定山渓温泉「湯遊温泉フォーラム」参加者募集! 

2004年11月05日(金) 21時44分
定山渓温泉
「湯遊温泉フォーラム」参加者募集!

温泉の専門家による講演行い、温泉の正しい入浴方法などを学びます!

■開催日 2004年11月23日(祝)
■募集人数 100名先着順
■参加料 大人・子ども(小学生以上) 1,000円(税込)
       (入浴・お弁当付き)
■開催場所 ホテル鹿の湯

スケジュール
9:30 JR札幌駅北口からバス出発、地下鉄南北線真駒内駅を経由し、ホテル鹿の湯へ

11:00〜12:00 講演会
12:00〜13:00 昼食
13:00〜14:00 講演会
14:00〜15:00 入浴

15:30 ホテル鹿の湯をバス出発、地下鉄南北線真駒内駅を経由し、JR札幌駅へ

お申込み方法
●往復ハガキに、住所・氏名・年齢・参加人数・電話番号を明記し、↓下記宛先までお申込み下さい。
061-2302 札幌市南区定山渓温泉東4丁目
           (社)定山渓観光協会「湯遊温泉フフォーラム」係

●〆切 11月12日(金)必着




↑の写真は「玉川」です。



↑の写真は「舞鶴の瀞」です。

舞鶴の瀞は、以前あったダムに塞き止められたダム湖だったそうです。
この2つの写真は「錦橋」という橋を跨いで繋がっています。
札幌から道道1号線に入り定山渓ダムへ行く途中にある紅葉時期の絶景ポイント
ダムがあった頃は当然「玉川」も今より水位が高く、その時代には芸者さんたちが舟遊びをした場所でございます。
今でも、定山渓温泉には当時船を漕いでいた方もいます。
とにかく定山渓は地元の方に強く愛されている温泉郷なのです。

わたしがこの写真を撮ったのは、紅葉がピークを過ぎマイナス20%くらいの雪の降ってる日だったので紅葉がイマイチですが、また来年期待したいと思います。

定山渓にハマッた理由 

2004年10月29日(金) 16時11分
わたしがここまで定山渓温泉に興味を持ったのは、今年の9月25日〜10月24日まで期間限定で行われた無料循環バス「定山渓紅葉かっぱバス」バスガイドを勤めたことにあります。



色んな定山渓の歴史を学び、とても奥深い温泉地に興味を惹かれました。
わたしは札幌市出身。
育ちも札幌。
しかし、近くにあるはずの定山渓温泉、意外と知らないことが多くてビックリ
定山渓観光協会の方にお世話になりながら、色んな歴史を教えて頂きました。

まずは定山渓は、かっぱ伝説のある土地なんですね。

温泉街のあちこちにこれでもか!?というほど色んなかっぱの銅像があります。
この銅像の説明はまた後日詳しくやりますね

さて、今回の写真は温泉街にある公園、月見公園の写真です。
↑の写真。
水飲みの水道すらかっぱです

そして、一番人気のかっぱは↓こちら。


かっぱ大王。

定山渓温泉を見守っています。
願い事を叶えてくれるという言い伝えもあるとか
一度、この公園を覗いて見るのも楽しいと思います。

温泉地って、結構温泉浸かって、すぐに帰るパターンが多いと思うけど、この定山渓温泉は色々歩いて見て回る楽しみもあるんです
これこそ温泉を有意義に楽しめるのではないでしょうか

足つぼの湯 

2004年10月29日(金) 16時04分
定山渓温泉と言えば、言わずと知れた足湯のある温泉街

平成13年12月1日完成。
製作:札幌市


湯の下に小さな小石が敷き詰められていて、第2の心臓と言われる足の裏を刺激しながら、10〜20分ほどで体が温まってくる。

定山渓温泉の源泉温度は80度以上。
加水しなければ熱くて入れないのが定山渓温泉の特徴。

足つぼの湯は、冷え性に最適

わたしはこの取材の時も入ってきました。


時間帯に寄っては、入るのに待たなければいけないほどの盛況ぶり有!
夜は比較的空いてるかな?

冬でも、体をきちんと温めてくれます。
2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mioweb
読者になる
Yapme!一覧
読者になる