最近の声優は顔も大切だけど

August 21 [Wed], 2013, 10:22
最近の声優はわりとメディアに顔を出す人が増え、アイドルのように歌を歌っていたり、可愛らしい衣装を着ていたりする。

そして、声優は顔を出さずになれる仕事だと思っていた人間にとってはアイドルのように顔のいい声優ばかりが目につくと、声優の仕事にも結局顔が必要なのかという気持ちになるであろう。

声だけで勝負ができるはずで、ひたすら声のトレーニングを積んでいる者にとっては、最近の傾向を見て落胆してしまうこともあるかもしれない。

しかし、これは間違いなのだ。

基本的には、声優のギャラは年と共に安定してくるため、若手は声優だけでは食べられないためにメディアを利用する人がいたり、歌を元々歌いたかった声優志望者が歌手のまね事をしていたり、そんなところが現況なのである。

ベテランの言葉によれば、キャラクターのイメージを壊すため自分は絶対にメディアに出ないという人もいるくらいで、そういったスタンスを大切にして活躍する声優は今でも多数いるのだ。

声優には演技が好きなことが大切

August 21 [Wed], 2013, 10:22
声優になるということは、大変難しく、厳しい道ではある。

しかし、演技をすることが好きだという気持ちを大切にすれば、掴むことも夢ではないのだ。

これは、アニメが好きで、声優を目指しているうちに演技に目覚めた、芝居をすることが好きになった、というようなものでも構わないだろう。

とにかく、演技、芝居をすることが大好きだという気持ちがあれば、声優として明らかに有利なのである。

逆に、声優にはなりたいけど、演技はあまり好きでなく、抑揚を付けたり、なりきることが恥ずかしい、こんな気持ちを持っていては、きっと例え素質があって声優になれたとしても、続けることは難しいであろう。おそらく途中で挫折してしまうのだ。

何の職業でもそうで、やはりどこかに自分なりの好きな要素がある仕事でなければモチベーションが上がらずに結局挫折してしまう。

とりあえず目指してみたという人も、一度立ち止まって考えてみる必要があるだろう。

演技をすること、芝居をすることが好きか、そういった仕事に就くという覚悟はあるかということを。

声優には自分磨きも大事

August 21 [Wed], 2013, 10:21
声優という仕事は、色々な自分の経験を活かすことができる仕事である。

例えば人間ウォッチングをするだけでも、自分の経験として演技に行かせたりもするうえ、自分を磨く、例えば読書をして知識や雑学を増やすだけでも演技に活かせる。

顔や表情を出すことなく、声だけで演技する、声だけで勝負をしなければならない世界なのだが、それは内面からにじみ出るものも非常に深く関わってくるところなのである。

狭き門であるからこそ、自分磨きを大事にし、声の質や演技を向上させること、また、自分を磨くことで、声優になった後のコミュニケーション、関係作りの面でも助かることになるのである。

ライバルが多数おり、なかなかたどりつくまでに挫折してしまう声優という職業ではあるが、ライバルから一目置かれるためにも、自分磨きについて自分なりの答えを見つけることが必要なのだ。

自分なりの自分磨きの方法が見つかれば、それを糧に声優の道に挫けそうな時もリラックスすることができ、自分の自信にもなるからである。

声優にとって声は大事

August 21 [Wed], 2013, 10:20
声優が声の仕事だということは誰でも想像がつくことではあるのだが、実際に声優になるためにはやはり声がとても大事なポイントになるのだ。

これは、ただ単に特徴的な声である必要があるという意味ではなく、声の質を大事にする必要があるという意味である。

特徴的な声は、逆に仕事の幅を狭めてしまう可能性もあるので、声優にとって万能の声こそ重宝されたりもする。

そこで、声の質を保つために、また向上させるためには何が必要かということになるが、意外と日々のストレッチが重要となるということがいえる。

声のストレッチと呼ばれるものである。

発声練習もしかり、声というのは緊張状態が続いたり、ほぐれていなかったりすると良い発声はできない。

これは歌手にも言えることであろう。

ある程度リラックスして、声がほぐれた状態でアフレコに入ることは非常に重要であるし、ましてやオーディションなどの時に抜群のコンディションで望むためには欠かせないであろう。

このストレッチの方法は様々で、基本的には声帯周りをほぐす柔軟体操のようなものがメジャーです。

これを気づいた時にやるだけで声の出方に違いが現れます。

声優には好きな気持ちが大事

August 21 [Wed], 2013, 10:19
声優になるために大事なこと、それは声優という仕事になりたい、好きだからなりたいという強い気持ちである。

有名な声優によると、なるまでの道のりはもちろん、声優になってからの道のりも険しく厳しいものだという。

思い立ったが吉日で養成所に入ったはいいが、ライバルは数え切れないほどいて、どんどん挫折していく人もかなりいる。

そんな状況でどう気持ちを奮い立たせて仕事としてつかみとるかというのは、やはり気持ちの面が大きく、好きだという強い気持ちだけで成り立つこともあるのだという。

自分の声が好き、演技が好き、アニメが好き、そんな不純とも言えるような動機が声優にとってはかけがえのない財産なのだそうだ。

顔を出さなくてもなれる声優の仕事は、俳優に憧れがありながらも演技の道になかなか自信が付かずに進めない人にも味方をしてくれる仕事であり、アニメという絶対不動の人気趣味である媒体への憧れ、キャラクターへの強い思い、そんな気持ちは声優になるまでのメンタルを最大限助けてくれるのである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みっく
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/minminmen/index1_0.rdf