感情

April 04 [Sat], 2009, 2:28

 最近考えたんですが、感情は皆持ってるものは同じなんじゃないかなーなんて。ただ配分される量が違うだけで。

 感情は「喜怒哀楽」を皆持っていますよね。でも、人によって怒ったり泣いたりする度合いが違う。それは「喜怒哀楽」のうち「怒」の感情や「哀」の感情を持つ割合の違いによっておこる差だと思う。

 例えば、「喜怒哀楽」合わせて最高100%とだと考えると、喜30%、怒20%、哀20%楽30%の人、喜40%、怒10%、哀10%、楽40%の割合の人がいる、という差だ。

 でも、感情はその時の気分によって変化しやすい。健康で普通の状態でのその人の持ち合わせる割合というのは、もちろんあるだろう。その状態に、「気分」というスパイスを加える事によって、普通の状態での割合をもとにした、さまざまな状況での感情の割合が構成されるんだと思う。

 だから、「怒りにくい」という人は、その特徴を残した状態で「怒」の割合が上がるということになる。もちろん、その状態の時に刺激を与えれば「怒」の割合が大幅に上がったり、大幅に下がったりもする。

 つまり感情とは、普通+気分+刺激によって大きな変化をするのだと思う。

 そしてポイントは、「喜怒哀楽」合わせて100%(全体)をつくりあげている事。その割合は人それぞれ違う事。人それぞれ違うが、「喜怒哀楽」の中でで0%の割合のものはないということ、だと思います。

 だからきっと同じ人間の中で、全く違う感情を抱く人間は一人もいないんじゃないかなーと思います。皆多かれ少なかれ共通する感情があるのですから。

 そんな事を考えてみたりする今日このごろ。さんざん偉そうに書いてきましたが、あくまでも私の考えです。ええ。

 本当は全然違かったりしてね^^;A





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アールグレイ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mintochoko/index1_0.rdf