ラパスA

February 24 [Fri], 2017, 2:49
ラパス2日目は、ティワナク遺跡の博物館を見て回りました。↓

ティワナク文化はボリビアのチチカカ湖周辺で、紀元前から、インカ帝国に侵略されるまで、1500年以上続いた文化。
表情に愛嬌たっぷりの土器や精巧な彫り物を見て感動しました。
まだまだ、発掘途中で、多くの謎に包まれています。

ペルーの日本人ガイドさん曰く、
「クスコを中心とするインカ帝国が滅びた原因に、スペインに買収されたボリビアなど周辺の部族の裏切りがあった。」と。

でも、ボリビア人の英語ガイドさんの説明では、
「紀元前から1500年以上続いた平和なティワナク文化を壊し、何千人ものボリビアの人を殺害したインカ帝国だったから、私たちはスペインの征服者を助けたんだ。」と。

まさに因果応報の法則?
一方からの見方だけでは分からない…。歴史も大局的に見るべきだと、新しい発見がいっぱいでした。



歴史を感じるハエン通り。



コロニアルな植民地時代の建物が残る。



道を歩くインディヘナの人たち。
南米の中で最もインディヘナの人が多いそうです。
三つ編みの髪に山高帽、広がったスカートとショールの民族衣装の人がたくさんいました。



エケコを買ったお土産物屋さんのおばちゃん。↓
とてもフレンドリーで、日本にも来たことがあるそうです。

ボリビアは、南米で最も貧しい国と言われていますが、人々はとても優しく穏やかな感じがしました。

ティワナク文化に触れてみると、天界を表すコンドル、地上界のプーマ、地下の世界のヘビの精巧なデザインや金銀細工がキレイに残されていて、古代の人々の穏やかさが伝わってくるよう。

全く知らなかったアンデス文明にとても興味がわいてきた旅でした。

ラパス@

February 23 [Thu], 2017, 2:30
いよいよ、この旅最後のボリビアのラパスへ到着。
ラパスは、大きなすり鉢状の世界遺産の都市。
標高4000m以上のところにもびっしり家が立ち並びます。



交通手段になっている可愛いケーブルカーに乗って、街を眺めました。
世界で一番長い距離を走るケーブルカーです。



郊外には、月面そっくりと言われる「月の谷」があり、ここの眺めはまた別世界。
本当に月面のよう。↓

ラパスには、「風の谷」と呼ばれる谷も多く、もしかしたらナウシカのモデルになったんじゃないか、と想像してしまいました。



お土産に売られている「エケコ」という人形は、欲しいものが手に入る幸運をもたらす置物だそうで…。
本物?のエケコは、体中に、これでもかというほどお金とか色々な物をぶら下げていて、笑えます。
ピコ太郎に似てるかも。(*^^*)



でも、さすがに顔が怖すぎるので、私は可愛い小さな陶器のエケコをゲット❣️↓
家に飾ってさらなる幸運を呼び込もうと思います。(笑)

クスコA

February 22 [Wed], 2017, 1:50
クスコ2日目は、日本語ガイドさんの半日ツアーでクスコ周辺の4つの遺跡を巡りました。
クスコ郊外にもたくさんの遺跡があります。
サクサイワマンの遺跡は、巨石を三層に積み上げられています。↓
クスコの街全体がピューマの形をしていて、その頭の部分にあたる遺跡だそうです。



この上にそびえていた金ピカの円塔も壊され、スペイン軍にすべてを奪われ、インカ帝国は滅んだ。



有名な「12角の石」↓
カミソリの刃も通さないと言われる建築技術。
耐震構造になっていて、大地震の時、あとからスペイン人が建てた教会などは壊れても、インカの石組みだけはびくともしなかったとか。



巨大な石をどうやって運んだのか⁈
高度な文明を持ちながら、文字を使わなかったインカ文明は未だに多くの謎に包まれていて、古代のロマンを感じます。...



そして、素晴らしい文明が、スペイン人に全てを壊されて奪われたのが残念です。

クスコ@

February 21 [Tue], 2017, 1:40
インカの都クスコは、世界遺産の古都。
ここは、昔、インカ帝国の首都。
標高3400m。急いで歩くと息が切れます。



景観を壊さない様に、街の色も統一されていて、スタバもマックもケンタもマークは黒!
看板を出すことも禁じられています。
一年に一度は壁を塗り直すことが義務付けられているとか。
おしゃれな街です。



クスコでは、アルマス広場に歩いて1分で行けるホテルTIERRA VIVAのスィートルームに2泊。



セピア色の街が見渡せます。



夜景も最高に綺麗に見えます。

マチュピチュD〜クスコ

February 20 [Mon], 2017, 4:03
マチュピチュで過ごす3日目、最後の日。
さようなら〜、ありがとう〜〜!!

何度見ても飽きない景色です。



のんびり景色を眺めているので、野うさぎ?にも出会いました。



そして、2500mのマチュピチュから、3400mのクスコに戻ってくると、、、
やっぱ、空気が薄い…。(>_<)

今回の旅行は、高地ばかり。
ウユニ塩湖3700m、ラパス空港は4000m!...

ずっと、富士山の上で生活している感じです。
なので、どこのホテルでも、高山病に効くと言われるコカ茶が置いてあります。↓
写真は、ウユニ塩湖のホテルで。
日本人が多いので、日本語で「コカ茶」と書いてある…。



お店では、コカの葉やコカキャンディが売られています。↓
普段薬を飲まない私も、今回だけは、高山病予防の薬を飲み、コカ茶を飲み、コカキャンディを舐めて、おかげさまで元気でいます。
こうしてみると、登山家の人って本当に凄いなあ…。尊敬します。



コカの葉もいっぱい売られていますが、↓
コカの葉、コカキャンディは日本には持ち込み禁止。
でも、パラグアイには、OKなんです。
コカキャンディ、甘くて美味しいので、パラグアイの人へのお土産に買いました。

あと、4日、クスコとラパスの高地の旅が続きます…。(^^;

マチュピチュC

February 19 [Sun], 2017, 2:49
マチュピチュでは、遺跡の目の前にあるサンクチュアリーロッジに2泊して、3日間ゆった〜り。
高いところから飛び降りるくらいの覚悟で予約を取ったけど、ここに泊まって本当に良かった。

マチュピチュの遺跡の中にはトイレもレストランもなく、水以外は飲食禁止。
遺跡を出ると、有料トイレやカフェはあるんだけど、いつもたくさんの人で混み合っている。
それならば、目の前のホテルでゆっくりしたい、と…。
大正解でした。
3日間、何度も出入りしているので、入場ゲイトの人には顔を覚えられて、3日目には顔パスでした。(笑)



ワイナピチュを眺めながらスパマッサージ。
なんて贅沢。(*^^*)
ワイナピチュは、部屋からも眺められます。



ディナータイムには、民族音楽の演奏。
「コンドルは飛んでいく」は、哀愁をおびた名曲だなぁ。♫



ディナーはフルコースで。
すべて、とても美味〜!!
それまで、3800mのウユニ塩湖にいたので、食欲もなかったのですが、2500mのマチュピチュでは、がぜん食欲旺盛で、デザートまでしっかり食べられて大満足でした。
美味しいそうなシャンペン、ワインも飲み放題だけど、さすがにこのあと、また高地のクスコ、ラパスへの旅が待っているので、少ししか飲めなかったことだけが心残り…。
高山病対策には、禁煙禁酒が原則なんです。



朝食ブッフェも、豪華。
写真を撮りきれないくらいたくさんの種類がありました。
日本人のために、ご飯とお味噌汁も用意されてて、感激!

マチュピチュB

February 18 [Sat], 2017, 2:30
マチュピチュ二日目。
今日はゆっくり細部まで遺跡を見て回りました。



パワーストーンと言われるインティワナ(日時計)に手をかざしてみたり、



コンドルの神殿もゆっくり見学。



「インカの橋」にも足を延ばしてみました。
断崖絶壁の細い道を上がったり下がったりしながら20分ほど歩くと、三本の丸太の橋が見えてきた!
敵が侵入してきたら丸太を落とす仕組みです。
こんな断崖絶壁に石組みを作り、橋をかけるインカの技術って凄い!



断崖絶壁を歩く私。
あとで、写真を見てビックリ(゜o゜;。

昨日から、遺跡の急な石の階段を上がったり下がったりで、脚が筋肉痛で痛い…。
でも、不思議と足取りは軽いんです。
恐るべし、マチュピチュパワー!!

マチュピチュA

February 17 [Fri], 2017, 2:13
来ました!!空中都市マチュピチュ!
雄大な自然の中に、高度な技術を持ったインカの街が浮かび上がる。



写真やテレビで見ていた光景そのままが目の前に!



まるで、仙人が住んでいそうな神秘的な山の中。



リャマも物思いにふけってる。



時を忘れて、ゆっくり眺めていると、インカの人々の生活が偲ばれます…。

マチュピチュ@

February 16 [Thu], 2017, 2:06
ウユニ塩湖から、ペルーのクスコ、そしてあこがれのマチュピチュへ。

飛行機が塩湖の上を飛んで、じっくりと絶景とサヨナラできました。
それにしても、四国の半分と言われる塩湖。
通過するのに10分以上かかりました。
なんてなんて、広大な塩の大地なんでしょうか



そして、クスコに一泊して、ペルーレイルのビスタドームでマチュピチュへ。



山と川のパノラマの景観を楽しみながら、、、



軽食サービスもあって、とてもリッチな気分で、マチュピチュに到着❣️
ランチョンマットがカラフルな猫の模様で可愛い。



そして、さらにリッチな事に…、、、
マチュピチュ遺跡の入り口にある唯一の超高級ホテル「マチュピチュサンクチュアリーロッジ」に贅沢にも2泊して、これからゆっくり3日間マチュピチュを楽しみます!(^-^)v

ウユニ塩湖C

February 15 [Wed], 2017, 3:31
ウユニ塩湖の星空とサンライズ❣️
早起きして、3時半にホテルを出発。

月の光がまぶしいけど、天の川の中に南十字星が輝いています。
さすがに、iPhoneでは星の写真は無理ですが…。
新月のときは、運が良ければ、宇宙状態になるようです。

とても寒いので、車の中で、夜明けを待ち…
一筋のオレンジ色の明かりが塩湖に映り始めてきたときは感動〜!



朝日が上がる前の神秘的な美しい世界には、言葉が出ない…。



月も、塩湖に写って2個見えるけど、スケールが大きすぎて写真に写せない。(笑)



薄いピンクとグレーと水色の夜明け。



昨日に続き、今日も、晴れて無風。
美しすぎるサンライズ。
思わず、神様にこの幸運を感謝しました。

2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像misa21
» パタゴニア@ (2017年01月03日)
アイコン画像倶楽部溪谷  隊長
» パタゴニア@ (2016年12月15日)
アイコン画像misa21
» 5度目のマナ島C (2014年06月11日)
アイコン画像まゆこ
» 5度目のマナ島C (2014年06月11日)
アイコン画像misa21
» フィジー通信33 (2013年03月14日)
アイコン画像misa21
» フィジーでのインドの結婚式@ (2013年03月14日)
アイコン画像けん
» フィジー通信33 (2013年02月19日)
アイコン画像emi23
» フィジーでのインドの結婚式@ (2012年12月03日)
アイコン画像misa21
» トンガの旅E (2012年10月24日)
アイコン画像石川利恵子
» トンガの旅E (2012年10月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:misa21
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R