外観 

2007年03月06日(火) 15時37分
すっごく久々の更新です.....
お家が出来ていく過程は、まぁ...中途半端ですが終了したので、これからは、どんな商品を使ったかとか、インテリアとかそんなのを綴っていきたいと思います。

で、まずは外廻りから。

ホントは、外観の写真をバァ〜んと載せたい所ですが、見る人が見れば我が家とわかってしまうので、それはちょっと恥ずかしいと思い遠慮させて頂く事にしました。
スイマセン。

外壁は、ニチハのモエンサイディングW/くしびき調 12o(オフホワイト)です。
イメージがシンプルモダンな感じだったので、すっきりと柄の無いものにしました。
長期的に見て汚れの心配もありますが、その時はその時で(笑)イメージを優先しました。
また、厚みがもっと厚いのもあって、その方が何かとメリットもある様ですが、そこは予算の兼ね合いで12oに......。
でも、とっても満足しています♪

一部、アクセントに木も使っています。
そこは、外壁とは対照的にこげ茶色にしています。
たまに、おそば屋さんみたいだ......と言われます(笑)
塗装には、【木材保護着色塗料】オリンピック オイルステイン ソリッド(濃色塗りつぶし・含浸タイプ)のオックスフォードブラウンを使用しました。

屋根は、ガルバリウム鋼板のスチールグレーです。
「JFE鋼板」という会社の商品です。

窓は、YKKapのプラマードVで、外側はプラチナステン色、内側はホワイト色です。
寒冷地なので、窓ガラスはLow-Eガラスにしました。

それと、玄関ドアもYKKapのもので、ヴェナートのカジュアルタイプ03型(メロウチェリー)です。
一部使った木の部分というのは玄関廻りなので、色を合わせました。
YKKapのサイトURLはこちらです。→http://www.ykkap.co.jp/index.asp


......とまぁ、こんな感じです。
写真がないので全体像が掴めないとは思いますが、至ってシンプルな外観です。
ホントに、住宅街の中にあるおそば屋さん........って感じです。
時々、のれん出したら勘違いして誰か入ってくるかも......とかホントに思います(笑)

親戚とかに「白とは思い切ったね」....みたいな事を言われましたが、案外普通です。
汚れとかも今の所気になりませんしね。
やっぱり、外観は家の顔なので、イメージ通りにして良かったなと思っています♪


 

土地を探そう 

2006年03月22日(水) 12時20分
家を建てる事が決まったら、まずは土地探し!
でも、土地ってどうやって探すの?どこがいいの?という方も多いはず。
実はmuもそう(笑)
そこで、土地探しのポイントをまとめてみましたので、よかったら参考にして下さいね。



■ 1.何から始める?

やっぱり最初にする事は、どこに住みたいのかを決める事。
ここ!という所があればそれでもいいですし、漠然とこの辺で...というのでもいいと思います。
そして次は情報収集です。新聞や住宅情報誌、インターネットなどでどこの土地がいくらぐらいするのか、どんな土地があるのかを知りましょう。
土地情報には、平米いくらとか、坪いくらとかの目安となる金額が乗っているので、大体の相場の金額を知る事が出来ます。
まずは、情報を得る事から始めましょう。


■ 2.どこで探す?

どこの不動産屋さんを訪ねたらいいのか?っていうのは結構重要な問題ですよね。
でも、ちょっと待った!!
せっかくお家を建てるのなら、ハウスメーカーの営業さんに探してもらいましょう。
まだ、どこに頼むか決まっていなくても、検討中のハウスメーカー全社に頼めばいいことなので大丈夫。
ハウスメーカーに頼む利点としては、建てる家の事迄考えて土地を探してくれるという事です。
場所が良くても、土地にものすごく高低差があったり、地盤が悪い場合は補強とかもしなくてはいけないので、そういう事も加味して探してくれます。
いい土地があったら、それに合わせてプランを書いて持って来てくれる事もあり、イメージが湧いていいです。
また、ハウスメーカー自体が良い土地を持っている事がありますので、そういった情報を得る事も出来ます。
ただし、頼みっぱなしにするのはよくありません。
土地は早い者勝ち!
いい土地程あっという間に無くなってしまいます。
自分でも常に探す姿勢を保ちましょう。


■ 3.隠れた土地?

土地には、いわゆる市場に出回っている土地と、そうでない土地があります。
そうでないと言うのは、単純に個人売買で売れてしまったり、出回る前にすぐ売れてしまったりなども含みます。
先にも述べましたが、土地は早い者勝ちです。
新聞やインターネット、情報誌等に載るのを待っていては遅い事もあるのです。
そんな隠れた土地達を逃がさない為にも、不動産屋さんに足繁く通ったり、探しているエリアに売りに出ている物件がないか、足で探してみるのも良いと思います。


■ 4.良い土地情報があったら?

いい土地情報があったら、現地に足を運んでみましょう。
周辺の雰囲気を確かめたり、もより駅やバス停まで歩いてみたり、学校や職場までの道のりを確かめたりと、自分の目で確認する事が大事です。
夜や曜日を変えて行ってみるのもオススメです。
その上で気に入ったら、いよいよ購入です。
その時点で、家を建てるメーカーが決まっているなら、その営業さんに連絡すると、土地の売買からお手伝いをしてくれます。
買い付け(土地の予約みたいなもので、基本的にはお金はかかりません。ただし、優先権という訳ではないので、予約中に購入されてしまう事もあるので気をつけましょう)を入れてくれたり、不動産屋さんとの色々な手続きなども行ってくれます。
営業さんは便利屋さんの様ですね。
反対に、まだメーカーが決まっていない場合は、自分で不動産屋さんと売買の手続きを取らなくてはいけません。
もちろん不動産屋さんも、認可を受けて営業しているプロフェッショナルなので、心配無用!わからない事は納得いくまで相談にのってもらいましょう。


■ 5.注意する事は?

こんな人はいないと思いますが、先に土地をローンで買って、後で家を建てる時に、その土地のローンが残っていて家のローンが組めないという事がまれにあるそうです。
分譲マンションを購入した後に、一戸建てを建てようという人も同じです。
土地を先に購入する方は、後の家の事も考えてローンを組むか、現金で買いましょう。
また、怪しい不動産屋さんを見分けるのはとても難しい事です。
でも、1つの判断基準としては、あまりにもすぐに入金を要求されたらちょっと疑ってもいいかも。
不動産屋さんといえどもサービス業みたいなもの。
対応に誠意が感じられなかったり、信頼出来ない感じの所はやめた方がいいでしょう。



正直、土地の事は私もイマイチ良くわかってないんです........。
我が家の場合は、ハウスメーカーで持っている土地を購入したので、ローンの事とかも含めて一から営業さんにおんぶに抱っこでした。
また、地域によっては、家の外観やケーブルテレビの加入などの制限があったり、町内会費、水道代、ゴミ出しのルールなども違います。
なので、目先の事だけでなく、住んだ後の事も考えて、自分たちにあった土地を探すのが良いと思います。

まずは、自分たちの方向性をしっかり決め、その上で、専門家の意見も取り入れて柔軟に考えを変化させて行く余裕を持つ事がポイントだと思います。

モデルハウスに行こう! 

2006年02月10日(金) 15時24分
モデルハウスって立派なお家ばかりで、楽しくてついつい夢が膨らんでしまいますよね〜。
でも、浮かれてばかりもいられない!!
モデルハウスは、ハウスメーカーのドアを叩く第一歩!
そこでちょっとだけmuなりの攻略法を御紹介しちゃいます。


*一ケ所に色んなメーカーのモデルハウスが建っている所を想定しています。よかったら参考にしてみて下さい。(全てが有効とは限りませんので注意してくださいね)

*定休日は殆どのところが水曜日です。その他、会社によっては火曜日と木曜日がお休みの所もありますよ。


■ 1.どの家を見る?

手始めに色んなモデルハウスを端から順番に見て行こうと思っても、時間が足りなかったり、営業マンがしつこくくっついてきたりして案外うまくいかないものです。
ここだけは見たい!という所があれば、そこから見ましょう。
特になければ、外観のデザインや工法の違いなどで、気軽に決めて入ってみましょう。
もし、その日見た所に気に入った会社がなければ、また来るぐらいの心の余裕があった方がいいと思います。
各会場には総合案内所的な場所があり、各会社のパンフレットを置いていますので、そこでどこにするか決めてから見に行くのもいいでしょう。
でも、インスピレーションは大事ですよ!


■ 2.アンケートって何?

どこのモデルハウスの入り口でも、アンケートと称した個人情報の記入をさせられます。
個人情報保護とかの時代に、そんなに簡単にしかも数社のアンケートに記入していいものか?と思ったりするのは私だけではないはず。
でも、家を建てるとなると、最終的には全くの他人の営業マン(その他の社員さんもかな?)に年収から何からぜーんぶ知られてしまいますから、検討する為には仕方ないのかも。
また、無料で家に関する情報や資料等を提供してもらうわけですから、個人情報はその為の必要経費と思った方がいいのかもしれません。
そもそも、営業されては困る、迷惑と思うのであれば、行かなければいいわけなのでね....。


■ 3.営業マンは選べないの?

指名制度とかあったらどうなのかな?なんて思ってしまいますが、そのような事をしている会社は殆ど聞いた事がありません。
でも、絶対に指名出来ないってわけではないので、裏技?を御紹介します。

● 1.紹介〜
既にどこかの会社で家を建てた人に担当の営業さんを紹介してもらうという方法です。
紹介だと事前に人柄なんかもわかって安心感があるし、営業さんも紹介してくれたお客さんの信頼を裏切らないように、いつも以上に気合いが入るそうです。

● 2.営業マンに会わない(笑)〜
モデルハウスで最初に営業マンに会わなければ間接的に指名ができます。
営業さんはモデルハウスにずーっといるわけではない様なので、そういう時にはアドバイザー等と呼ばれる女性の方が対応して下さいます。
その方に、営業さんはこんな人がいい!という希望を伝えておくと、多少でも希望に近い方を紹介してくれる可能性がでてきます。
あくまで可能性です。
希望に近い人がいないかもしれないし...(笑)
営業の人がいない確率が高いのはやはり平日。
機会に恵まれた方はお試しあれ。

...というわけで、選べない事も無いのですが、やっぱり最初の出会いから家づくりは始まる訳で、そのめぐりあいを楽しんでもいいのかなとも思います。
たまにあちこちのサイトを見ていると、どうしてもフィーリングが合わなくて営業を変えてもらったなんて話しがのっていたりします。
でも、それってお互いに気まずくないのですかね?最初にあたった人が合わなければ、その会社とは縁が無かったって思った方が潔い気がしますが........なかなか難しい問題ですね。


■ 4.見るポイントは?

モデルハウスはゆったりとしていて素敵だけど、間取りも値段も現実的じゃないですよね。
では一体何を見るのか?
それは、ズバリ!?いいとこ探しと悪いとこ探しです。
玄関から入る時に、そこを自分の家と思って入ると「あ、ここはこうじゃないと...」とか「ここはこれでよし!」とか色んな事が見えて来ます。
ウチは来客が多いから居間はこれじゃ狭いとか、靴が多いけどここの収納だったら全部入りそうとか、そんな感じで色んな発見が出来ると思います。同時に1日の生活を思い浮かべると、もっと具体的にあら探しができるかも。
そこで得た"あら"を材料に間取りの要望を言えば、営業さんや設計士さんに伝わりやすいと思いますよ。


■ 5.案内って?

モデルハウスでは営業さん等が案内をしてくれます。
営業さんとコミュニケーションを取る第一段階なので、色々お話してみるのがいいと思います。
家づくりが楽しく出来るかは、この営業さんにかかっていると言っても過言ではありません。
この人にならお願いしても良さそうだなと思ったら、プランニングを依頼してみてください。
建物本体の事はもちろん、土地探しからお金の事など、様々な相談に応じてくれます。
ここからが本格的な家づくりのスタートです。
もちろんこの時点で1社に絞る必要はなくて、他に検討したい会社があれば、そちらにも同じように依頼出来ます。
ただし、沢山の会社に依頼し過ぎると、後で断るのが大変なようなので気をつけて下さいね。



以上が、簡単ですがモデルハウス見学のポイントです。
結局、行き着く先は人と人とのコミュニケーション。
良い営業マン、会社に巡り会えます様に!!

はじめにする事 

2006年01月07日(土) 14時46分
これから家を建てようと検討中の方は、ご自分で色々と調べられてると思うのですが、ちょっと先輩面してアドバイス
家を建てようと思ったら、いきなりモデルハウス等に行く前に、下記の事をまとめてみるといいですよ。


■ 1.いつ住みたいのか?〜建築時期の検討

いつからその家に住みたいのか?
これにより具体的な建築時期が決まって来ます。
最近は、雪の降る地域でも冬期の施工が行えるようですので、冬に建築して春に引っ越しも可能だそうです。
特に入居時期の希望がある場合は、そこから逆算しての検討が必要なので、間に合わない!なんて事がないように注意しましょう。


■ 2.誰と住むのか?〜同居者の検討(単世帯か2世帯かなど)

何人でその家に住むのか?という当たり前の事ですが、これ案外大切です。
今は子供一人でも、将来増えるかもしれないですし、両親と一緒に住む事になるかもしれません。
そういった将来の変化も想定すると、間取りにも反映できていいようです。
増築出来る余裕を持たせておく...なんて事も出来ますしね。
ペットがいるかどうか、これから飼うのかどうかも大事ですよね。


3.どこに住みたいのか?〜土地の検討

職場への通勤や、交通の便、買い物、子供の通学(学区)、町並みなど、検討要素は多数あります。
実家に近い所や、海が見える所、山奥!などという条件の方もいるようです。
全ての条件を満たした土地を探すのはやっぱり難しいと思うので、これだけは譲れない!という条件を設定しておくと良いと思います。
ただ、それにこだわり過ぎても良くはないと思うので、広い視野で検討する事が大事なんだと思います。
もちろん土地をお持ちの方は、検討しなくていいのでうらやましい限りです...。


■ 4.どんな家に住みたいのか?〜間取りやイメージ等の検討

雑誌や広告等を見て、どのような家にしたいのかイメージを固めておいた方が良いと思います。
居間や台所の他に何部屋欲しいのか、和風がいいとかカントリーっぽいのがいいとか。
気に入った雑誌等をファイルしておいたりすると良いかもしれません。
また、お風呂はジェットバスをつけたいとか、ホームシアターにしたいとか、造り付けの食器棚が欲しいとか、設備に関する具体的な希望もまとめておくと良いと思います。。
もちろん予算に限りはありますから、全ての要望は叶わないにしても、あとからホントはあれもしたかった.....となるよりは、ダメ元であらゆる要望を出して、予算に合わせて削ぎ落とす方が良いのではないでしょうか。


■ 5.いくらぐらい出せるのか?〜建築予算の検討

ローンを組む場合、一体いくら借りられるのかを事前に知る為に、年収、自己資金(現金)をいくら出せるか、月々の支払額とボーナス払いの希望額、他の借り入れがあるかどうか(車のローンやカードの支払い等)を把握しておく必要があるそうです。
普通は把握してるものなのかな?
月々の支払金額の検討は必須で、最初は多くの方が現在の家賃以下になれば....と考える様です。
なるかどうかは人によりますが、自分たちが月々無理なく払って行ける額で、ごく一般的な額と考えれば良いのではないでしょうか。
払えるのなら高いにこした事はないですがね.......。



以上です。
ホントに必要最低限の事ばかりですが、参考になれば良いなと思います。

すっかり完成です... 

2005年12月26日(月) 13時56分
前回の日記で、もう家が完成していると書きましたが、10月30日に引っ越したので、もうすぐ2ヶ月経とうとしてますね。
なのに、全然追い付かない日記....(苦笑)
で、久々更新しようと、撮りためた写真(あんまりないのだけど....)を見ていたら、ない!

前回の写真から完成までが全然ない!!

思い起せば数カ月前、元々建て売りと言う事で計画の進んでいた我が家は、工期が最初から決まっていました。
なので、大工さんの工事の完了からは、割と急ピッチで内装工事が進められた為、気が付くと出来ていた......。
なんて、やる気の無い建主....(苦笑)

その後我が家は、完成現場見学会等を経て、現在に至るわけです。
長かった.......と思うのかなぁ?と思っていたら、あっという間で短かった〜。
我が家は勢いで購入を決めてしまった様な所があるので、正直、検討期間が異常に短い!!
なので、ベルトコンベヤーに乗るように、「ハイ、次ぎ!ハイ、次ぎ!」と進んでしまいました。
....というよりもハウスメーカーに進めてもらったって感じ。
これ、最近話題の悪徳リフォーム業者なら、うちは騙されてしまってるなぁ...と思う程おまかせでした。
だから、私ったらイマイチローンの事とかわからない...。
難しい話が苦手なので、その辺は夫の担当なのよ。
友人に質問されても、答えられないダメな私。

というわけで、完成してしまったので、これからは、使用した商品とか使いごごちとかをレポートして行きたいなぁと思います。
これからも、末永くよろしくお願いしますね♪

細かい所も..... 

2005年12月04日(日) 2時52分
久し振りの更新です。
実は、もう引っ越しちゃいました....
しかも、既に入居1ヶ月。
そんなわけで、バタバタと忙しかった事もあり、こちらの更新が滞ってしまっていましたが、工事中の記録も少しずつ更新して行きたいと思います。


で、これは前回の内容から、さらに2週間程経った所です。
玄関収納がつきました。


お風呂には、浴室テレビがつきました。


あと、リビングには飾り棚がつきました。


大工さんの工事が終わるまで、もう間もなくです

着々と.... 

2005年10月15日(土) 20時32分
家の中の工事が、着々と進んでいきます。
前回の記事から約1週間後のものですが、穴だらけだった階段がほぼ完成しました♪


脱衣場につける電動物干の箱?もついています。



前回は一部だけだった外壁も全部貼られました。
足場のカバーがとれて、大分全景がわかるようになりました。
そう、我が家は白いです。


汚れやなんかも気になりますが、イメージ優先で選んでみました。
明るくて、シンプルなので気に入ってます

家っぽくなってきました 

2005年09月22日(木) 14時25分
上棟式から2週間とちょっと。
家の中に仕切りらしきものが出来てきて、大分家っぽくなってきました。
...と同時に、開放感のあった家の中が、ちまちま区切られていくので、むむ....ちょっと狭い!?と思ったりもします。
あんまり現場に行かない不良施主ですが、行ける時はドリンクを持っていって大工さんを労っています。....つもりです。
そんな私達にも、大工さんは親切なので嬉しいです♪ 

で、まだ途中ですが階段がつきました。
今迄は、はしごで2階にのぼっていたので、とっても楽になりました。
これだけで家っぽい。



ユニットバスが入る所でも着々と準備が出来てきています。
早く入ってこないかなぁ...。



外壁も貼られました。
この時はまだ途中だったので、足場があって全体が撮れませんでした。
こちらも、早く全体像が見たいです。
楽しみだなぁ...。

上棟式 

2005年09月13日(火) 10時25分
すっかり更新をさぼっている間に、もうお家出来ちゃいました...(苦笑)
というわけで、家づくりの日程とこの日記の日付は全くリンクしておりませんので、御注意下さいませ。

さてさて、本題の家づくり。
あんまり現場に行けずにいたら、あっという間に上棟式が来てしまいました。
最近は、家がある程度かたちになった状態で上棟式をするので、実際、上棟はもう済んでしまっていたりします。
そんな事もあって、本式ではないけれど、殆どそれと同じになるように、大工さん達が色々と工夫をして式を行って下さいました。


子供の頃に、御近所の上棟式を見に行った事があったけれど、そんなの遠い昔の話。
殆ど初めて見る様な事ばかりで、とっても新鮮!!そして感動!!
大工さんや会社の方々のお陰で、とても良いお祝になりました。
式終了後は餅まきも行いました。
御近所の方々に沢山来て頂いて、出席してくれた夫の両親も、とても喜んでいました。
費用は多少かかるけれど、やっぱり上棟式やってよかったなぁ...と思いました
ハウスメーカーの方々、大工さん、その他御協力頂いた方々、お心づかい頂き、本当にありがとうございました。

......で、基礎から一気に上棟まで進んでしまったのは、あまりにも現場に行かなかったので、独特のパネルの組み立てとか、そんなのの写真が全く無いからなのです。
こんなに、お気楽な施主って、そうそういないよねぇ...。
スミマセン...。

ブログタイトル 

2005年07月22日(金) 0時49分
ブログタイトルを変更しました。
といっても、"お気楽"がくっついただけですが...。
自分で、こんなブログを始めてから、色んな方のサイトにお邪魔するようになったのですが、皆さん細かい!!(←もちろんいい意味で)
すごい現場に足を運んでいるし、写真も沢山とっていて、本当に記録として成り立っていて、参考になることも沢山あります。
それに比べて私ったら........すんごいテキトー。
現場もあんまり行ってないし、このブログの更新もさぼり気味....(苦笑)
全然、参考にも何にもならないブログが出来てしまっています。
そこで、そんな私みたいに気楽な家づくりがしたい人に(←きっといるはず......よね?)わかりやすように、"お気楽"をくっつけたってわけです。
なんともトホホな言い訳ですが、これから「家づくりお気楽コース」を体験したい方の
参考になればいいなと思います。
ま、あとは自己満足ということで....(笑)