まりもの育て方 

2009年03月21日(土) 12時51分


水道水で大丈夫ですが。水が濁ったり、温かくなってしまったら、
とりかえてあげてください。
まりもは北海道にいたので
寒さには丈夫です。
水温は15度から20度が適度です。
30度をこえるとまりもが弱ってしまいます。
気をつけてください。
ちなみに、2週間に1度ぐらいがいいらしいです。


まりも

まりものまわりが、白くなったり茶色くなったら
すぐにお手入れしてあげてください。
まりもを指でかるく押し、まりものなかの、
汚い水をだしてあげます。
このとき、水に流されたり、
まりもをつぶしてしまったり、
しないように気を付けてくださいね。
まりもを直に水にあてたりすると、
まりもが崩れやすいです。
きれいにしてあげたら、
かたちを少し整えてあげましょう。

まりもとは? 

2009年03月21日(土) 12時45分

シオグサ科の緑藻。
淡水にみられ、濃緑色の糸状体が絡んで球形をしている。
昼は湖面に浮上し、夜は沈む。
北海道の阿寒湖のものは特別天然記念物。
近縁に青森県左京沼のヒメマリモ、山梨県山中湖・河口湖のフジマリモなどがある。

Yhoo!辞書より

まりもは動物や、未確認生物とかと勘違いされやすいですが
植物なんですね。
糸状の藻によってつくられたまりも、
川の流れなどによってうまくまるまったんでしょうか?笑
まりもは普通の植物のため
餌とかはいらないらしいですよ^^
ぷろふ
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みー
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
メール

TITLE


MESSAGE