久しぶりです。 

January 14 [Sat], 2012, 23:40
皆さん久しぶりです。

なんだかんだで一年ぶりの日記です。

去年はいろんな事がありすぎて、

自分自身かなりいっぱいっぱいでした。


とりあえず、最近の出来事を書きます。




昨日、仕事が終わりケータイを見てみると、

ある人からメールが届いていました。

その人は、以前この日記で書いていた、

仕事の関係の仲間で、

僕が告白してふられたしまった相手からだった。



(飲みに行かない?)



そういえばここ最近合ってなかったし、

新年の挨拶もなかった。

何よりも、彼女が仕事を辞めたっきり、どんなことをしているのか分からなかったから、

状況共有もかねて、会ってみようと思い、新宿で会う事になった。



いつものアルタ前で待ち合わせして、

いつものように自分が先に行って、たばこを吸いながら待っていた。
 
そして彼女は、いつものようにやってきた。

(やほっ!げんきぃ?待たせてゴメン!!)

自分が先に来て待っている事が当たり前だったので、

彼女もいつもと同じような台詞を言った。

ただ一つ、いつもと違うのは、

彼女があまり元気がなさそうだった事だ。


(とりあえず、どこに行く?)

僕が聞くと


(つるとんたん!!)

ちょっと僕はびっくりした。

いつも、どこでも良いといって、なかなか決めれない彼女が、

自分から行きたい場所を提示するということに対して、

正直何かおかしいと感じた。


とりあえず、うどんで有名なつるとんたんに行き、

案の定、席が空くまで待つことになった。

その間、今お互いの現状を話したり、

彼女が先週行った韓国の話を聞いたりと、いつと変わらないような話をした。


しかし彼女はいきなりこう言った。

(彼氏と別れた。だから遅くまでのめるよ〜)


あまりにも突拍子に言われたので、

直ぐに返す言葉が出なかった。


ただ自分は、

(あぁ、そうなんだ。結局分かれたんだ。)

と、わざと話しを逸らすような形で返した。


彼女は、空気を察したのか、また韓国旅行の話をし始めた。


結局そのままお店でうどんを食べ、

まだ時間ががあるということで、違うお店で飲み直そうと

近くのHUBに行くことになった。


そこでビールを頼んで、席に着いておきまりの乾杯をして、聞きたいことがあったので、
自分から話そうとした瞬間、

いきなり彼女はいった。




(遠距離恋愛ってありかな?)






てっきり九州にいる昔の元彼とよりを戻すのかなと思った。




しかし違っていた。





彼女は旅行先の韓国で知り合った韓国人の男を

好きになってしまったそうだ。





聞かなくてもいいものの、

(結局相手とどこまでしたの?)と聞くと。

はじめは、キスだけとはなしていたが、

だんだん酔いが回り始めたら、

彼女は言った。







(SEXした。体の相性は最高によかった。本当にきもちよかった。)







僕は思った。







最悪だ。










彼女は僕が一度好きになってしまった女性だ。








さっき、彼氏と別れたと言われたときは、

もしかしたら自分の事を好きになったのかと

期待してしまった自分が、

ものすごく馬鹿な人間だと思えてきた。



そのあと話した内容は覚えていない。

と言うより、耳に入らなかった。





お互いの終電が近くなったので、

お店を出て歌舞伎町から駅の方へ向かった。



歌舞伎町を出る間際に彼女はいった。


  


(須田さんって、韓国人の男性みたいに優しいね。) 







そう言われたその瞬間、

僕は彼女を抱きしめてしまった。 









(泣いてるの?)












(昔、君の事好きだって言ったよね。 覚えてる?)








(うん、おぼえてる。)








(くやしい........)









自分の”本心”がそのまま言葉に出てしまった。






彼女が、

(お互い幸せになろうよ。)

と言った瞬間、僕は彼女に










キスをしてしまった。

























帰りの電車で僕は乗り過ごし、

所沢を通りすぎて、新狭山まで行ってしまった。

人生で電車を乗り過ごしたのは、



これが初めてだ。




















































アウト 

November 30 [Tue], 2010, 4:01
こんばんは


先ほど、僕の家から居候が去って行きました。

そういえば、直ぐに出るからと言いながら、
なんだかんだで二週間ほど家にいたな


その子は僕の仕事のつながりで知り合い、
前に住んでいた家を、とある理由で出て行かなくてはいけなくなり、
住む場所がないという理由で、家に来ました。

最初は脈があると思い、それなりに仲良くしてたけど、

なんだろう。


(ちょっと無理だ。)


その子は、かなり自由でした。

その子と一緒に住むと、
自分の精神が、なりやばい事になってしまう。


四日目あたりから、あまりよい気持ちで受け入れられなくて、
早く出て行ってほしいと思っていたのですが、
いざいなくなると



正直寂しい。



はぁ

いったい何だったんだ?




そして僕は、独りになった。


自由 

November 25 [Thu], 2010, 3:39
こんばんは。

そして久しぶりです。


すっかり冬らしくなってきましたね。

そろそろ一緒に過ごしてくれる人ができても
おかしくないはずなのですが、

今の所自分にはその気配さえありません。


ただ今の自分に言えることは、



(この状況を深く考えないようにする。)



優しい人として振る舞うのは

こんなにも体力を使う物なのか










告白 

August 27 [Fri], 2010, 3:14
皆さん久しぶりです。

いきなりですが、

本当にバカな僕の話です。



今日、大切な人に思いの全てを話して

フラれました。


告白した一番の理由それは、



今の関係を壊したくなかったから。



その相手とはかれこれ2年以上の付き合いで、

お互いよく会っていた仲でした。


いろいろと重ねて行くうちに、

お互いのいい所や悪い所も知り、

仲のいい関係になって行きましたが

その仲のいい関係以上に進む事ができませんでした。


理由は簡単

彼女には彼氏がいたからです


でも、彼氏がいたおかげで

恋愛対象として見ないで付き合う事ができたので、

いい事も悪い事も含めて

お互いの事を深く知る事ができました。



その彼女と知り合ってからの間、

自分にも彼女ができたり

別れたりと、いろいろありましたが

その時点ではあまり深く考えてはいませんでした。



しかし最近

告白した相手が彼氏と別れたと聞いたとたん

変な期待をしてしまったのです

つまり、最初から気持ちのどこかでは

本気で好きだった自分がいたのかもしれない。


でも、好きになったとたん

変な不安もこみ上げてきました。






お互いを知りすぎた







全てはこの一言です。




好きだという気持ちにはかわりはないけど、

気持ちのどこかで、



(好きになってはいけない)



と叫ぶ自分がいるのです。








お互いを知りすぎた









でも、我慢ができなかった。

自分の思いを伝えたあと、

彼女は

「なんて言えばいいの?」

といいました。


自分は

「だから俺の事をフってくれ」

といいました。



完全に自分のわがままです。




でも、自分の気持ちを晴らすために

こうするしか無かった。



この関係を壊したくなかった。




正直に生きる事は


こんなにも


辛い事なのか





そして僕は、独りになった。




































プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:32aki
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1986年5月26日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・バイク
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE