私のこと

May 09 [Thu], 2013, 22:06
最近あったかくなってきた。

私は、夏が嫌い。

泳げないから嫌い。

暑いから嫌い。

でも、吹奏楽のコンクールがある。

そこまでの期間どれだけ大変かは勿論分かる。

だからこそ、辛い。辛かった。

私は、小さな病気にかかった。

中学二年の初夏、私はいつものように部活に

参加していて、腹式呼吸やマーチングをして、

曲を倍のテンポで吹く過酷な練習をしていた。

だんだんクラクラしてきた。気持ち悪い。

目の前が真っ白になった。

気がつくと、保健室にいた。

先生、先輩、仲間みんなに迷惑をかけた。

保健の先生は、食べないから、とか、

暑いから、と。

友達や親は、「酸欠だ」、と。

ショックで、情けなかった。

自分に全て責任がある。もっとこうしてたら…

色々試した。

でも、無理だった。

その後、毎日のように倒れる日々が続いた

休日部活。

自分を責めることでしか償いが出来なかった。

頑張ろうと思っても、身体が言うことを

きいてくれない。

ただの貧血。と思うことにする事で、

自分の逃げ場を作っていた。

しかし、貧血検査の判定は、A。

あれは、なんだったの?

やっぱり、私の体調管理がなってなかったの?

医者に行っても、うまくとりあってもらえず。

そして高校一年生の五月、再び始まった。

夏以外の季節は、本当に何事もなかったが、

それは夏だからと言うよりは過酷な練習が

夏に多くあるからだ。

私は親に、また倒れそうになったと伝えた。

すると、遺伝であることがわかった。

病名は、わからない。

とにかく長時間同じ体制が出来ない。

座っていてもダメらしい。

私はもう、吹奏楽を続ける資格さえ

失ってしまったのか。

誰かに迷惑をかけてまで続ける意味はあるか。

悩んで悩んで、今私はここにいる。

今日はそれで苛々して人に当たってしまった

ことがあった。

母は一言。

「これは、自分との戦い。」

敵は自分でしかない。

でもどうすることもできない。

少しずつ、原因と治し方を調べるしかない。

部活には絶対に手を抜きたくない。

私は、これからどんな思いをするのだろうか。

たまらなく怖い。

でも、逃げてばかり居られない。

立ち向かう。

私は、絶対に負けない。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mina
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/minkumacla/index1_0.rdf