友達と会う機会があったので妊娠につい

June 20 [Mon], 2016, 2:22
友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸のサプリの話題が上ったのですが、使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが気になっているようでした。葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと以前教えてもらったことがあったので、その友達に教えてあげました。やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、げんきで健康的な赤ちゃんを授かって欲しいとねがっています。
葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり普段の食生活で摂れたら良いですよね。葉酸は色々な食材にふくまれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では納豆(「ナットウキナーゼという成分が健康に良いといわれています)、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多くふくまれています。

とはいえ、毎日のご飯でこれらを欠かさず摂取するのが難しいということもあるでしょう。特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、ご飯自体がつらいという時もありますね。
そうした時にはサプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、ご飯で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できるはずです。妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。母子共に健康な体でいるためにも、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、日々の生活に葉酸を取り入れることをお薦めします。ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。

厚生労働省の発表によりますと1日あたり0.4mgとなっています。さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。



野菜だけで充分に摂取できるかというと、難しいと思いますから、サプリを活用してみるのが良いと思います。亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。


妊活中にも、亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。

その理由は、亜鉛が卵巣に働聞かけることで、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。
妊活中の女性以外にも、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意して頂戴。亜鉛は精子の量を増やし、質の高い精子の生成をサポートしてくれるのです。
妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を実践してみましょう。今、二人コドモがいます。
二人目の子に向けて妊活をしていた時の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。


上の子が男の子でしたし、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分け法を実践しました。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明する時までは少し心配もしましたが、女の子でしたから、主人持とても喜び(人に与えることができると、自分に返ってくるともいわれています)ました。



産み分けをして良かっ立と思っています。不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、心理的にも疲弊してしまう人が多いでしょう。

行政からの助成金があるものの、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされるケースが多いです。第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。
だからこそ、治療回数も増え、助成も必要だと言われているのです。かくいう自分もアラフォーですし、体力と時間とお金のことばかり考えて、疲れきっています。以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。
しばらく経ってから、もう一度、チャレンジしてみようと妊活について調べるようになりました。

身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性を改善するために運動することを思いつきました。大変な時もありましたが、新陳代謝が上がっ立ために、基礎体温があがって、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。葉酸の過剰摂取による副作用は、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。


特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思うんですが、かえって良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、注意するようにしましょう。葉酸の摂取は、バランスの良いご飯で摂ることが理想です。ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。

そうした場合、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのかすぐに分かりますから、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には葉酸サプリをおススメします。


葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取がもとめられる栄養素です。


その効果は厚生労働省によって妊娠を要望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。実は葉酸は、水溶性であるため、尿や汗と一緒に体外に出ていくので、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。
それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。葉酸サプリはご飯での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。葉酸サプリを飲む場合には、提示されている規定量を超えないように気を付けて頂戴。二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、くどく言うと怒られそうな気がしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。


1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、妊娠できなくて、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(おもったより高いらしいです)。それが功を奏したのか、早々に下の子ができました。費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。


妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事を御存知ですか?妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が欠乏してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが高くなるという話があります。持ちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではないのです。



ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的なご飯以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。妊娠しやすい体を作る食べ物は、豆腐や納豆(「ナットウキナーゼという成分が健康に良いといわれています)などの大豆製品や魚などが挙げられます。ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。妊娠に有効な数々の栄養素がふくまれるため、意識して摂取していきたいですね。
ただ、過食(いきすぎていると、一転して極端に食べられなくなることもあります)は毒にもなりますので、バランス良く多くの食材から栄養をとるのが理想的な食生活というのに変わりはありません。
その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが、妊娠してからも楽になります。
妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。ですから、食材を調理して摂取しようと考える場合にはポイントがあります。



それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、その通りで食べられる食材を選ぶのもポイントです。



とはいえ、加熱しなければいけない場合、加熱時間を短時間にして早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。こうした調理がめんどくさい、または自由にご飯したい、と考えるならば、葉酸サプリで摂取するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。



友達の話ですが、妊活中によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聴くと漢方だと教えてくれました。


彼女が言うには体質改善のために漢方を利用していると言っていました。

妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら飲向ことに抵抗がありませんね。


漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に嬉しいです。
妊娠を要望する方や計画している方が、重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。妊活とは、夫婦生活をふくめて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。妊活中の女性はすぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではないのですので、妊娠し立と発覚する以前から、健康的なご飯を心がけるようにして頂戴。


この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大事な栄養素と言えば、葉酸でしょう。

当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から赤ちゃんを授かっているのです。

いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。

いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんをげんきに育てられるように備えておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokone
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/miracccuehhrna/index1_0.rdf