9月ですね 

2005年09月05日(月) 14時58分
9月に入った途端、お仕事がたてこんできました
お仕事あるのは嬉しいしある一定の量までは、頑張ろ〜とやる気は出るのですが、溢れるくらいになると、不安になって胃がモニョってきます。
今月中旬までに40曲ぐらい仕上げなければならない……出来るのかな…

「出来る」と信じないと前向きに取り組めないのですが、内心オドオドしてます。
こういう時は、本番までの日数を数えて一日何曲仕上げればいいと数えていくと意外と冷静になれます。
それでも多いし現場に立つ事も多くなるので時間も減るんだけどね……

そんな感じでご飯食べても暗い表情の私に、彼が
「現場に行く時にでも気軽につけて」とティファニーのネックレスをプレゼントしてくれました。
交際記念だそうです。

勇気倍増。現場には必ずしていきます。

恋愛会議。 

2005年09月01日(木) 0時23分
昨日は友人のS。チャンと飲み
私とS。はオタッコで本なんかも一緒に作ったりした仲なので、二人で「ハガレン」の映画なんて見に行きました。画面小さかったよ。ホームシアターかよ!というちょっとしたプラズマぐらいの大きさでした。
入口で「満席で」と言われた時は「凄い人気なんだね…」と言ってたけど

単に座席が少なかっただけ?

そしてオサレイタリアンで彼氏への悩みを打ち明けたり、将来への不安を話してるウチに花が咲き
Sチンはワインをデキャンタで頼み、私は顔を真赤になり

そういえば大学時代飲んだ時も、一杯でフラフラしてる私の横でSチンとF姉がガンガン飲んで大騒ぎしたなあとか
飲み屋で大騒ぎしたのはいつだっけとか、公園で叫んだのはいつだっけとか
スターウォーズのアナキンの服装が格好いいとか、色々話してる内に最寄駅近づいてきて下りるギリギリまで萌え話。
何か、足りない〜!て感じ(笑)でした。

今の彼氏とはこの間からの付き合いなので、これからどうなるのかな〜という心配ばかりしてます。早く喧嘩したり乗り越えたりしたいです。


週末はまた演奏のお仕事です。
今月半ばに行ったPR活動がきいて、少しお仕事が増えてきています。PRは大事だね。

どんなお仕事? 

2005年08月01日(月) 0時08分
まずメインのお仕事から!
イベントや、企業パーティ等のゲスト演奏のお仕事をしています。
本当は理論系だったのですが、大変だった割にお仕事はないので、それなら小さい頃からやっていたピアノで何とか出来ないかな?と思って。
甘〜い考えです。
学生時代に演奏のアルバイトを沢山やったし、出来るだろうイザ!と事務所の扉を開いたら、当然そこには昔からやってる先輩達がひしめいてました。

音楽を仕事にしてる方は、大体仕事が好きで、結婚しても年をとっても一生続けていこう、という考えてる方ばかり。40代、50代で現役の方も一杯居らっしゃいます。勿論、私もそうなりたいと思ったのですが。
そうなると、若手へのポジションは滅多に空かないものです。

そこで私が取った方法は、ひたすら事務所にアピールそして待機(地味)
そうして2年。ついにチャンスがまわってきたのでした。
「●◎さん倒れて。ミナコは演奏できるよね?こういう内容で、本番2時間後、やる?」

怯みました。全く準備もなく、イキナリぶっつけ本番
とりあえずトイレへ(笑)
トイレの個室の鍵をかけた瞬間、「うわああ?どうしよう」と悩みました。
ここで失敗したら、多分もう2度と話は来ない(だろう)し。言い訳なんてもっての他。
でも準備がない状態で、出来るの?出来るわけないじゃん!

ここで「やらない」と言ったら、お仕事2度と来ないだろうな。

同じ仕事来なくなるなら、やるだけやって来なくなった方がまだ諦めがつくかな。

会社の人には申し訳ないけど、ドタン場だし、失敗したら潔くこの事務所から去ろう!

ヨシ!(合計15分)長いトイレだな〜

そして扉を開け、覚悟決めた顔で「やります」と言ったのでした。
続きはまた今度

ブログ立ち上げ 

2005年07月31日(日) 23時57分
ブログを立ち上げてみました。


音楽で一つ身を立てよう!と思い日々努力して気が付いたら28才。
仕事になってきたのは嬉しいけど、音楽に理解あるダンナ様も探さないと。
そんな事に頭を悩ませながら、生きてる独身女性の日記です。
音楽を仕事にしたい人に、少しでも共感して貰えたり、参考にして貰えると嬉しいかな
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mintzoku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる