虹/二宮和也 

September 06 [Thu], 2007, 0:13
いつもそうよ。
拗ねるときみは。
私の大事なものを隠すでしょ。
その場所は決まって同じだから。
今日は先に行って待ってみるわ。


季節達が夕日をつれて来て
影が渡すをみつけて延びる・・・。


ビックリした顔で私をみつめては
急に口を尖らせてプイっと外見るの。
ごめんね。っと言うと
じゃあこっちに来てよと
ねぇ、ほら見て見て
影が重なった・・・。


傘がぶつかり真っ直ぐあるけない。
そんな私を見て笑っているの。


私もやってみせてあげるの。
同じ様に口を尖らす・・・。


優しく笑う君が
この時間が空間が
泣きたくなるくらい
一番大事なものだよ。
わざと尖らせてる
私にごめんねの返事を待たずに
優しくキスしたの・・・。


これからはちょっとくらいの我が儘。
言ってもいいよ。
でも私にだけよ。


面倒くさいからって
素直じゃないんだから
何で言えないのかな?
好きだよ。
一言よ?
たまには聞きたいな。
今日は私と君が
名字を重ねた日。
愛が芽生えた日。

la・・・la・・・la・・・


虹が綺麗だよ。
いや、お前の方が・・・
テレはじめるきみに。


ありがとう。ありがとう。


[[embed(http://arasick596.cocolog-nifty.com/blog/files/nizi.wma,1)]
P R
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる