June 10 [Mon], 2013, 21:09
空しかった同じ顔の双子の兄に
頭下げるそんな自分自身
これはいったいなんだろう?
俺らの運命はこうなったのかな
聞こえていた少女の悲痛な声
導きに従う選択がベスト
それを拒む自己愛と
結果無限のループの繰り返し
俺はいつ解放されるのかな?
緩やかに朽ちてゆくこの世界で
足掻く俺のもう一つの活路
もう一人の自分に銃口向けて
引き金を引いた。
声をからして叫んだ
反響 残響 空しく響く
永遠の命の種明かし
切り刻まれた双子の姉妹
二人を重ねてた姿
絞殺 嘲笑 似てる死に顔
やっぱり双子だな呟いた
枯れた頬に伝う赤い涙
何もわからずこなしてたその役割
急同士という逃げられない重圧
もう元に戻ることはない
離れた手をまたつなぐことなど
俺らの時間は止まったまま
思い出すよ共にいたあの頃を
君の優しく微笑む顔を
今を過去に押しやって
二人傷つく限り傷ついた、
俺らの心は棘だらけだ
重苦しく続くこの関係で
悲しいほど変わらない心
再び出会った中央交差点
思い吐露する
心に土砂降りの雨が
絶望 絶叫 身体震える
隠蔽されてたその禁忌
哀れな一塊の肉塊
二人をつないでた絆
綻び解け暗闇に消えてく
さよなら愛した人ここまでだ
もう振り向かないで歩き出すんだ
一度だけ一度だけ
願いが叶うのならば
何度でも生まれ変わって
あの日の君と分かり合いたい
声をからして叫んだ
反響 残響 空しく響く
壊された水門のそのそこには
永遠の苦痛に耐えるものたち
ふたりをつないでた絆
綻び解け暗闇に消えてく
さよなら兄さんここまでだ
もう振り向かないで歩き出すんだ
これでおしまいだ


Red Rain Red Sea どこから来たの?
絶望の歌SIREN動画
Red Rain Red Sea 懐かしい記憶
ただ平和だったあの頃を
Red Rain Red Sea お願い消して
村も人も煉獄の炎で
君は覚えてるかな?
SunshineBoyまぶしくて
初めてだったよ 光がつらくない
君のその笑顔は
SunshineBoyまぶしくて
幸せだったな ありがとさよなら
ごめんなさい・・・
I'm calling the SIREN
目を閉じて 私の声聞こえてる?
まだ見えない?私の姿
I'm calling SIREN
眩く輝いている天使様?
この世界はなんてきれいなんだろ・・
羽生蛇麺やっぱジャムだよね
苦悶の宮田仁王立ちの犀賀
遠慮せず皆もどうぞ
滅多に食えぬ名物料理
ウッウッウマウマーウッウッウマウマー
ウッウッウマウマーウッウッウマウマー
ナガーイナガーイナガーイヤイーヤ
オキータオキータオキータヤイーヤ
ミサーワミサーワミサーワソイーヤ
イツーキイツーキイツーキヤイーヤ
精根尽きるまで最後まで足掻こうか
真っすぐに駆け上がる空高い蜘蛛糸
どこまでも俺はいくぜ
敬い申し上げる天におわす御主
光り輝くお姿で現れ給う
ほってろですきりんとすぴりとさんとのみつびりそんな
ぐるりやぐるりやぐるりやぐるりやきりとやれんぞ
運命から逃れてみたけど
時のループは繰り返されるわ
しらないわ村の外のこと
私とあなたそれだけ
人として?正義のために?
語るも無駄なあなたの言葉
私は鳩で人ではないわ
逃れようとしても無駄なこと
オラこんな村いやだ オラこんな島いやだ
都会さでるだ
都会さでたなら 漁船さ買うて
・・・都会って何あるの?
弾っ弾弾っ弾弾弾弾!
弾っ弾弾っ弾弾弾弾!
弾っ弾弾っ弾弾弾弾っ弾っ弾っ弾!!
弾弾っ弾弾っ弾っ弾っ弾っ弾!!
今は分からないことばかりだけど
信じるこの道を進むだけさ
たとえ進んだ先が絶望でも
約束忘れるもんか君との誓い
倒せないよ
あの闇人何回やっても倒せない
後ろに回って撃ち続けても挑発かましてきやがる
狙撃トラップかましてみたけど
復活するんじゃ意味がない
だから次で絶対消すために
俺はTNTは最後までとっておく
先生目も合わせられない
恋に恋なんてしないわ私
だってあなたのことが好きなの
一万年と二千年前から求めてる
八千年すぎた頃からもっと恋しくなった
警報共鳴がかなうならきっと
まだ見ぬ人たちと共に運命抗うだろう
葉お耐えありすぎる
麺の上のジャムはストロベリー
出汁を効かせた汁も単なる砂糖水
乙女がこしらえた
郷土料理の名は羽生蛇蕎麦
全部食べるよ君の笑顔がみたいから
時間よかえりなさい破滅は続く
貴方が犯した罪と罰
時間よ戻りなさい星野数だけ
儀式繰り返す何度でも
SIRENは響く
ずっと揺れる回る振れるこの心が
ふたりがみてる世界はきっと違う
狂わないように壊れないように今を生きる
きっと君は俺を恐れてる
アンビバレントな感情吐き出して
永遠なんてないよ
今日なんてないよ
いっそ安らぎを
アンインストールアンインストール
この「人」の記憶すべてがコピーだと
今の私には理解できない
アンインストールアンインストール
恐れは消えた殺戮者のように
振る舞い続けたアンインストール
貴方は今どこで何をしていますか
私はこの場から動けないけど
あなたに笑顔が戻ってきていますか
幸せをずっと願い続ける
嫌いキライ闇
誰がダレガCan't be alive without you.
どうしてなぜ捨てた?
WhyWhyWhyWhy それでも恋しいの!
知らないな劣化種は
いつまでも母に纏わり付かないで
怯えてたあの子 どこか娘に似てる
命途絶える前にふと思い出す
お姉ちゃんどこにいるの?姿は見えない
人魚だってかまわないあなたに会いたい
ループは途絶えさせない
娘を生かすため
深紅の空しい空にようやくさよならできる
心に君の名前浮かぶ
君がくれた勇気はSDK!SDK!
過ぎ去りし季節は夏のまま
君がくれた勇気はSDK!SDK!
過ぎ去りし季節は夏のまま
私が終わらそうどんなひどい
責め苦のような不死の時
きっとこれで終わるから
越える立場の壁
弱さ故に弱さは優しさと同じ
Red Rainさよなら兄さん
真の求導師
赤い雨が降った日に
酒以上のユカイが
限りなく降り注ぐキレイな世界だ
次にまたあうときは笑いながら拳銃
アーカイブ集めよう
簡単なんだよこんなの
あのね早く先に進んでよ
どうしたの?MAPをずっと見つめてる
君のことボッコボコにしてあげる
ゲームはまだね終わらないから
めっちゃクッチャにしてあげる
だからちょっと油断をしててよね
あらゆる常識が覆されるSIRENの世界
人々を神へと導く赤い場所に
平凡無趣味な少年が一人
その名は須田恭也
屍退散屍退散
ゾンビ屍人に困ったときは
ドーマンセーマンドーマンセーマン
すぐに呼びましょSDK
闇人退散闇人退散
上司闇人困ったときは
ドーマンセーマンドーマンセーマン
助けてもらおうカミカゼボーイ
やっぱり頼れるSDK
みんなのヒーローSDK






プロフィール
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ゆな
» おひさ♪ (2012年10月28日)
ゆな
» 裏嵐マニア (2012年10月07日)
ゆな
» 幼少期のお話 (2012年09月30日)
ゆな
» ニノ (2012年09月30日)
朱苺々
» ニノ (2012年08月26日)
恋雨o´-ω-o)ノ
» 幼少期のお話 (2012年08月18日)
ヤプミー!一覧
読者になる