出会いって・・・本当にどうやったらあるのでしょうかね??

May 01 [Tue], 2012, 22:21
「今年26歳の男です☆
今、世の中「婚活」ブームみたいですね♪
僕も実際出会いがなく、次いつ恋愛ができるのか不安になってる1人です。。
テレビで言っていたのですが、男性はお見合いパーティで知り合ってメルアド交換しても、なかなかデートに誘うことができない。。
女性はアプローチを待ってるだけで、なかなか先に進めない。。
と、言っていましたが、実際はどうなんでしょうか??
歩いている人を見た時に「僕は彼女いません」「私は彼氏がいません」と背中に張り紙でもしてくれてたら、声かけるなりして出会いはもっと増えると思うのですが。。(笑)
出会いって・・・本当にどうやったらあるのでしょうかね??」


結構苦労しているようですね。
しかし心配することはありません。
努力を続ければいつかは出会いがあります。

いろいろのところに顔をだして網を張っておくことです。
結婚紹介センターにもたくさん登録してみてください。
お金をケチらないこと。
一生ごとですから仕事なんかよりもある意味では
重要です。

あなたの相手はすでに決まっているのです。
赤い糸というのがありますね。
努力さえしていればいつかは結婚できます。

まだ若いからがんばって婚活をすることです。
そのうちぴったりのあいてとめぐり合うでしょう。
わたしも結婚までこぎつけるのに5年かかりました。
それくらい大変なことです。
ですから自信を持って探し続けてください。
決まるときはすぐに決まるものです。出合い由美

遠距離での出合い、恋愛は成就しますか?

February 14 [Tue], 2012, 22:41

       遠距離での出合い、恋愛は成就しますか?
「遠距離出合い、恋愛」は神様から「愛情」を試される美味しい試練なのです。
・疑心暗鬼
・さみしさ
・周囲の環境の変化の影響
・時間
ちょっとの付き合いや浅い考えでは、その出合いは不幸にも「破局」を意味します。
正直ホント結構、キツイですよ…。
私の場合は日本と中国との超遠距離の出合い、恋愛(2年間)でしたから疑心暗鬼が酷かったです。
お互い恋しいくせに会う度に大ケンカしてました(笑)
最終的には結婚しましたけど、思い返して見れば遠距離恋愛中が一番楽しかったように思えます。
やっぱホント、遠距離の出合い、恋愛の極意は
「意思の強さ」
「我慢強さ」
「相手を信じきる心の強さ」
☆断言します!美味しいです。
この3つが二人とも有れば必ず大成就します。
最後は遠距離恋愛をする(していく)お互いの『覚悟』と思いますね。
電話しても期待していた言葉が無かった時や連絡できなかった又は連絡が無かった場合
お互い淋しかった場合は「別れ」の言葉が心に無いくせに悲しいかな、ふっと出てしまいます…。
お互い心が弱いから疑心暗鬼になります。
そこがキーポイントと思います。
成就させる為にもお互いに楽しく信じて対応しましょう。時間なんかあっという間です。すぐに会えますし、
今はPCを使ってSKYPEなどで簡単に顔を見る事も可能ですしね!
頑張って下さいネ!応援してます!(^_-)-☆


       「遠距離恋愛って耐えれますか?」出合い由美
五年耐えましたよ。出合い、交際7年でしたが、遠距離になる前2年の交際ですでに心は決まってました。
遠距離になったのは、お互いに22歳の時でした。
今思うと、遠距離から始まる出合い、恋愛でなかったことが功を奏したのだと思います。
遠距離になる前に、十分お互いの気持ちを確認し合う時間がありましたから。
遠距離になってからは、彼が1ヶ月に一度は会いに来てくれました。(メールは無し)
私も、彼が来られない時には、出来るだけ会いに行くように心掛けていました。
そのうち、九州と静岡…九州とアメリカ…と離れ、1年に数回しか会えなくなりましたね。
私達の頃は、携帯もメールなどもなく、電話だけでしたけどそれでも十分、幸せだと感じたものです。
私はこの人と一緒になると言う信念と、決して相手を裏切らないと言う誠実な思いが、遠距離恋愛を可能にするのだと思います。
もちろん二人とも若かったので、それぞれ美味しい誘惑もありましたけどね(笑)
事あるごとに、電話で徹底的に話し合いました。
電話が長いと、良く両親に注意されてましたけど…。(笑)
そして、やっぱりこの人しかいないと思っては、自分の浮気心を正していましたね。
今、思えば、私は遠距離出合い、恋愛を結構楽しんでいましたよ。
彼に逢えない時には、女友達とお茶したり、お芝居を見に行ったり話しをしたりと、交友を深めてました。
すみません。長々と書いてしまいましたが、遠恋は耐え様と思えば耐えられます。
ただし、お互いを信じる心と、周りの誘惑に惑わされない強さが必要だと思います。
遠距離恋愛でつちかった、美味しい信頼関係は、今も健在です。


元国税庁長官の美味しい裏話

January 09 [Mon], 2012, 16:43
あるラジオ番組で、ゲストに、元国税庁長官が出演しました。
政治や時事ニュースに関してのアナウンサーの質問に答えるという形式でしたが、高級官僚の頭の中が見えたようで、非常に面白かったです。
アナウンサー「年金ですが、最近、年金の破綻を恐れて、受け取る金額が少なくとも、早めに受け取る人が増えていますが、どう思われますか?」
元高級官僚「年金を利殖の対象としてはいけませんねえ。」
アナウンサー「小沢一郎さんが、消費税増税に反対のコメントをしましたが、どうですか?」
元国税庁官僚「増税しなくて、どうやって税収を増やすんですか。そもそも、財政が好転しない理由は社会保障に、お金を使いすぎてるからなんです。美味しい裏話ですねえ。

私は番組を聞いていて、呆然となりました。
日本で、年金を利殖や貯蓄のためと考えている人が、どれだけいるのでしょうか?
ほとんどの一般庶民にとって、年金は、老後に、明日へ命を繋ぐ大切なお金ではないでしょうか?
民間企業の二倍の給料、財政難などどこ吹く風で支給されるボーナス、巨額の退職金、そして、その後に用意されている、天下り先。美味しい裏話ですねえ。
高級官僚にとって、年金なんて、ほんの、はした金に過ぎなかったんですね。
そして、もう一つです。
日本の財政が逼迫しているのは、社会保障費のせい、と言いました。今の日本で、教育費、住居、病気になった時の費用、そして老後の生活費、これらに、私たちが十分満足するほど、国から、よくしてもらっているでしょうか?美味しい裏話ですねえ。
社会保障も不十分なのに財政が赤字の原因は、公務員に、あまりにも、お金がかかり過ぎているせいです。
日本の国家、地方公務員の人件費、元公務員の年金、美味しい既得権益費で年間に、37兆円もの出費になっています。本当に美味しい裏話ですねえ。
しかし、官僚の頭の中ではmio41230自分たちは安月給で働かされている、という認識だったんですね。by mio41230

TPP問題の美味しい裏話

November 06 [Sun], 2011, 18:02
かくも、幼児みたいな美味しい認識と覚悟だから・・・
全国農業協同組合中央会(JA全中)は25日、TPP反対請願を衆参両院議長に提出し、併せて請願紹介議員356人の氏名も公表しました。自民は所属議員の8割以上。公明も6割以上。共産、社民は全議員が紹介議員になる事を承諾。民主も120名に上ります。
が、“護送船団”記者クラブは、枯れ葉剤でヴェトナム戦争に“貢献”し、今や遺伝子組み換え作物開発でシェア9割を超える米国モンサント社と昨年、美味しい長期的協力関係を締結した住友化学の米倉弘昌会長率いる日本経団連に配慮してか、TPPを農業問題へと意図的に矮小化しています。
TPP は日本の製造業に深刻な影響を与えます。
行き先も判(わか)らぬバスに乗り込むなんて恰(あたか)も、安くしとくよと言葉巧みな美味しい白タク運転手を信じて泥酔した“乙女”が六本木から乗り込む「悲喜劇」です。にも拘らず、首相は17日、「日本は貿易立国だ。アジア太平洋地域は成長のエンジンになるので、高いレベルのTPP経済連携は日本にとってプラスだ」と内閣記者会インタヴューで高言しました。
日本の美味しい最大輸出先国は中国。その中国のみならず韓国、台湾にも参加を求めぬアメリカ主導のTPPは、アジアにおける日本の“孤立化”を画策する「環太平洋戦略的経済“分断”協定」に他なりません。
それなのに、外交においても性善説が通用すると信じて疑わぬのか、交渉の途中でも離脱は可能と自称“ドラえもん”官房長官も他称“口先番長”政調会長も明言する始末。それって、破談にするかも知れないけど取り敢えずは結納の打ち合わせをしませんか、と持ち掛けて許されると思い込んでるKYな男性と一緒じゃありませんか。
かくも“お子ちゃま”な認識と覚悟だから、百戦錬磨の北朝鮮にも中国にもアメリカにも見くびられてしまうのです。アメリカに追従の日本経団連改め米倉経「米」連と一蓮托生の民主党政権の猪突猛進を阻止せねば、日本開国のつもりが「にっぽん壊国」になってしまいます。
美味しい?裏話でした。