健康について〜18金柑

February 13 [Fri], 2015, 10:54
こんにちわぁ〜

今日はきんかん、について紹介したいと思います。

きんかんの栄養素と効能効果

栄養面でもキンカンは非常にすぐれた柑橘類といえます。
とくに皮の部分には、ビタミンCやカルシウムが豊富です。
実の部分にもビタミンA(カロチン)B1、B2、C、カルシウム、カリウム、ナイアシンなどが含まれています。


昔からその薬効が言い伝えられてきただけあって、さすがに栄養満点といった感じです。

風邪による咳、痰、のどの痛みには、砂糖煮を数個食べると良いそうです。
実だけでなく煮汁を温めて飲むのも良いでしょう。
実に熱いお湯を注ぎ、お茶がわりに1日に数度飲んでも効果が期待できます。

ビタミンAとCは、共に粘膜を強くする作用がありますので、風邪で荒れたのどを治すにはうってつけです。
もちろん、粘膜の抵抗力を高めますので、風邪の症状がなくても常食していれば、風邪の予防になります。

また、実ではなく葉を煎じてその汁を飲んでも同様な効果が得られます。

砂糖煮は、健胃薬としてもその効力を発揮します。
あの芳香とほろ苦みが胃を刺激して、消化機能を高め、食欲を増進してくれます。

また、きんかんを煎じた汁を飲ませると、子供のはしかによく効くといわれています。

以上いかがでしょう?生のきんかんも、甘く煮たきんかんも私は大好きです。
皆さんはどうですか
きんかんを食べて風邪予防につとめましょう



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミルルン
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像反日パク・クネ大嫌い
» 簡単おつまみ 豚キムチ (2014年08月13日)
ヤプミー!一覧
読者になる