図書館通い 

June 01 [Tue], 2010, 1:46
これでもわたくし、結構な読書家?でして
結婚前は会社のおじさん達と本の貸し借りをしたりしてました。
なんというか…文字を見ていると落ち着くというか
軽い活字中毒の気があります。

結婚前はどんどんハードカバーの新刊買いまくってましたが
ピグモンもいる今の我が家では
置く場所な〜い
いや、それよりそんなお金ないです
ってことで、もっぱら図書館通いしております。
(ピグモンも一緒に行きますよ。好きな本たくさん抱えてみてます)

図書館なんて行かないってみなさん。
今の図書館は便利ですよ〜
予約も、予約した本が入ったのもみんなPCで出来るので
借りる時と返却以外は家でOK
まあ、私は並んだ本を眺めたり、手に取って選びたいので
結局予約はPCでしても通ってしまうんですけどね

もともと気に入った本に巡り会うと、それを書いた作家さんの本を全部読みたくなる私。
純文学から推理小説、時代物…となんでも読みあさります
今ドラマ化されることの多い東野氏とか石田氏はもちろん
宮部氏、小池氏(あ、真理子さんです)はすべて読破。
他にもまだまだいますが、今はそれはいいとして。

先日久々に重松清氏と石田衣良氏の本を手に取りました。
重松氏は『ステップ』
妻に先立たれた男性が一人娘と二人で生きていく話なのですが
重松氏らしい軽快さの中に織り込まれた切なさがとても好きでした。

そして石田氏の『チッチと子』
こちらも妻に先立たれた作家と一人息子が二人で生きていく話です。
なかなか売れない作家だとか、ちょっとした女性とのからみがこれも石田氏らしくて好き。

ホントに偶然同じような本を続けて読んだのですが
(まったく違う時期に図書館にリクエストしていたのにほぼ同時に来たので)

どちらもちょっとした恋愛が混じったり
親子関係の変化があったり
それぞれ面白かったです。
そして、どちらも親の子供を思う気持ちや
子供の心の変化にほろりとさせられました。

子供を産んで変わったこと。
ドラマでも映画でも、自分の目線が違ってきた。
今までヒロインに同調って目線だったのが、その親の気持ちに敏感になっている
これって歳をとったってこと…ですかね

まあ、それはそれとして。
子供を持つ方に読んでいただきたいなあ。
読み終わったら、子供をちょっとだけ抱きしめたくなったり
いつもよりすこし愛しさが増したりするかも知れませんよって本でした

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:minilla
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像minilla
» 眼鏡破損!ピグモン負傷!! (2008年10月24日)
アイコン画像tonta116
» 眼鏡破損!ピグモン負傷!! (2008年10月23日)
アイコン画像minilla
» でこっぱち倍増!? (2008年09月30日)
アイコン画像tonta116
» でこっぱち倍増!? (2008年09月30日)
アイコン画像minilla
» ヘッドスパ (2008年09月25日)
アイコン画像tonta116
» ヘッドスパ (2008年09月24日)
アイコン画像minira
» いい間違い (2008年09月20日)
アイコン画像tonta116
» いい間違い (2008年09月19日)
アイコン画像minira
» ポニョポニョポニョ (2008年09月10日)
アイコン画像tonta116
» ポニョポニョポニョ (2008年09月09日)
Yapme!一覧
読者になる