)MIS  岩崎 哲也

薬局薬剤師 

July 03 [Mon], 2006, 13:23
2回目の投稿になります。前回の話で医療機関側も痛みを伴っていると言いましたが、具体的なところ
を話したいと思います。今日は薬局について話します。具体的にはここ10年くらいで、急に増えた調剤薬局です。現在、厚労省に届け出ている薬局は約5万件あります。なぜ増えたかというと、行政指導です。医療機関側が院外処方(病院内で薬を貰うのでなく、外の薬局で薬を貰う。)することで、処方せん発行1枚につき約900円の収入が得られました。現在は600円弱です。簡単ですがこのような経緯があり、院外処方に移行する医療機関が増えるとともに、薬局数も右肩上がりで増えてきました。さて、本題の痛みですが、2年おきに調剤報酬改定、薬価改定というものがありまして、ここ数年でみると両方ともかなり削減されました。同じ業務でも、10年前と比較すると約30%前後利益は落ちています。
理由としては、さまざまな要因における国家財政の窮迫、少子高齢化による医療費増大などですが、私見としては、過去が異常に儲かりすぎたとも想いますね。当時、調剤薬局3店経営(もちろん患者さんの多い医療機関)すれば、社長さんの年収は?千万円になったでしょうね。ところが、最近はそうも行きませんね。経営自体がとても、苦しくなっています。今後も改定ごとにさらに大変になるでしょう。
度が過ぎると、働く薬剤師さんにも当然影響が出ます。でも、仕方ないというか、当たり前というか、ある意味正常化に向かっていると思います。収入の約70%が健康保険から入って来ます。残りが患者さんの自己負担です。と言うことはほとんどが税金からみたいなものですね。したがって、国民の皆さんにもっと、査定の機会があれば、もっと正常化すると思います。現状、もっと薬局や医療機関などで
情報開示や細かい質問をぶつけてみてはと思いますね。皆さん思い切って聞いてください。親切でないところも、まだまだありますよね。そういうところは行かない方がいいですよね。医療側もサービス向上しなければ、必要以上に医療費は高いと国民から見られてしまうと思います。要は質を伴ったと言うことですね。基本的には治療費は何処でも大差ないので、見合った医療機関、薬局を探すことがとても大事だと思います。以上、細かい質問とうあればコメント下さい。      岩崎

こんにちは 

June 19 [Mon], 2006, 16:49
私は医療資格者の人材紹介、派遣を業務とするメディカルインキュベーションシステムの岩崎と言います。たまに薬剤師の仕事もしてます。近いうちに当社のHPがリニューアルされる予定ですが、その節はそっちから個人的意見など書き込んでいきたいと思います。医療業界とはある意味非常に特殊な業界であり、入りずらいのではないかと、つくづく感じますね。最近では、いろいろな場面で以前よりだいぶ情報開示はされてきたなとは思いますが、まだまだですね。皆さんも思うところは多いのでは?
私思うに、一番の感心は、医療費負担の増大ではないですか?新聞等でさまざまな情報はご存知とは思いますが、数年前までは、お年寄りは負担なし、サラリーマン本人は10%で医療が受けられました。皆さん覚えてますか?つい最近のことですよ。日本っていい国でしたね。ほんといい健康保険制度でしたね。でもある意味過去形です。ある意味とは、未来もあるので、どちらがほんとに良いのかってさまざまな要因が絡んでくるので、分かりませんね。数年後には、今がすごく良かったと思う可能性も大きいでしょう。負担増は限界まで進むんでしょうね。私も業界の人間なので、いまいち信憑性は疑われると思いますが、医療業界側もだいぶ痛手を被ってきました。今後さらに痛い思いをするのは間違いないですね。簡単ですが、とりあえずは両者痛いと思います。ちょっと堅い話になってしまいましたが、今後なるべく分かりやすく、両方の立場で話していきたいと思います。
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mismis0729
読者になる
Yapme!一覧
読者になる