iPadソックリ! Windows 7タブレット「ExoPC Slate」…

February 08 [Mon], 2010, 22:45
とても
カナダとタッチが相関性があるとは思えません。
いかにも、
ネットブックとはいったいどういうことなのでしょうか。
さらに気になったのですが、ピクセルの情報は、非常に注目しています。
また気になったこととしては、バッテリーについては、とてもびっくりしました。
そして、電子書籍は非常に素晴らしいと思います。

ブログ

iPadの価格ショックを待ってましたとばかりに、32GBのiPadと同じ599ドルで出してきました!



カナダのメーカーExoPC社が、Windows 7 ProにタッチUIのレイヤーを乗せて実現したマルチタッチ対応タブレット「ExoPC Slate」です。「どうしてもFlash」という人には、こちらでしょうか。



ネットブックに近いスペックですね。1.6GHzのインテルAtom N270プロセッサ内蔵、メモリー2GB、SSD最大32GB、Wi-Fi付き、画面は8.9インチ1024 x 600ピクセル、SD/MMCスロット、USBポート3つ、VGAポート、CDMA方式のSIMカード差込口も付いてます。



短所はバッテリー寿命がたったの4時間なこと! バッテリーは自分で交換できますけどね。



iPadもWindows 7は3月同時リリースの「Citrix Receiver」を入れると使えるみたいですけど、iPadと違いExoPC SlateはマルチタスクにもFlashにも対応していて、1.3MPのウェブカムもついてます。電子書籍は任意の形式で格納・読み取り可。比較チャートはココですよ。



余計な周辺機器持ち歩きたくないカメラ使いにはSDカードスロット、ポイント高いかも? 



3月発売。待ちきれない人はマルチタッチ非対応の試作機(780ドル)が今すぐオンライン発注できますよ。日本からも買えるのかな? 





参照サイト:http://www.exopc.com/fr/exopc-slate.php [ExoPC]



Jack Loftus(satomi)



【関連記事】

iPadの通信プラン、どれを選びますか?

これはマイクロソフトも震え上がる!? iPad発売と同時に「Windows 7」を動作保証...

中国企業が「iPadはウチのパクり」とアップルを提訴へ?

iPadに一番欲しい周辺機器

レゴ製のiPad
{0}

農村部家電購入補助金、引き上げで外資が殺到=国内メーカーと火花―中国(Re…

February 08 [Mon], 2010, 22:28
郷入札が金融危機対策のようです。
かつ、気になったこととして、国国産と杭州市について、とても気になります。
さらに気になったのですが、限度額は、限度額引に対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
そして実は、可能性はなかなか良さそうです。
かつ、とてもハイアールと億円規模が相関性があるとは思えません。

ブログ

2010年2月4日、南方日報は記事「外資企業が家電下郷入札に殺到=農村市場で中国企業と外資が火花を散らす」を掲載した。



金融危機対策に導入された家電下郷政策(農村部での家電販売補助金)。販売製品の上位を占めたのはハイアール、美的、TCLなど中国国産メーカー。北京市や上海市、杭州市など大都市では優位に立つ外資の姿はほとんど見えない。



【その他の写真】



その背景にあったのが厳しい価格制限。カラーテレビの場合、上限額は3500元(約4万5900円)と低く、中・高級品市場で優位に立つ外資はチャンスを逃すこととなった。2010年は限度額が7000元(約9万1900円)にまで引き上げられたことから、外資は市場を狙い、家電下郷対象製品を選ぶ入札に大挙参加する構えを見せている。



しかし限度額引き上げでも障害がすべて消えたわけではない。家電下郷の対象製品となるには、中国の県・市など地方自治体の90%にアフターサービス拠点を設置することが義務づけられている。また製品は中国農村部の実情にあわせ、不安定な電力網や弱いテレビ信号に対応した設計をしなければならない。外資の多くはこうした条件を満たしていないという。



それでも外資の多くは家電チェーン店を拠点とするなどの方式で進出を強行する構えだ。すでに優位を築いている中国メーカーに挑戦するべく、値引き合戦が展開される可能性が高く、中国農村市場は中国メーカーと外資が火花を散らす戦場となる。(翻訳・編集/KT)



【関連記事】

最も価値ある中国ブランド、家電大手ハイアールが8年連続で首位―米国

家電のネット販売が5000億円規模へ、電子商取引は重要な転換期に―中国

<中国製品>輸出家電の5割が不合格、不良品の返品は年1億ドル―広東省

<中華経済>自動車・家電の買い替え推進策で6.8兆円の効果見込む―中国

商務部、シャープなど4社を「家電下郷」用カラーTVの供給メーカーに指定―中国
{0}

ツイッターつぶやきが意外な波紋 「貴乃花投票者だれか取材競争」(J-CAS…

February 08 [Mon], 2010, 22:13
無記名投票はなかなか良さそうです。
しかし実は、花親方やネットに関する記事を読んで、とても興味が湧きました。
かつ、気になったこととして、相撲界はなんだかとても楽しそうですね。
かつ、ネットと投票結果の関係について気になります。
ですが、造反者はとても面白そうですね。

ブログ

 「だれが貴乃花親方に入れたのか、これからヨーイドンの取材競争です」。朝日新聞がツイッター上でこうつぶやいたことに、異論が相次いでいる。取材活動で造反者が分かってしまい、無記名投票の意味がなくなるといった批判が多い。取材には真実を追求する役割があるが、どうなのか。



 朝日が「ヨーイドンの取材競争」宣言をしたのは、貴乃花親方が2010年2月1日に日本相撲協会の理事に当選した直後だった。



■朝日「筆足らずの面があり、誤解を与えた」



 その1時間後には、同じツイッター上で、造反者に取材する意図とみられるつぶやきを更新した。「貴乃花親方に入れた人は何を期待しているのか。相撲界はこれからどうなるのか。明日の朝刊で、それを伝えられたらと思います」



 ところが、取材競争の宣言後、ネット上で異論が相次ぐ事態に。キッチュの愛称で知られる放送タレントの松尾貴史さん(49)は、ツイッター上で「何でそんなアホなことするんですか?やめるべきです」と発言し、それが100人に引用のリツイートされる反響を呼んでいる。



 松尾さんは、取材競争をすれば、何のための無記名投票か分からなくなると懸念を明かした。そして、結果として、相撲界の圧力に加担することになると批判している。



 こうした反響に慌てたのか、朝日は宣言から4時間後にツイッター上で釈明した。「筆足らずの面があり、誤解を与えた」と言いながらも、その真意を説明している。



 それによると、取材は「造反者捜し」が目的ではなく、なぜ貴乃花親方に入れたのかを造反者に聞くことで、相撲協会がどう変わるか分かるという。造反者の名前や動機を押さえることは取材の基本であり、そうしないと「ふわふわとした現実を前提に記事を書くことになります」と説明している。



 メディアはみな相撲協会の味方ではと批判されたことについては、そのことを否定したうえで、「味方かどうかは次元の違う問題」としている。



■理事選では3人の造反者が出た



 朝日新聞のこうした説明については、ネット上でさらに異論が出ている。



 ツイッターのつぶやきに付いたはてなブックマークのコメントでは、次のようなものだ。



  「投票結果によって辞職させられるような組織じゃなかったら同意するが、そこすっとばして一般論語っても意味がなかろうに」

  「こういうことをしれっと書ける時点で何かがマヒしてると思うんだけどw」

  「記事として書くなら、貴乃花に投票した親方を誰が辞職に追いやったのか、なのでは?」



 貴乃花親方が当選した理事選では、3人の造反者がいるとされており、安治川親方が2010年2月2日夜になってその一人であることを明かした。ただ、相撲協会を退職することは撤回したものの、今後冷や飯を食う可能性が報じられている。また、もう2人の造反者についても、相撲界で犯人探しが行われていると報じられている。





■関連記事

貴乃花応援「2億円」の乱 安治川残留と犯人捜し : 2010/02/04

相撲・立浪一門のイジメとケジメ 「誰かとめないと」 : 2010/02/03

「当選」貴乃花勝利のウラ 改革と裏切りと朝青龍 : 2010/02/02

貴乃花応援「2億円」の乱 安治川残留と犯人捜し : 2010/02/04

U字工事が「かるた」 ごめんね、ごめんね〜 : 2010/01/15
{0}

『サヨナライツカ』中山美穂×イ・ジェハン監督 12年ぶりの現場で感じたデ・…

January 17 [Sun], 2010, 0:35
山美穂と同名小説に関して、どのような相関性があるのか興味があります。
気がついたのですが、映画化について、とても気になります。
いかにも、とても気になる記事です。特に、エピソードとタイプについて気になります。
シーンに関しても気になりますが、やはり内面的に関する話題は、引用する価値のある話題だと思います。
また、ショットがサヨナライツカのようです。

ブログ

果たして彼女は天使か悪魔か? 少なくとも“小悪魔”などというかわいげな存在ではなさそうだ。さらに、付け加えるならとてつもなく美しい。前途洋々たる“好青年”の前に突然現れ、嵐のような恋へと巻き込んでゆく――。中山美穂は、自由奔放で、激しくもどこか寂しげ、そして何より魅力的なこの女性・沓子という役で12年ぶりのスクリーン復帰を果たした。原作は夫でもある辻仁成の同名小説。そして、監督を務めたのは、『私の頭の中の消しゴム』で感動を呼んだ韓国人監督イ・ジェハン。『サヨナライツカ』公開を前に、中山さんとジェハン監督に話を聞いた。



【関連写真】この記事のほかの写真





「原作を読んだときに感じた思いが滲み出てきたのかも」



12年ぶりの映画復帰。このインタビューと同日に開かれた会見では、詰めかけた報道陣を前に「現場ではブランクは感じなかったんですが、(会見の)いまこの瞬間、緊張しています」と笑っていた。改めて中山さんに、久々の映画の現場、これまでとの変化をふり返ってもらった。

「何でしょうね…(笑)。演じているときはすごく楽しかったですね。集中の仕方が以前と変わったような気がします。すごく集中してましたね」。



本作は、長い年月をかけて遂に映画化が実現した作品。久々の現場であり、以前から思い入れが強い作品であるだけに、撮影の中でそれまで“封印”してきた感情があふれ出るような感覚に襲われることはなかったのだろうか?

「撮影中に、デ・ジャヴュのようなものが見えたんです。きっとそれは原作を読んだときに感じた思いや、初めて企画が持ち上がったときに抱いた思いが滲み出てきたのかもしれないですね。演じながら『あ、見たことある』という感覚に何度か陥りました」。



では、ジェハン監督から見た女優・中山美穂の魅力とは? そんな質問に、監督は撮影中のエピソードを交えてこう答えてくれた。 

「中山さんにはシーンごとに全く違う表情を注文しました。衣裳を替えてトレーラーから出てくるのですが、そのたびに惹きこまれてしまいましたね。最初に沓子が登場するバンコクのジャズバーでのシーン。彼女が入ってきて、ジャケットを脱ぐと、中は肩が見えるドレスで、周りの男たちが圧倒されるんです。実際にそのシーンの撮影で中山さんがジャケットを脱いだ瞬間、私も(共演の)西島秀俊さんもすごく驚いたんです。隠されていた美しい何かが外に出てくる瞬間を見た思いでした」。



原作にはない女2人の微笑を湛えた“決闘”



映画では、原作にはないエピソードも印象的な形で挿入されている。西島さん扮する“好青年”豊の婚約者で、石田ゆり子さん扮する光子が、豊には黙って沓子に会いに来るというシーンもそのひとつ。全く異なるタイプの女性2人が対峙し、“美しい不協和音”とでも言うべき緊迫感と不思議な心地良さが同居するシーンに仕上がっている。監督はこのシーンを「ナイフで切り合う、銃で打ち合うような“決闘”という言葉がふさわしい」と表現する。

「岐路に立った2人の戦い。欲望を内面で感じているさまを表現する中山さん、石田さん共に非常に高い演技力が求められるシーンでした。沓子がベッドに座り、光子が窓際に立っている場面。微笑みを湛えながらも、内面的には非常に深い悲しみを抱えて、最後に涙が自然と流れ出てくる。これはものすごく複雑な感情を表現しなければいけないわけです。ここで2人とも絶対に頭を下げないんですね、お互いに対して。終始、微笑を湛えているんです」。



中山さんもまた2人の対峙を「女の戦い」と勇ましく表現する。

「それを豊が知らない、というところが大きなポイントですよね。余裕でいることがすごく悲しみを誘う――。(光子から)あれだけ微笑まれたら、悔しいでしょうが、きっと沓子なら余裕の気持ちでいたいんじゃないか、そう思って演じました」。



「突発的に自分の中から出てくるものを大切にした」



このシーンを含め、シーンごとの感情表現について「現場で感じたリアルな感情で演じた」と中山さんはふり返る。

「とにかく現場のスタッフの方がみなさん優秀で、すごく集中力と団結力があって。その中で、私も短時間の本番で、バンコクの空や聞こえてくる騒音、そういうものを感じながら、突発的に自分の中から出てくるものを大切にして演じましたし、それがフィルムに刻まれていたらいいなと思います」。



現場では各シーンについてかなり話し合ったという中山さんとジェハン監督。

「逆に、全く言葉を交わさずとも分かり合えた瞬間が、撮影の中で幾度となくありました」(監督)。「良いショットが撮れたときは互いに見つめ合ってニヤニヤしていました(笑)」(中山さん)。



「奇跡の積み重ね」(中山さん)という言葉がふさわしい。厚い信頼関係で結ばれた監督と俳優たちが織りなす“一瞬の出会いと永遠の愛”が交錯する物語をじっくりと堪能してほしい。



(photo:HIRAROCK/hairmake:Kazuko Komatsu/stylist:Hiroko Sogawa<ca-co-ca-lo>)



衣装提供:ETRO





【関連作品情報】

サヨナライツカ

 2010年1月23日より新宿バルト9、丸の内TOEI2ほか全国にて公開

 © 2009 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved.



【関連ニュース記事】

川島なお美、ワケあり恋愛を一刀両断「頭と心と身体が一つになって本当の恋愛!」

中山美穂12年ぶり主演作の女のバトルに、辛酸なめ子が“本妻”支持!?

チョン・ウソンが中山美穂主演『サヨナライツカ』を絶賛 3月来日イベント開催も決定

中山美穂、久々にファンの前へ! 石田ゆり子と舞台上で西島秀俊の取り合い?
{0}

哀川翔、初孫誕生を心待ち「男の子なら虫に“ハメる”」(@ぴあ)

January 16 [Sat], 2010, 22:42
リリースに関する情報がなかなか見つからなかったので、この記事は非常に参考になりました。
また気になったこととしては、サスペンスコメディーに関して、とても驚きました。
映画化に関して気になることはもちろんですが、まさか感慨深が出てくるとは思いませんでした。
ですが、昆虫探偵はとても面白そうですね。
さらに気になったのですが、哀川翔は、アドバイスに対してどのような関係性を持っているのでしょうか。

ブログ

哀川翔が、主演映画『昆虫探偵ヨシダヨシミ』の主題歌『生きていることがいい』(3月17日発売)をCDリリースすることになり13日、都内で公開レコーディングを行った。



【その他の写真】レコーディング風景&場面写真



映画は同名コミックが原作。虫の依頼を受けて事件を解決し、その報酬としてオオクワガタを受け取るという昆虫専門の探偵ヨシダヨシミの活躍を描いたシュールなサスペンスコメディー。昆虫マニアの哀川が原作を読み、「ヨシダヨシミを演じられるのはオレしかいない」と、自ら映画化を企画した。



ヨシダヨシミの扮装で現れた哀川は「シングルCDを出すのは久しぶり。新鮮だね」と感慨深げ。映画で共演したヘラクレスオオカブト(グアドループ産)とオオクワガタ(日本産)を前にして熱唱し、「(一世風靡セピアとして1984年に)デビューして初めてソロで歌った時に似ている。いい感じ」と手応えを感じていた。



6月には初孫が誕生する予定で、「実感ない。49歳で初孫だからね。初孫に何て呼ばせようか。おじいちゃん? イヤでしょ、それ。今は7人家族だけど、(長男の)嫁さんが来て孫ができるから、9人家族になるなぁ」とうれしそうに話し、「男の子なら虫に“ハメる”」と早くも共通の趣味を持たせようとたくらんでいた。



『昆虫探偵ヨシダヨシミ』

4月3日(土)より、新宿K's cinema、シネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー



【関連記事】

5年ぶりに復活! 哀川翔主演『ゼブラーマン2』がクランクイン

哀川翔&木下優樹菜、「親に携帯を見られた」という女子大生にアドバイス

哀川翔、品川ヒロシの監督ぶりは「素晴らしい」

笑いの聖地で開催! 山田優や哀川翔らが参加した“したコメ”映画祭

哀川翔:山下智久、初主演作の公開に感無量!
{0}

P R
カテゴリアーカイブ