楽しみ

February 08 [Wed], 2012, 5:48
なにかアイデアが出てきたら、設計者に相談する方がよいでしょう。

「インテリア・コーディネイト料はもらっていないから……」などといって拒否する建築家はいません。

ちなみに、建設に関して驚くほど分業化の進んでいる欧米の建築家の中には、そういって拒否する人もけっこういます。

インテリア、カラー、グリーン(植栽)などはそれぞれコーディネイターがいますし、ギャラもきっちり分けられていることがほとんどだからです。

逆に、外構廻りの植栽の種別まで建築家が決めるのは日本くらいかもしれません。

インテリアについて付け加えれば、壁に掛ける絵画なども選定する余地があるでしょう。

もともと美術に造詣の深い人ならば問題なしですが、そうでない方は、やはり設計者に相談するか、あるいは絵画コーディネイトの専門業者に依頼してもいいでしょう。

しかし、いままで述べてきたことは、義務としてではなく、楽しみとしてほしいものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ガーノル
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/miroro919/index1_0.rdf