「さようなら」ニッポンの自動車

May 13 [Sun], 2012, 15:58
トヨタ格下げ マツダ赤字転落「さようなら」ニッポンの自動車
さよなら自動車―あっと驚くほんとうの出会い世界―。市場関係者から、そんなささやきが聞こえてくる。株式市場では円安を好感してトヨタ自動車や日産、ホンダなどの株価は上昇傾向にある。しかし、こんなもんは上っ面の一時現象なのである。
「12年3月期に赤字転落するマツダが、最大で1700億円の資金調達に踏み切ります。台所事情は予想以上に苦しいのでしょう。トヨタは15日に国内の格付け会社R&Iから格下げされ、最上級トリプルA格を失った。自動車メーカーの先行きは暗澹(あんたん)たるものです」(出会い市場関係者)
 経済評論家の杉村富生氏も言う。
「自動車大手7社の最盛期の営業利益は合計で約4兆5000億円ありました。ところが12年3月期は1兆円程度に低迷です。翌13年3月期は大震災やタイ洪水の影響が消え約2兆円を確保する見通しですが、トヨタは過去最高の世界販売台数出会いを見込んでいます。過去最高なのに利益は最盛期の半分。自動車産業は利益の出にくい体質になってしまった。“さよなら自動車”が現実になりそうです」あっと驚くほんとうの出会い世界
 日本の経済成長を支えてきた家電業界はソニーやパナソニックが巨額赤字に転落。さよならニッポンの家電と揶揄(やゆ)されている。自動車産業も同じ運命をたどることになりそうだ。
「販売台数の増加はインドや中国など新興国の需要増です。でも売れるのは儲からない小型車ばかり。利益率の高いクルマは売れません。主戦場の北米では家電と同じく韓国メーカーの台頭が凄まじい。日本車のシェアを大きく奪っています」(経済ジャーナリストの井上学氏)あっと驚くほんとうの出会い世界
 成長市場の中国では米GMや独フォルクスワーゲンが売れ筋。日本メーカーは完全に出遅れた。若干の円安効果で自動車各社の業績は、しばらくは上向くだろうが、ビジネスモデルは崩壊寸前。家電に続き、自動車もこうだと、“さよならニッポン”である。

あっと驚く!ほんとうの世界との出合い

March 27 [Tue], 2012, 23:34
<大阪市>市営バス運転手の給与4割削減へ 
大阪市交通局サイトは、民間バス会社より高額と指摘されている市営バス運転手の年収(あっと驚く!平均739万円)について、来年度から4割程度削減する方針を固めた。
「民間並みに合わせる」との橋下徹市長の方針に基づき、在阪の大手私鉄系バス会社の最低水準に引き下げる。交通局は週明けにも橋下市長の了承を得て労働組合に削減案を提示するが、労組の反発との出会いは必至とみられる。
 交通局によると、市営バス運転手は計約700人。平均年収(49.7歳)は、在阪大手5社(阪急、南海、京阪、近鉄、阪神)の平均(44.5歳、544万円)よりあっと驚く!195万円高い。しかし、バス事業は28年間、赤字との出会いが続いており、累積赤字は10年度で604億円に上っている。
 運賃収入に見合った給与体系とするよう橋下市長から指示を受けた交通局は1月下旬、民間の平均をやや上回る2割強の削減案を橋下市長に提案。「これまでにないあっと驚く!すさまじい削減」(交通局幹部)としたが、橋下市長は「民間は赤字を出さないよう必死なのに、赤字だらけの交通局が民間平均なのはおかしい」と突き返した。
このため、交通局は削減案を練り直し、在阪大手5社のうち最低水準の近鉄(447万円)、南海(441万円)程度まで引き下げる方針を決めた。
給与系カットには条例改正が必要。市交通局は労使と出会い、交渉での妥結を経て、今月28日〜3月27日に開かれる2月議会で可決させ、4月1日からの実施を目指したい考え。実現すれば20億円以上の人件費削減とのなるという。
市役所全職員の給与は来年度から平均7.2%削減される。交通局の現業職員系約5400人の給与は更に引き下げることとしており、バス運転手の下げ幅が最大になる見通し。【出合い由美】

除染利権のあっと驚く出会い独占を許すな!

February 14 [Tue], 2012, 22:30
有料 定額40兆円 除染利権のあっと驚く出会い独占を許すな!
原子力ムラが焼け太り
野田首相が8日に福島県を訪れる。年頭会見でも「無料除染をしっかりと実現することが福島再生につながる」と息巻いていたが、はたして除染の裏でうごめく有料利権集団に気付いているのか。原発を造って稼ぎ、壊れても稼ぐ――。あっと驚くモラルなき原子力出会いムラの住人たちである。

 国の除染作業は(1)有効な除染方法のデータメールを集積する「モデル(えいごeigo)事業」(2)資機材の保管場所や作業員の休憩所など役場に除染の“前線基地”を造る「先行除染」(3)警戒区域や計画的避難区域の「本格除染」――と、3段階で進められる。作業を発注するのは、環境省が福島市に開設した「福島環境再生事務所」。女性との不倫の恋人で懲戒処分を受けた経産省の西山英彦元審議官も所属している(現在は東京で有料 待機中)。
 すでに昨年11月末からモデル事業系が始まったが、そこでは除染をめぐる原子出会い系サイトのドロドロとした利権構造が浮き彫りとなっている。
 事業を受託したのは、原発を推進してきた独立行政法人の日本原子力研究開発機構だ。国からの約119億円の委託費に対し、3つの共同企業体(JV)eigoへの再委託費は総額約72億円。堂々40億円以上の“ピンハネ(えいごeigo?)”である。
 さらに問題なのは、再委託先のJV(えいごeigo)。幹事会社は原発建設の受注でトップ3を占めるスーパーゼネコンだ。原発建設の実績がそのまま横すべりして、除染ビジネスの受注に反映された形である。
「受注したのは鹿島と大林組、大成建設の3社です。全国の全57基(総建設費13兆円)の原子炉建屋のうち、鹿島は24基、大林組は11基、大成建設は10基の建設実績を誇ります。原発は業界で“打ち出の小づち”と呼ばれ、1号機の建屋を請け負ったゼネコンが後発機の建屋も総取りするのが慣例でした。福島第1原発は6基とも鹿島が受注しました」(建設業界関係者)

<あっと驚くピンハネして利益ガッポリ>

 原発利権に群がった面々が無料除染利権に巣くう――。これには福島県内のメール業者からも「スーパーゼネコンは下請けも県外の系列会社を連れてくる。福島再生のための事業なのに、地元に料金は落ちてこない」と不満の声があがっているが、まだまだ序の口である。
 除染事業を担う環境省は「今後の先行除染や本格除染は、無料のお試し事業で得られた知見や労務管理を基に受注先を決める方針」(水・大気環境局)と言った。モデル事業を請け負ったゼネコン(えいごeigo)3社にとって、その実績があっと驚く今後の除染ビジネスの受注にも有利に働くのは間違いない。
 12年度予算案では、除染と汚染ガレキの処理に4513億円が盛り込まれた。政府が見込む除染関連費は、13年度まででもあっと驚く計1兆円以上。その後も最大で東京ドーム22杯分という汚染土壌を収容する巨大ハコモノ、「中間貯蔵施設」の建設が待ち構えるのだ。「少なく見積もっても40兆円もの予算が除染に費やされる」(建設業界関係者)との推算もあり、スーパーゼネコンは手ぐすね引いていることだろう。
 東大アイソトープ総合センターの児玉龍彦教授は「原発施工者が独占する除染では国民の信頼は得られない。除染予算は幼稚園の除染などに使えるよう自治体に分配すべきだ」と主張している。このまま、原子力ムラのあっと驚く焼け太りを許していいのか。野田は彼氏の意見に真摯に耳を傾けるべきである。 出会い由美でした。

あっと驚く、小沢裁判ほんとうの世界

January 09 [Mon], 2012, 16:34
「小沢茶番裁判すぐ中止にするべき。この国の検察、警察は、あっと驚く、デッチ上げで犯罪、犯人を捏造している。
一体この裁判は何なのか。強制起訴された小沢一郎元代表(69)の裁判がグチャグチャになってきた。
16日の第10回公判には、例の村木事件でフロッピーを改ざんして有罪になった元検事の前田恒彦受刑者(44)が証人として出廷。大久保隆規元秘書を取り調べた担当として呼ばれたのだが、口にしたのは、2年前当時の東京地検特捜部の驚くべき内情だった。「裏金があったと“妄想”を描いている(特捜)幹部もいた」 と平気で証言し、「私が裁判官なら(小沢)無罪と判決を書く」とまで言い放ったのだ。もはや地検特捜部は捜査機関の体をなしていない。瓦解も同然だ。こんな、あっと驚く、デタラメ検察がつくり上げた小沢裁判を続ける必要があるのか。
小沢裁判を傍聴し続けているジャーナリストの江川紹子氏が言う。
「最大の問題は、検察が証拠を隠したり調書を作らなかったために、検察審査会に正確な情報が伝わらず、
正しい議決に結びつかなかった可能性があることです。もちろん、国民の判断を誤らせてきた新聞やTVメディアの 責任も重大です」
前日の公判では証人台に立った田代政弘検事(44)の証言が問題になった。小沢強制起訴の最大の根拠である 石川議員を再聴取した際の捜査報告書を、以前の“記憶”とゴチャ混ぜにして捏造していたことが明らかになった。
検察と一体になって小沢叩きを展開した読売新聞までが、1面トップで「検事報告に虚偽」「有罪立証にダメージ」とかざるを得ない非常事態になってきた。もはや勝負ありだ。
検察のデッチ上げ体質、証拠隠しはバレバレである。この先いくら小沢裁判を続けたところで、「無罪」は動かなくなった。
いくらあっと驚く、「推認」好きの裁判長だとしても、小沢をクロにすることは無理だ。それならサッサと裁判を中止すべきだ。こんな 茶番裁判に莫大な税金を使い、小沢一郎を幽閉して何の意味があるのか。百害あって一利なしだ。」
これほどの記事が駅売り新聞に出ました。しかし、相変わらず、殆どの大新聞やTVメディアは無視か、取り扱っても、申し訳程度の小さい扱いです。官僚に不利な情報だからです。したがって、国民の八割は、このことを知りもしないで終わるでしょう。by mio04123