新しいタバコ 

2007年08月05日(日) 14時02分

新しいタバコ

クールのブースト

フィルターの中の
パワーボールを パキッと
つぶすと 結構な
メンソール

これに 変えるか
マルメラとブーストの
2つでいくか

悩み中

(☆>з<)y-~~~~


暗闇 4 

2007年08月04日(土) 14時30分

ある日 母親の写真を見る機会があった

一枚の写真
気になる女性

そう あの時の彼女だった

母親に 事情を話し
彼女の事を聞いた

母親が ふしめがちに
ゆっくりと話し始めた


彼女はハナさんの 母親の姉妹

母親が若い頃 家はまずしく
中学生くらいの年で
母親の姉 晴れ着姿の彼女が養子にだされた

養子先では まるで奴隷のようにあつかわれ
みるみる痩せていった。
しかし たまに母親に会う時は
笑顔で何もないかのように振る舞っていたため
家族は気づかなかった

ある日 彼女が冷たくなって川で発見され
家族のもとに
彼女からの手紙が届いた
その時 初めて彼女の状況がわかった

家族は泣き 彼女に見立てて
人形を作った 晴れ着姿の人形を…

彼女があらわれたのは
亡くなったとされる日
前後の数日だった



暗闇 3 

2007年08月04日(土) 13時55分

徐々に 近づく彼女

ある夜 あまりの恐怖に
自分の布団で寝るのはやめて
居間で眠る事にした

しかし やはり気になる
何も役にはたたないであろう
ほうきを片手に 自分の部屋に向かった

そこで見たのは
自分が いつも眠る場所
ちょうど 枕元に 彼女が立っていた

一瞬 怖さで足がすくみ
体が固まった

よく見ると 晴れ着姿の彼女は
悲しそうな表情をしていた

何分 そこで彼女を見ていただろう

彼女は 動き出した
そして 壁を抜け部屋を
出ていった

相変わらず 暗闇はある

彼女が移動すると
暗闇も移動する

そして 彼女を見かける事はなくなった。


それから 数年後
彼女の正体が わかる事になる


暗闇 2 

2007年08月01日(水) 18時06分

その方 仮にハナさんとしましょう。

ハナさんが 朝 目を覚ますと
部屋の角の暗闇を見つめます

時々 誰か見える 「気」 がするから

毎日 毎朝
確かめる メガネをかける瞬間

そう

メガネのフチが 目の前にきた時

みずらい位置にフチがある時

見える事に 気付きました

おかしな 話しです

しかし みえているのは

着物姿の女性

晴れ着と でも言うのでしょうか

はっきりとは 見えないので


ある朝 その女性

少しずつ 移動している事に 気がつきました。

そう

少しずつですが ハナさんの 布団の方へ


*お知らせ* 

2007年08月01日(水) 17時55分

更新 遅れて ゴメンナサイ

いきなりですが 私、2つ HPを持ってまして…

どちらも 毎日たくさんの方に きていただいてます。
本当に ありがとうございます。

で、

しばらくHPを お休みします。
片方だけね☆

傷ついた人が いる
それは事実です。

訪問者さん同士 言葉が足りなかったのかも しれません。

文字だけの コミュニケーションの中
伝わらない事だってあります

関係ないょ と言って下さった方もいらっしゃいますが

やはり

私のHPです。

誰かが嫌な思いをしたHPです。

できるなら 皆 楽しく していたいのです!

ワガママですが

お休みします。

楽しんでいらっしゃる方には
申し訳ないのですが…

ご理解ください…

しばらく お休みしますね☆

また 復活の日を 待ってて下さい。


暗闇 1 

2007年07月25日(水) 9時29分

この話を 聞いたのは
夏子さん
体験したのは 会社の同僚の母

幼い頃から 目が悪く
メガネがないと 周りがぼやける

気になる事が 一つ

メガネをかけない時

一部 暗闇になる場所がある

部屋の中でも
外にいるときも

しかし それが 当たり前だと思っていた

母親に言われるまでは…

人形 最終話 訳あり 

2007年07月25日(水) 9時15分

簡単に…

夏子さんは 母親に頼み フランス人形を お寺に持っていった

お寺においてある フランス人形の 床、壁は
年々 黒くなり 腐っていった
何度 新しくしても 数ヶ月しか もたないらしい


この話を ブログにのせてから
数日後に あの時の夢を見るようになった

少し違うのは 幼い頃に見た時とは 違う目線で
夢を見るようになった



夏子さんの要望により
時間をあけ… 簡単に終わらせた

夏子さんは
今 時間を作り 実家に帰る準備をしている


あの

人形に あう為に…


この話

解決したら 後日談を書いてもいいとの事

解決するまで
ご了承を…

あくまでも 解決するまで…

解決しなければ…



どこまで 書けるのか

不明です


人形 4 

2007年07月14日(土) 11時45分

夏子さんは 睡眠時 うなされる事が 多くなった

起きると夢の内容は覚えていない
だが 汗をかき 心臓の鼓動が早く 時には涙を流している事さえ あった

子供ながら 眠るのが怖くなった
不眠が続いたある日
昼間 両親の部屋で眠る事があった

その時の夢が鮮明に残る


部屋にあるフランス人形と 同じような 女の子

その女の子が 自分の部屋で遊んでいると
大きな音が2回 家中に響いた
驚いて 部屋をでると 血だらけの母が よたよたと 女の子の方へ

逃げて…

母の言葉に 動揺しながらも 階段をおり 玄関へ
振り返ると 小さな男の子が 廊下に力無く 倒れている
呼吸もままならないまま
玄関の扉をあけると
そこには 大きな人が…
不安と恐怖でいっぱいになる
大きな人の手が 女の子へと のびる…

そこで目が覚める

なんともいえない不安
それと同時に フランス人形が 頭に浮かぶ

夏子さんは 急いで 自分の部屋へとむかった


人形 3 

2007年07月14日(土) 11時27分

ある日 夏子さんは 日本人形の異変に気づいた

日本人形の顔が 動いている
フランス人形とは 反対側に顔を少し ずらしている

ガラス箱に入っている為 何かが当たり 動く事はない

夏子さんは 首と胴体のつなぎが弱いのかもしれない
そう考え あまり気にとめなかった

しかし 異変は日本人形だけではなかった

フランス人形の目
ガラスで出来ているのか
きれいな青 だった…
しかし 夏子さんが気がついた時には くもっている
青に 灰色が混ざり合った感じ
そして 一番 気になったのはフランス人形の靴
靴の底が汚れている

立った姿で 飾れるタイプではない
なのに 靴の底が汚れていた

フランス人形を見ていると 不安になる

まるで 夜中 街灯の無い道を歩き 後ろから 誰かに つけらるている
そんな 不安に 似ていた


人形 2 

2007年07月13日(金) 6時39分

夏子さんが小学生の頃

いつものように 人形に話しかけた後
友人と 遊びに出掛けた

日も暮れはじめ 帰宅すると
親戚のおじさんが きていた

夏子さんは このおじさんが嫌いで
ろくに話しもせず
自分の部屋に入って
人形に話していた
まるで 日記をつけるように

しばらくして 母が部屋に入ってきた

母の手には 人形があり
おじさんが お土産にくれたのだ と 言った

人形は フランス人形みたいな感じ
ドレスをきて 赤い唇 ピンクの頬

夏子さんは その人形が
どこか 冷たいイメージがしたと言う

母は 大切な日本人形の横に おじさんからもらった 人形をイスに座らせる形でおいた

おじさんの人形の青い目は
ただ 床の一点を見つめていた

その人形は ことあるごとに 床におちた
特に 夏子さんが 日本人形に話しかけている時に
落ちる事が多かった


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miowatashino
  • アイコン画像 誕生日:4月9日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる