大阪の人。 

January 21 [Sun], 2018, 23:02
2018年1月21日(日)

そういや最近大きく体調崩すことないよな〜
と、ふと思った数日後、久しぶりに半日動けなくなりました。
実にしんどかった、、、

しんどかったけど、回復力の速さに自分でもびっくり。

アラフォーにしては丈夫!と自分で褒めておこう。





さて、本日は夫が仕事の為、3歳児とデート。
午前中は、図書館→スーパー→昼食

午後は、「11ぴきのねことヘンなねこ」の人形劇を観劇。

3歳児を開演時間までにキゲンよく連れてこられるか、朝から私の頭の中は時計と共にフル回転。


なんとか無事に着席。

お話は、絵本で何度も読んでいましたが、人形劇になると、また全然違った面白さがあり、親子共に大変楽しい時間を過ごすことができました。

最後に客席に出て来てくださった人形使いの方(顏も体も全身黒づくめの黒子の恰好をした方)が怖かったらしく、会場出たら我慢できずに泣いてしまいましたが、、^_^;

それでも観劇中は、笑ったりコメントしたり、舞台に釘付けの様子で、よい刺激となったようです。

会場で ついつい買ってしまったねこちゃん。(トラネコたいしょう?)
ずっと大事に握りしめて、帰宅後は毛布をかけて寝かしてあげたり、、、
出会ったその日から大切なお友達の一人となったようです。










こちらは何だと思います?


母も思わず大ウケ。


コーヒーメーカーだそうです。






たしかに。

よくできてる、、、



というか、よく見てるよなー (笑)








「なんでやねん!」


が 早くも板に付いてきた息子の今日この頃でした。










2018年になりましたね! 

December 31 [Sun], 2017, 23:35
2017年12月31日(日)


いよいよ新年ですね!
今年もたくさんの方々に助けられながら、何とか無事に過ごすことができました。
本当にありがとうございました。


疾風のように過ぎ去った一年でしたが、とても実り多い時間の連続だったように思います。

様々な境遇や立場にある方々、そして自分とは異なる考え方を持つ方々、或いは似たような思いを持つ方々 等々、老若男女・世代を超えて、そのような人たちと出会い、過ごせたことは、本当にラッキーでしたし、そういった時間は、私に多くのヒントを与えてくれました。(そのヒントを活かしきれるかどうかはまた別問題ですが、、、難しいところです)


楽しかったな〜というのがまず思い浮かぶので、きっと今年は自分にとってはいい年だったのでしょう!


新しい年も、一日一日を大切に 感謝しつつ、それでいてぬるま湯に甘んじることのないよう、今の自分にできることを自分のペースで積み重ね、磨いてゆけたらと思います。





暮れの暮れに久しぶりに体調を崩してしまった息子。
これまた久しぶりとなるほぼ徹夜による看病で、例のごとくアラフォー父母ヘロヘロ(笑)
予定していた黒豆などは作れずでしたが、3歳児の驚異のスピード快復力のおかげで、なんとなくおせち、、風?が完成。
インスタ映え などという言葉とは無縁です。





こちらは、息子作。
先入観のない幼子にかかれば、絵本も立派な線路になるということを知りました。





90歳になる曾おばあちゃんとの再会。
歳の差87歳!
恥ずかしがりの3歳児はテレテレ。
帰る頃にようやく二人の距離も縮まり、いい時間となりました。










記事を書いている間に2018年になりましたね。



今年も、未知なる出会いと、心あたたまる再会を愉しみに、、、




みなさまもどうぞ良いお年をお過ごしください。





♪ 親子わくわくコンサート 

December 06 [Wed], 2017, 0:30
2017年12月6日(水)

はやいもので 2017年も残すところあと僅かとなりました。

一年は365日あるはずなのですが、本当に365日もあった?! と ついつい疑いたくなるのは毎年のこと。

何とか無事に一年を過ごすことができたことに感謝しつつ、師走の波にうまく乗って、新しい年へ穏やかに進んでゆけたらと思っています。


さて、今日は、小さな子供さんも一緒に楽しんでいただける親子コンサートのお知らせです。

今年7月にオープンしました大阪音楽大学付属音楽院さくら夙川校におきまして、0歳〜小6のお子様を対象と致しました親子コンサートシリーズが新年から始まります!!

私は1月27日にマリンバ・打楽器奏者の山本敦子さんと「わくわくコンサート」に登場いたします。

子供たちの大好きな曲がいっぱい!
ロビーコンサートですので、ステージと客席がとっても近い!
左右にたくさん動き回るマリンバの演奏は、とっても迫力があり、子供たちの目が釘付けになること間違いなし!!
私もピアノ伴奏、ソロでは子犬のワルツを演奏いたします。


11月25日からお申込みが始まっていて、もうすでに何組かご応募があるようですので、ご興味ある方は音楽院事務局へぜひぜひお問い合わせくださいませ。


※1/27わくわくコンサートは満席になったそうです。お申し込みご検討中くださっていたみなさま、大変申し訳ありません。またの機会にお目にかかれますのを楽しみにしております。
1/13公演はわずかではありますが、残席あるようです。こちらも最新情報は音楽院ホームページをご覧くださいませ。




データがうまく載せられず、、、
自分で撮ったのであまり美しい写真とはいえませんが^_^;





音楽院HPなどではもっと見やすい情報満載ですので、そちらをご覧くださいませ。
http://www.ongakuin.jp/sakurasyukugawa/event/parent-child-concert_201801





では、みなさま 寒さに負けず、お元気にお過ごしくださいませ(^^)








鳥さん どうぞ 

November 06 [Mon], 2017, 3:12
2017年11月5日(日)


「鳥さんどうぞ」






「どんぐりもどうぞ」






「鳥さん食べてくれるかなあ」
「虫さんも食べるかなあ」








靴べら→電車のレール




ジグソーパズル→土砂
工事中





三歳児の発想力は、大人の脳に喝!を与えてくれます。
恐れ入ります。






さて、私は音楽を通じて様々な人と出会い、つながる仕事に携わっているわけですが、、、


先日演奏させていただいた幼稚園公演の会場。
客席になんとピアノの生徒さんとその弟さんがいらっしゃり、お互いにビックリ!!笑
こんなこともあるのですね。




このあと11月は、歌やヴァイオリンの伴奏、そして箏・コントラバス・ピアノによるトリオ凛のコンサートが続きます。

共演するのは初めての方もおられますが、でもすでに何年も前に出会っていた方たちばかりです。

今思えば、それぞれの出会いそのものが奇跡のようなことで、そのあとまたこうやって巡りめぐって舞台でご一緒できるというのは、ご縁以外の何ものでもないですよね。






話はかわって
この秋は ”話せばわかる” を実感する機会に多く恵まれました。
ありがたいことです。



話せばわかる といえば
長く雨が続いた時期。
お天気ばかりはしょうがないよね とあきらめる大人をよそに
「ちょっと雨に電話するわ!」
と、雨との対話を試みようとした我が息子。


人間だけが持つとされる”言葉”。
言葉という最大の武器による穏やかなる対話が、人間の営みには必要不可欠だということを、人は本来、本能的にわかっている(いた)はずなのに、、、と感じた瞬間でした。


どこかで大儲けをする一握りの人が存在する限り、どうしようもないのかもしれませんが


「儲けようと思ったらあかん」

とは、職人である父の言葉ですが、私の中でこの短い大阪弁の1フレーズは、年々その重みを増し、その言葉に内在する世界は無限の広がりを見せながら迫ってくるように感じます。





80歳まで生きられるとしたら、来年はいよいよ人生後半戦に入っていくわけですが

日々のくらしの中に隠されている学びのヒントを、できるだけたくさん発見できるような、そんな生き方ができればいいなあと思う今日この頃です。

また明日になったら気が変わっているかもしれませんが、、、笑




ボクはボクでしっかりがんばって生きてってね〜







作品との出会い 

September 29 [Fri], 2017, 18:52
2017年9月29日(金)

空も風も草木も虫の声もすっかり変わり、お店に並ぶ旬の食べ物たちは たくさんの秋を運んできてくれるようになりましたね。(スーパーの陳列棚は、四季の変化に反応があるような ないような よくわからない様子ですが、、、)

我が家も秋刀魚、すだち、柿、梨、みかん、それから栗の皮むきにも挑戦しました。3歳になった息子と共に、かなり苦戦しましたが、ほくほくの美味しい栗ごはんが炊けました。


こちらは能勢のコスモス。
赤とんぼや蜂がいっぱいいました。






年末に向けてまた少し忙しくなりそうなので、今のうちに、、、!と、来年2,3,4月と続く生徒さんたちの発表会のそれぞれの選曲に勤しむ日々です。


私:「今回はどんなの弾きたい?」
生徒さん:「ずっと暗くてーゆっくりでーでも音はいっぱいあってかっこよくてー、簡単なやつ!」

というかなりハイレベル^_^;な要求もあれば


考えに考え抜いた数曲を弾いて聴かせ
「どれか好きそうなのあった?」
と問うと

「全部キラーイ」

と容赦ない答えが返ってきたり、、、



この間ふと思ったのですが、一人につき数曲ずつ候補曲を渡して、その中から自分で1曲選んでもらう方式を私はとっているので、1シーズンになんと150曲前後もの作品を選曲している計算になる、、、!

ありがたいことですよね、こんなにもたくさんの作品(実際にはもっともっとたくさんの)を、図書館での閲覧、楽譜屋さんや、はたまたネットでの楽譜販売などで簡単に手にすることができる時代。

脈々と続く長い歴史の中で、多くの作曲家たちがのこしてくれた作品あっての私たち奏者の存在なのだなぁと、つくづく思います。



実に様々なことを熟慮しなくてはならないので、選曲って本当に大変なのですが、それでもいい作品と出会った時の喜びや、それをステージで演奏して、お客様と分かち合える喜びは、子供も大人も関係なく、みんなに共通する幸せな時間ではないかと私は思うので、なんとかそういう出会いにつながるよう、今年も もうひとふんばりがんばろうと思います。






秋の夜長という言葉はどこへやら。子供と寝落ちして朝方3:00過ぎに目覚め、二度寝する日々ですが、、、笑






みなさまも貴重な秋をどうぞ満喫なさってください(^^)












2017年 秋 

September 18 [Mon], 2017, 18:02
2017年9月18日(月・祝)


クマちゃんの風船


















飛んでったら大変だもんね(^^)














早いもので
息子は無事に3歳を迎えることができました。














今年の夏もいろいろあったね〜








大阪音楽大学付属音楽院さくら夙川校オープン!! 

July 08 [Sat], 2017, 0:02
2017年7月7日(金)


今日は七夕でしたね。


月や星たちは太古の昔から変わらず、ただ黙々と自らの役割を果たしながら、優しく地球を見守ってくれているような気がします。

空を見上げたり、土を感じたり、風や植物の声に耳を傾けたり、昆虫の労働に目を向けたり、海や川、たくさんの山々に心を開く。
私たち人は、自然界に見習わなければならないことがたくさんあるように思います。


色々な立場や境遇にある方々みなさんの願い事、叶うといいですね。


私も今日は布団に入ったら、しばらくの間、星に様々な想いを託し、静かに祈ってみようと思います。






さて、今日はひとつお知らせです。


私の母校でもある大阪音楽大学の付属音楽院ですが、庄内校に続いて、来る7月15日(土)さくら夙川校が開校することになりました!
JR「さくら夙川」駅から徒歩5分、阪神「西宮」駅から徒歩8分、阪急「夙川」駅から徒歩11分の好立地です。


庄内校同様、キッズレッスン&マンツーマンレッスンが受講可能です。


私も、火曜日のキッズレッスンと、月火金曜日のマンツーマンレッスンを担当させていただくことになりました。
(庄内校では引き続き土曜日稼働しております)



今日は、その講師説明会に行ってまいりました。





受付には笑顔の素敵なスタッフの方。
こんにちは!





ピアノやヴァイオリン、声楽、サックス、フルートなどの先生方と共に、出来立てホヤホヤのレッスン室を見学。





大学からはるばるやってきた楽器。
はやく弾いてよ〜と言ってるように感じました。気のせい?笑






全面ガラス張りなので明るくていいです。











ロビー。
キッズスペースもあります。
オムツ替えスペースなどももちろん完備!






少し歩くと、川沿いには緑も多く、街中より気温は低く感じました。








建物も楽器も人も 「さあ やるぞ!」 というエネルギーで満ち溢れている印象を受けました。
ここに、これから新しく入って来てくださる生徒のみなさまが加わる。

音楽のある場所に人が集い、今か今かと待ち構えていたその場の空気や時間がエネルギッシュに動き出す。
なんだか想像するだけでもワクワクしてしまいます。


体験レッスンなどもあるようですので、3歳〜大人の方まで、お近くの方、そうでない方ももちろん、ご興味ございます方はぜひぜひ音楽院事務局へお問合せくださいませ(^^)



詳しくは大阪音楽大学付属音楽院さくら夙川校(☎0798-38-6630 兵庫県西宮市産所町14-5)のHPをご覧くださいませ。
http://www.ongakuin.jp/sakurasyukugawa













ありがとうございました。 

June 21 [Wed], 2017, 23:14
2017年6月21日(水)

昨夜からの強烈な雨には驚かされましたが、ようやく梅雨の本領発揮というところでしょうか。


さて、室内楽の愉しみ2017〜一音の世界〜 は無事に三公演とも終演いたしました。
関わってくださったみなさま、本当に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました!!


6月10日
朝7:00に東京出発!
車中より。



まずは長野県茅野市というところでの本番。
印象深い方々との出会い、村のみなさまの固い絆、なんだかとっても久しぶりに感じた懐かしいようなあたたかい時間でした。
縁側から眺める緑の景色、何とも清々しい自然界の風の気持ちいいこと。
素敵な場所でした。
共演してくださったお二人の本番前ショット。




リハ必死過ぎて(笑)、ステージの写真撮り忘れました。


終演後の宴。地元のお酒とお料理の美味しかったことおいしかったこと。。。。。







翌11日は東京・練馬の光が丘美術館にて。




私の好きな空気の流れる場所でした。



歴史ある楽器、楽しみ〜





調律していただいている間に館内散策。




こちらの方には随分癒されました。




この感じ ホッとします








不思議なくらいどんどんその気にさせてくれる楽器でした。
ありがとうの2ショット。



みなさまと。





ワークショップで知り合ったみなさんもお越しくださり、みんなで帰りに美味しいお蕎麦をいただきました。



なんだか寂しい気持ちを引きずりながらも私は大阪行きの新幹線へ。





そして18日は芦屋にて。

地元ならではの何とも言えない感覚。
会場全体が音楽と人のあたたかさで満たされていたような気がします。
本当に幸せでした。






私のような者に3回も舞台に立つ機会を与えていただき、共演してくださった先生方を始め、支えてくださったすべてのみなさまには本当に感謝の気持ちしかありません。


1つのコンサートへの道のりは、出会いやご縁、何かしらきっかけがあって、まず「こういうのをやろう!」という発案に始まり、会場の手配や交渉、日程や曲目を決めたり、その間、自身の練習も積み重ね、それから3人でする練習日程を調整したり、チラシをつくって宣伝して、プログラムをつくって、移動して、リハをして等々、それからようやくその時を迎えて、、、という振り返ってみればあっという間なのですが、本当に大変なものだと思います。
そして、そのひとつひとつの場面には必ず色々な知恵や力を貸してくださる方々がおられ、つくづく自分一人ではどうすることもできないことだなあと痛感します。



それだけたくさんの方たちに支えられていても、正直、準備の段階では「なんでこんなしんどいことやってるんだろう、、、」と投げ出したくなることもあります。
それでもまたやりたくなる。 不思議です。



今回は、演奏中はもちろんですが、それ以外の場面でも、先生方お二人や、各地で出会ったすべての方たちの背中からたくさんのことを教わった気がします。


めぐり合わせやご縁、大海のようなものに優しく後押しされて、私にとっては、きっと生涯忘れられない かけがえのない時間となりました。


本当にありがとうございました。



この今の気持ちを大切に、何事も恐れず、何事にも惑わされず、自分の信じる道を一歩ずつ進んでいこうと思います。







それにしても、やっぱり 音楽っていいですね。












おまけ。
生まれて初めて傘を持ち、嬉しさに思わず口元が、、、
はにかみ屋さんです。
この日までに、お家で何回も傘さす練習したから嬉しさもひとしおだよね♪








たくさんの負担と迷惑をかけた家族にも心から感謝 です。


ありがとう。
















6月のコンサート、来てね!(^^) 

April 04 [Tue], 2017, 23:45
2017年4月5日(水)

梅から桜へのバトンタッチも終わり(?)ようやく春らしい気候になってきましたね。

新年度がはじまり、世の中の空気は急に慌ただしくなったものの、期待と不安の入り混じった気分に支配されて、なんだかボーっとしたりドキドキするのもこの時期の特徴。

大きな流れを味方にしつつも、その渦にのみ込まれないように、しっかり地を踏みしめていきたいなと思います。



さて、たくさんのありがたいご縁をいただき、久しぶりにコンサートツアーをさせていただくことになりました。

画像データがうまく載せられず、実際のチラシとは少し印象が異なりますが、、、^_^;










あたたかい神様のような音を紡ぎ出されるお二人との時間は、私には勿体なさ過ぎると常々顔を上げられないような気持ちでおりますが、ひとたび楽器を弾き始めるとそんな感情はどこへやら、厚かましくも一緒に音楽を奏でられるこの上ない喜びを全身で感じている次第です。

プログラムは、コントラバスとピアノの優しい対話から始まるツィポリ、刻々とその表情を変えていくモーツァルトのトリオ、風刺のようでどこか懐かしさも漂い、複雑なアイデンティティを持つシュニトケならではの様々な側面が内在するヴァイオリンとピアノによるデュオ、 可愛らしいエピソードの残る子犬のワルツ、そして徐々に内面が解き放たれ、人の吐息が近くに感じられるようなグリンカ、サラサーテの作品へと移ってゆきます。
どれも本当にいい作品ばかり、、、!だと私は思います。


6月10日(土)は長野県茅野市、6月11日(日)は東京・練馬区の美術館、そして6月18日(日)は阪急電車「芦屋川駅」徒歩2分のSalon Classic。


どの会場も、お客様とステージの距離が近く、一つの空間で一緒に音楽を共有するという感覚でお楽しみいただけることと思います。


どの公演もお聴きいただきたいですが、このブログをご覧くださる方は関西圏の方が多いかと思いますので、取り急ぎのお知らせになりますが、6月18日の芦屋公演、ぜひぜひ足をお運びくださいませ。



生涯忘れることのできないようなあたたかい時間を、一人でも多くの方々とご一緒できますように、、、、、







音楽って本当に素晴らしい。









たのしみ!























連休 

March 19 [Sun], 2017, 16:26
2017年3月19日(日)

今日はずいぶんとあたたかくなりましたね。
心地よい気候なのですが、同時に花粉様は相当いきいきとしてこられ、、、
ホントにもう!という感じです。


昨日は音楽院の発表会でした。
今回もみなさんそれぞれに成長された姿をステージで見せてくださり、心に残る時間となりました。

最年少は年中さんもおられ、よく泣かずにあの大きなホールの舞台へ出ていってちゃんとお辞儀をして演奏して、、、
小さなその体に色々なものを背負って舞台へ出ていくわけですから、本当に偉いと思います。

大きくなってきた学年の方たちも、また違った意味での緊張感を味わいながらの舞台になったことと思いますが、大きくなってくると、演奏そのものや音色等の個性が強く出始めてくるので、それもまた面白いなあと感じます。

今年は他の先生方の生徒さんの演奏も何人かお聴きすることができ、そちらも大変勉強になりました。

私もまだまだ色々な意味で修業が足りないなァと。

もうまもなく新年度がスタートしますが、私も一緒に一歩一歩精進していけたらと思います。

ご協力くださいました保護者の皆様、そして、連日あたたかいサポートをし続けてくださった音楽院スタッフの皆様、本当にありがとうございました。





さて、今日明日は世間では連休。
しかし、今日は夫は仕事、、、(T_T)

恐怖の(!?)息子と一日デートです 笑



電車を二つ乗り継いで
箕面へ!




だいぶ歩いてちょうど小川の前にベンチがあったので
おにぎりがぶっ!!





まだあたたかさの残るおにぎりを自然の中で食べられるなんてとってもしあわせ〜







がはははー!!
自然と笑みもこぼれるようです。








腹ごしらえ終了後、またてくてく歩いて
昆虫館をめざしました。


ところが着いてみると、、、


改装工事中ー(泣)


息子:「こんちゅうかんみたかった」





がっくりきたようで、階段に座り込んでしまいました^_^;




しょうがないので、疲労がピークに達しないうちに元来た道をまたてくてく


途中、もみじてんぷらを食し、息子のテンションも少し回復。


そのままほとんどダッコすることもなくずっと歩いてくれました。





帰宅後は二人で豚生姜焼き弁当を肉の取り合いをしながらがっつり食べ、ようやく16:00頃から昼寝、、、





ちょっと遅めの昼寝だけど





紅葉の季節ではありませんが、山の中を歩くのは気持ちよかったです。






さあ明日は父母子全員集合。どう過ごそうかなーーー







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:久保美緒
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
大阪在住のピアニスト&ピアノ講師のブログです♪
音楽(最近は室内楽が特に好き)と、戦争のない人間らしい世界をこよなく愛し、映画鑑賞と一人旅、宴会が大好きです!
気が向いた時に日々感じたことを綴っていきますので、時々遊びに来てくださいね!



♪近々のコンサート予定♪

ヴァイオリン、コントラバス、ピアノによる室内楽の愉しみ 2017 〜一音の世界〜

出演:ヴァイオリン河村典子 コントラバス白土文雄 ピアノ久保美緒

曲目:ツィポリ・コントラバスソナタ、モーツァルト・ピアノ三重奏曲KV.502、シュニトケ・古い様式による組曲Op.80、ショパン・子犬のワルツ、グリンカ・ロシアの歌、サラサーテ・ツィゴイネルワイゼン

◆2017年6月10日(土)14:00開演(13:30開場)
小海邸(長野県茅野市)
入場料:3,000円 お問合せ先:0266-72-3025

◆2017年6月11日(日)14:00開演(13:30開場)
第15回 えにしのサロン
光が丘美術館(東京都練馬区)
入場料:3,500円(学生2,000円) 
お問合せ先:officen_info@yahoo.co.jp

◆2017年6月18日(日)14:00開演(13:30開場)
SalonClassic(兵庫県芦屋市)
入場料:3,000円(学生2,000円)
お問合せ先:kubomio.0725@gmail.com



※各公演内容はやむを得ない事情により予告なく変更される場合もございます。予めご了承くださいませ。










生徒さん募集
ピアノレッスン新入生随時大募集です。お子様から大人の方まで♪
お問い合わせは、kubomio.0725@gmail.comまたは右記久保美緒のホームページよりメールでどうぞ!! 
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/miomiomio/index1_0.rdf