淋しい夜はいつの日も必ず... 

2006年01月28日(土) 22時32分
淋しい夜はいつだって訪れるんだけれど、
好きな人と遊んだ後、家に帰ってベッドに入る時は、普段より何倍も淋しさが増すね。
一緒にいる時間はすごく楽しくて嬉しくて、あっという間に時間がすぎる。
会えない時間はすごく長くて、ちょっぴり淋しかったりする。


苦しいわけでもなく、今のままでいいと思うんだよね。

ただ、一人で家に帰るとすごく淋しくなる。
苦しいとかじゃなくて、なんとなく淋しいんだ。

こんな夜は音楽でも流しながらゆっくり寝るっきゃないんだけれど。
あーぁ、淋しいな。

好きだといえない暗黙のルール
冷たくされても 優しくされても 心はただ軋むだけ

…じゃなくて軋んでも、幸せだったりする。会えるだけで幸せやんね。

噂話に恋焦がれて。 

2006年01月16日(月) 12時40分

勝手な話だけれど、噂話に翻弄されてたり。
噂なんて、真実をほんのちょっと含んでる甘いお菓子みたいなもんで、
笑って楽しむ程度にしなきゃいけないもんなんだけれど。

なんか、そういう風には思えない噂ってあるよね。
自分のことじゃないんだけれど、自分のことみたいに思えちゃう話。
自分ごとではないけれど、他人事でもない話。

噂や人づてで聞いた話っていうのは、その人自身をあらわす要素のひとつではあっても、
その人自身ではない、そういうことはわかっているんだけれども。
なんかそういう理解がうまく脳に働きかけてくれない。
だから苦しむ。つらいなーって思う。

そういうのって僕だけ??
きっと違うとはおもうんだけれど、この話を誰かにできるわけでもなく。
かといって本人に確かめる勇気もない。

だから、そっとここにかきこんで、一人で自己解決。
うーん。できてないんだけれどね。眠れなくなっちゃうくらい。

噂話で傷ついてる、しかも直接的に自分のことだと決まったわけじゃない。
とっても勝手なんだ。自分本位で自分勝手な傷つき方。
答えを怖がって、一人で傷ついてます。って顔してる。卑怯者。

でも、答えがなきゃ不安で。でも答え次第では不安で。
なんでこんなにも簡単に見てきたものを見失ってしまえるんだろう。

信じてる。信じたい。そんなことはないって信じたい。
でも、彼も僕も。まだ見えない部分はきっとたくさんあるのかもしれない。

そうおもったら、、、って思考の渦に飲み込まれて。

それですばらしい答えなんてでるわけもない。当たり前だ。
傷つくことをおそれて、それでも本当のことがしりたい。なのに答えが怖い。

身勝手な自分。卑怯者な自分。
それでも「傷ついてます」って顔してる辺り、僕は神経がずぶといのかもしれない。

愛とか恋とか。 

2006年01月10日(火) 6時25分

「好きだ」って思う気持ちの定義はいまいちわからないんだけれど、今までの僕の場合は、その人にあいたいっておもったり、切なくなって苦しくなったり、そういうのがメインだったんだ。
なんかそういう気持ちにならないと、その好きは友達の延長上に思えてしまっていた。

でも、最近はちょっと違うような気がしてる。

その人のことを思って苦しくなることもあったんだけれど、最近はそんなこともなくなってきた気がする。
でも、一緒にいると楽しいし、その人の何気ない言葉が気になったりするんだ。

一緒にいられる幸せを感じられるし、一緒にいられて嬉しい。
ほんの少しでも会えたら嬉しいし、その人が「こうしたほうがいい」っていったことは全部そうしたくなる。
服装のことにしても、なんにしてもね。

でも、苦しくって辛くて・・・っていうわけじゃない。
受け入れてもらえていないっていうのは、今も前も変わってないんだけどね。苦笑

なーんだろうね。
前に長いこと片想いしてたときは「苦しくって苦しくって仕方なかった」のになぁ。

よくわかんないんだけれど、苦しくならないからそばを離れられないのはあるかな。
あきらめてるのにあきらめ切れてない感はあるよな。
やっぱり今すぐ会いたいとおもうし、かなわないってのはわかってるけれど、一緒にいて楽しいし。

難しいです。
でも、今のまんまじゃいけないんだよなー…なんて少しは思ってたりするんだけれど。
それでもやっぱりそばにいたい。

あー意味わからない文章だな。。。

ひとまず言えることは、僕のキモチは知り合った当時から変わらず、好きってことです。笑

振り返ること1 

2006年01月08日(日) 7時37分
サイトを始めたきっかけは、すごく単純。
ネットアイドルには必需品だったから、ただそれだけ。

もう何年も昔の話だけれど、とあるサイトのネットアイドルランキングにいたことがあって。
1位にはもちろんなれはしなかったけれど、2位まではいったりしていたんだ。
そんときは、ただたた有名になれば幸せになれる気がして、上位になることだけが目標だった。

そんときにね、たいてい上位層が持っているものがあったんだ。
それがHomePageってやつ。
ランキングだけじゃ見えない部分ってやつをサイトで公開してファンをつける。
それが票につながっていく。

ただ、それだけのためのもの。
有名になりたくて、それだけのためにサイトを始めた。

そういう点では思惑通り、票も伸びたし、有名にもなった。
今となってはもう僕の名前なんてぜんぜん忘れ去られてしまってはいるけれども。
僕が高校生だった頃は、それなりにネット上で名前も通っていたし、サイトも一日500を越えるようにもなった。
ファンサイトもできた。
ネットアイドルのランキングをやめた後も、変わらず最前線を走っていたと想う。

なんかね。それで全部手に入れられるとおもってた。幸せになれるとおもってた。

振り返るコト2 

2006年01月08日(日) 7時35分
でも、現実は違っていた。
有名になっても、何も手になんて入れられなくて、制限ばっかり増えて、周りの目も厳しくなって。
結局自分自身、しんどくなる一方だった。
幸せになんて程遠くなっていくことだけを実感した。

一つ一つの発言に責任が生まれ、何気ない一言について陰口をいわれるようにもなった。

それでも、走り始めたら止まれない。止まったら走り出せなくなってしまう。
現状を維持することだけで精一杯で、たくさんたくさん嫌な思いしたっけ。
自分自身に「これも有名さゆえなんだ」っていいきかせてた。

もちろん、嫌な思いだけじゃなくて、サイトをして、最前線を走って。
だからこそ知り合えた人がいる、今のつながりもそのおかげである。
今こうやってゆっくりのんびり隠居生活ができるのもそのおかげ。

頑張った結果は、全てが幸せには結びついていないけれど、それでも今につながっているのは事実。

ただ、考えてしまうんだ。
もし、あの時この道を選んでなかったとしたら、もう少しいい人生おくれたんじゃないかって。
こんなにも嫌な思いせずにすんだかもしれない。って。
考えても無駄なことを想ってしまう。そんな自分がいる。

そんな自分に負けたときにサイトを閉鎖した。
大学受験を理由にしてサイトを引退したけれど、実際は走り続けることをやめただけ。
もう自分の頑張る時代は終わったんだって、自分自身に納得してやめた。

そしてそのときサイトなんてもうしない。なんて想ったくせに、また今サイトをやっている。
笑っちゃうんだけど、サイトがないとダメな体質になっちゃったみたいでどっか心に穴があいちゃうんだよね。

ただ、前と今で違うことがあるんだ。
前までは、有名になることが、維持することがメインなサイトだったけれど、
今はのんびり自由に運営することが目的のサイト。

もう有名になんてならなくていい。
頂点に立ったからといって幸せになれる訳じゃないことを知ったから。

幸せになるためには、幸せを把握し、掴み取る能力が必要なんだ。
上に立てばいいっていうわけじゃない。

サイトを幸せになるための手段としてじゃなくて、自分自身の成長記として利用しようと。

心にきめて05年の8月にサイトを復帰した。
2006年もこのキモチを持ってサイトを運営していく。

自分自身に余裕を持って大人になるために。
P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像岩瀬美岬
» 噂話に恋焦がれて。 (2006年01月17日)
アイコン画像ユウ
» 噂話に恋焦がれて。 (2006年01月16日)
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/misaki_iwase/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:misaki_iwase
読者になる
Yapme!一覧
読者になる