アレルギーでも心配なし!プロの品質を届ける「味楽家のだし」とは? 

January 06 [Tue], 2015, 14:06
乳幼時期にはミルクアレルギーに悩まされたママさんにとって・・
卒乳後は,離乳食をどうするか?といった悩みがでてくると思います。


最近では,アレルギー成分の表示が義務づけられているので
ある程度は回避できますが,急に今まで大丈夫だったものがダメになるといった経験を聞きます。


多くのママさんにとって
できるだけ添加物のない自然な食材を子供たちにはとらせてあげたいと思いますよね。


アレルギーの問題は生涯にわたって考えていく問題です。
小さいうちからアレルゲンを徹底的に排除し,新しいアレルギー反応を
出来るだけおこさないようにママさんが配慮してあげることも大切です。


古来日本料理では,『だし』が味を左右すると言います。
家庭料理でもだしの取り方ひとつで美味しさが変わります。
これは,離乳食であっても同じことが言えます。


しかしながら,現存する『だし』の素と言われるものには,
顆粒状にする際に,乳成分がつかわれているものがあります。


お子さんの成長に合わせて離乳食のバリエーションも増やしてあげたい!
そんな思いと裏腹に,食材や調味料・だしの選択に縛られてしまうことがあります


そこで,今回『だし』に注目しました。
みなさんは,味楽家の「幸せだし」はご存知でしょうか?
この『だし』はアレルギーをもつお子さんでも安心して戴くことができます。


その秘密は・・


通常のだしは,風味原料のかつおや昆布の粉に塩・砂糖・旨味エキス・調味料などを加えて作られているのに対し,


幸せだしは,全ての風味原料から『だし』を摂るところから始め,とれた『だし』の配合割合を最適な状態にして完成されています


でんぷんやデキストリンといった食品添加物・顆粒状にするための乳成分なども一切使われていないことで安心して利用できます。


安全面と美味しさを追求して出来上がった和風だし!

アレルギーをもつお子さんの離乳食
さらには・・成長に応じた食事管理の一手として役立つこと間違いないです。離乳食を作る際の『だし』に注意してみましょう。

味楽家のだしについてもっと詳しく知りたい方は,こちらからご確認いただけます。 ↓↓↓↓↓