2005年06月07日(火) 20時56分


それは、困難で、単純で




友達関係が今、とてもややこしい。

一人、今少しあるグループからシカトされ続けている子がいる。

その子が、私達のグループに入っても良い?と聞いてきた。

個人的には別に良い。

だけど、親友の一人が、その子が入ってきて私達の仲が崩れるのを恐れている。

私は別に崩れないと思うんだけど、人それぞれ考えがあると思うしね。

で、もし素直にいいよと言ったとして、

そのシカトしているグループから私も白い目で見られたら嫌だし。

私、自己中心的だから、やっぱりさ、自分一番になっちゃうし。

だから、その子を犠牲のように扱わなきゃいけない。

どうかさ良い方法ないかな。



やっぱり、人間ってさ、無力なのかな。

“半分の月がのぼる空”
を読んでたらそう思えた。3巻ね。

大切なものがすぐ傍にあるのに気付かない。

全てに戸惑ってしまって一歩が踏み出せなくて後悔する。

大切なものを守りたいと思っても、守ることが出来ない。

つくづく人間は無力だ。


でも、それでも守ろうとする心は綺麗だなぁ。

私も、誰かを守りたい、誰かを愛したい。精一杯で。自分の。限界で。

全てをかけて、その人に何かをしたいと思えたら良いと思う。

 

2005年06月06日(月) 22時13分




今はもう君の後姿を見ることも出来ない





何でだろうなぁー・・・。

振られたってのに、まだ熱があるみたい。

想いの深さがわかって、少し誇れるから嬉しいけど、こうやって忘れられないのは鬱陶しい。

覚えてるのは仕方ないけど、まだ疋田が好きみたいなんだ。

だけど、其れは恋に恋をしているのかもしれないからなぁーどうにも分からん。



そういや、初恋っていつだろう。

私の場合、好きな人が出来たのが、幼稚園だったかなぁ。

けど、まあ好きな奴が二人居たなぁ。しかも、気になる奴が一人居て。

うわぁ、考えてみると、又かけすぎだよね。

でも、其の頃はただ単に、格好良い、とか、好きぃー★みたいな感じだったんだと思う。

本当に、ってものをしたのは、小学生・・・2年生かなぁ。

2年生くらいの時、告白と言えるのかどうかも分かんない事言ったと思う。

電車の中で、みんなが見てるくせに、私は、

ねえ、あたしのこと好き?

って聞いた。そしたら、

普通ー。

って返ってきた。そのときは、ショックで言われた後、がこぼれ落ちないように上を向いてた。

少し、欠伸風に。淋しかったんだろうな。今でも残ってるくらいだし。



期末テストとか、考えてみるといっつももうすぐなんだよね。

だりぃー。学校休みたいけど、やっぱそりゃ無理だよな。親が皆勤賞狙ってるし。

明日は塾だ。

この頃ならいはじめたからまだ慣れてないんだよな。

だから凄く辛い。だりぃ。中間テストも悪かったしやばいよーーー・・・・。

 

2005年06月05日(日) 15時51分

舞い上がらせて、恋した私を





“銀河鉄道の夜”って、ほら、宮沢賢治が書いた本の名作。

ラノベの“半分の月がのぼる空”に乗ってたから読んでみたんだけど、

結構面白かった。落ちが淋しいよ。



こんなにしてかけるなら、もう世界中だってかけれるとジョバンニは思いました。



っていう台詞は、未だ現実を知らないんだなぁって。

宮沢賢治は、簡単に、幸せを信じちゃ駄目だ。とか、

現実は違うって、そう思わせてるのかと思う。

だとしたら、私の考えは違う。

私の場合、すぐ幸せーって思い込んじゃう。幸せの方が良いと思わない?

ちょっとしたことですぐ思いあがっちゃってさ。

まあこれも、人生歩んだ長さからの考え方の差かなー。





振られた後も、まだ疋田が好き。

ずーっと、ずーっと・・・。

昨日メールで、部活教えてって送ったら、秘密って言われた。

やっぱりさー、やっぱり、私、疋田の 特別 なんかじゃないんだよね。

特別になりたかったな。思われてみたかった。

今は新しい恋を探してるけど、そんなに上手くいくもんじゃない。

格好良い奴なんて探してみるけど、馬鹿だよね。

女子校だし、お稽古事もあんまりしてないし。淋しいよねー。

だからかなぁ、今でも疋田って名前よんじゃうの。癖になってる。

その癖が淋しさをもっとかきたてるのだけれど。

少しだけ時間が必要だよね。

疋田の一言で、私の運命が決まっちゃうなんて、

疋田は私にとっての 特別 、だなぁ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miragering
読者になる
Yapme!一覧
読者になる