感染性胃腸炎(小児) - Infectious Enterocolitis 

October 07 [Sun], 2007, 19:03
感染性胃腸炎(小児) - Infectious Enterocolitis

概説

感染性胃腸炎とはウイルスや細菌が原因となって腹痛や下痢をきたす病気の総称です。感染性胃腸炎はどの年齢の子どももかかる病気ですが、ウイルス感染による乳幼児の下痢症が頻度の最も高い疾患です。ウイルスの中では冬から春にかけてロタウイルスが原因になることが最も多く、最近では晩秋から冬にかけてノーウオーク関連ウイルスなどの小型球形ウイルスによる下痢症が増加しています。インフルエンザ、突発性発疹(ほっしん)、川崎病などでも下痢を起こします。一方、頻度は少ないのですが、感染すると重症になるのが細菌性胃腸炎です。病原性大腸菌、毒素原性大腸菌、組織侵入性大腸菌、腸管出血性大腸菌などの病原性大腸菌やサルモネラ、カンピロバクター、エルシニ

アなどが主な原因となる細菌です。細菌に汚染された食品を食べることにより感染します。病原大腸菌による下痢症は1年を通して発症しますが、6〜8月の気温の高い時期の発症が高い傾向があります。

症状

ロタウイルスなどのウイルス性下痢では病初期に嘔吐を起こします。熱は1〜2日ほどで、腹痛もあまりひどくないことがほとんどです。下痢は水様で、出血は少ないのが特徴です。また、嘔吐や下痢のために脱水症状が起きやすいのも特徴です。一方、細菌性下痢のうち細菌毒素を出すタイプでは突然の激烈な下痢と腹痛を伴います。血便もしばしばみられます。嘔吐、腹痛、下痢のために水分摂取ができず、体液を失うため、脱水が起きます。表1:脱水症の程度と臨床症例に示すように、脱水症の程度や血清電解質濃度に応じて症状に差がみられます。下痢症による脱水の多くは血清ナトリウム濃度の大きな変化がない等張性脱水(血清ナトリウム=130〜150mEq/l)ですが、まれに高張性脱水(血清ナトリウム>150mEq/l)や低張性脱水(血清ナトリウム<130mEq/l)となることがあります。また、水分の喪失が多いと高ナトリウム血症を伴う脱水(高張性脱水)となり、皮膚の緊張低下や大泉門(だいせんもん)の陥凹(かんおう)はみられず、末梢の循環は比較的良好ですが、倦怠感や不機嫌が目立ちます(表2:脱水症のタイプと臨床症例)。

診断

先に述べた臨床症状から診断をすることは比較的簡単です。下痢の原因となるウイルスや細菌を明らかにするため、便の細菌培養で起因菌を調べます。迅速診断キットにて便中のウイルス(ロタウイルス、アデノウイルスなど)や細菌(腸管出血性大腸菌O-157など)の検出を試みます。抗生物質などをすでに投与されたために便から細菌を検出できない場合には、凝集抗体価やベロ毒素抗体を測定することがO-157感染の診断の助けになります。前述の臨床症状の有無を調べ、体重を測定し、血液検査でヘマトクリット、電質、血液ガスを測定したり、尿中電解質やケトン体を測定し、脱水症の程度を評価します。

標準治療

下痢とそれに伴う症状や脱水を改善させることを第一の目的とします。嘔吐の激しい時には食事を一時止めます。水分をこまめに与えることができれば脱水の予防になります。できるだけ下痢止めの薬は与えませんが、整腸薬は比較的有効です。
 ウイルス性下痢症は自然に下痢が改善します。細菌性下痢症は時に重篤(じゅうとく)化し、死亡することのある疾患です。わが国では細菌性下痢症に対して抗生剤を投与することが多いのですが、投与すべきではないとする意見があります。実際には血便を呈する腸管出血性大腸菌、サルモネラ、カンピロバクター、エルシニアなどの感染症には短期間抗生剤を投与します。とくにわが国では、腸管出血性大腸菌感染症による下痢発症から1〜2日以内に抗生剤を投与すると、重篤な合併症である溶血性尿毒症症候群の発症率を下げることができるといわれています。脱水に対しては経口補液や輸液療法を行います。

●標準治療例
 嘔吐・下痢の激しい時には原則的に経口摂取を禁止します。

1)下痢・嘔吐に対して
 整腸剤:ビオフェルミン  乳幼児に1日量1〜2g 3回に分けて
 鎮吐薬:ナウゼリン坐薬  1回量体重1kgあたり1mg(1日2回まで)
 抗生剤:ホスミシン  1日量体重1kgあたり30〜50mg 3回に分けて

2)脱水症の治療
[1]経口補液療法
 ソリタT2号顆粒 乳幼児に1日6包(1包を100mlの水に溶解して飲ませる。ナトリウムの補充をしたい時に用いる)
 ソリタT3号顆粒 乳幼児に1日6包(1包を100mlの水に溶解して飲ませる。通常のウイルス性下痢症に用いる)

[2]輸液療法
第I期:欠乏に対する輸液(急速初期輸液)
 循環不全を改善するために尿が出るようになるまで急速輸液を行います。

(a)等張性脱水
 ソリタT1を輸液速度1時間量体重1kgあたり10〜20ml(乳児1時間あたり100〜200ml、乳児以上1時間あたり200〜500ml)で輸液します。普通は2〜3時間の輸液で尿が出るようになります。4時間経過しても尿が出ない時には1時間あたり100ml以下に速度を落とし、導尿や採血で急性腎不全の評価を行います。ソリタT1の代わりに生理食塩水を使用することもあります。

(b)高張性脱水
 高張性脱水には生食またはソリタT1を乳幼児1時間あたり100ml以下、学童1時間あたり150ml以下の速度でゆっくりと急速輸液を行います。血清Na値が1日に10〜12mEq/l程度下げるように調節します。

(c)低張性脱水
 36時間以内に低Na血症をきたした場合には急激な補正を行いますが、それ以上の時間をかけて成立した低Na血症には急激なNaの補正はしません。まず神経症状のでにくい血清Na値125mEq/lにまで上昇させます。そのために、必要Na量(mEq/l)=[125(mEq/l)-現在の血清Na値(mEq/l)]×0.6×体重(kg)から必要Na量を計算し、生理食塩水(Na濃度154mEq/l)を4時間かけて輸液します。それでも尿が出ない時には、ソリタT1を維持輸液量(=必要水分量)に脱水量の半分(例えば5%脱水では体重1kgあたり25ml)を加えた量から初期の4時間に投与した量を引いた量を20時間で尿が出るまで均等に輸液します。


第II期:緩速均等輸液
 失われた体液の補充を目的とします。急速初期輸液に続く20時間がこの時期に相当します。

(a)等張性脱水ソリタ
 T3を維持輸液量に脱水量の半分を加えた量からI期に輸液した量をひいた量をII期(24時間-I期に要した時間)に均等に輸液します。結果的には輸液総量は1日量体重1kgあたり100〜200ml、輸液速度はI期の1/4〜1/5(乳児で1時間あたり50〜70ml)となります。

(b)高張性脱水
 下痢症による高張性脱水には48〜72時間かけてゆっくりと水分と電解質を補充します。利尿後、ソリタT2:T3=1:2混合液(Na51mEq/l、K20mEq/l、Cl45mEq/l、P6mEq/l、

lactate20mEq/l、ブドウ糖3.9%)を輸液します。

(c)低張性脱水
 ソリタT2を等張性脱水と同様に輸液します。12時間経過し、血清Na値が130mEq/l以上になったらT3に変更して同じ速度で輸液します。血清Na値が130mEq/lならT2を続けます。

第III期:24時間均等維持輸液
 輸液開始24時間後から十分な経口摂取ができるまでの時期で、水電解質代謝異常の改善、細胞内Kの補充を目的とします。

(a)等張性、高張性脱水
 ソリタT3にて維持輸液量を24時間で均等に輸液します。高張性脱水では血清Naの補正速度が1日に10〜15mEq/l以上上昇しないようにします。

(b)低張性脱水
 血清Na値が130mEq/l以下である時は130mEq/lになるまでソリタT2を、130mEq/l以上ならT3にて維持輸液量を24時間で均等に輸液します。

生活上の注意

下痢が改善してきたら消化のよいおかゆなどの食事からはじめ、次第に普通の食事に戻していきます。

気管支炎(小児) - Bronchitis 

October 07 [Sun], 2007, 18:57
気管支炎(小児) - Bronchitis

概説

鼻や口から吸い込まれた空気は、咽頭・喉頭・気管・気管支・細気管支とすすみ、肺胞に達してガス交換が行われます(図:呼吸器)。気管より先が下気道と呼ばれますが、そのうち気管支レベルでの急性で一過性の炎症を急性気管支炎と呼びます。多くは上気道炎(鼻・咽頭の炎症、いわゆるかぜ症候群)に続いて起こります。ほとんどがウイルス性ですが、細菌・マイコプラズマなどの感染によることもあります。
 乳児や低年齢の幼児では、気管支炎の時に気道内の分泌物が増えると、もともと細い気管支がさらに狭くなり、呼吸のたびにヒューヒュー・ゼイゼイという喘息(ぜんそく)のような音(喘鳴〈ぜんめい〉)が聞こえることがあります。
 このような状態は喘息性(あるいは喘息様)気管支炎と呼ばれています。成長とともに気管支が太くなると3歳前後で自然に起こらなくなりますが、なかにはこの喘息性気管支炎が気管支喘息の始まりであり、喘息の発作に移行していく子もいます。
 気管支炎と似た症状を示しますが、悪化しやすく注意が必要なものとして急性細気管支炎があります。これは気管支がさらに枝分かれした細気管支という部分に炎症を起こしたもので、RSウイルスによるものが半分以上を占め、2歳くらいまでの小さい子が冬にかかることが多いものです。急に呼吸困難が強くなるため入院することが多い病気です。

症状

気管支炎の症状は次第に強くなっていく咳で、最初は乾いた咳ですが、やがて痰(たん)の絡んだ湿った咳になります。発熱を伴うこともあります。夜間の咳のため十分寝られなかったり、咳込みで吐いてしまったりすることもあります。
 喘息性(あるいは喘息様)気管支炎では、呼吸のたびに喘鳴が聞こえるようになります。喘息発作とは異なり呼吸困難は軽くて、ゼイゼイしながらも機嫌はよく食欲もあまり落ちないことが多いのです。
 細気管支炎はかぜ症状に始まり、次第に呼吸が速く荒くなり、喘鳴が聞かれることもあります。重症の時は数時間のうちに呼吸困難がすすみ、ミルクも飲めなくなってぐったりしてきます。

診断

胸部の聴診を行い、乾性ラ音(かんせいらおん)や湿性ラ音(しっせいらおん)などの異常音の有無をみます。胸部レントゲン写真では肺門の陰影や肺紋理(はいもんり)が増強していますが、肺野の斑状陰影や間質陰影の増強など肺炎を示す像はみられません。喘息性気管支炎や急性細気管支炎では、気道の閉塞が強い場合には、レントゲン上肺の過膨脹が認められます。

標準治療

咳や発熱のみで全身状態のよい場合は外来で治療します。

●標準治療例
1)鎮咳剤:アスベリン、メジコンなど

2)去痰剤:ムコダイン、ムコソルバン、ビソルボンなど
 (例)1歳 アスベリンシロップ  1日量6ml
 ムコダインシロップ  1日量6ml 1日3回に分けて内服

3)気管支拡張剤
 喘鳴のある時は、メプチン、ホクナリンなどのβ刺激薬が内服や吸入・テープ剤などの形で使用されることがあります。
 (例)ホクナリンドライシロップ  1日量体重1kgあたり0.04mg 1日2〜3回に分けて内服

4)抗生物質はウイルス性のものには無効ですが、発熱や膿性の痰があって細菌感染の合併が疑われる時は内服を行うこともあります:サワシリン、エリスロシン、セフゾンなど
 (例)サワシリンドライシロップ  1日量体重1kgあたり30mg 1日3回に分けて内服

●呼吸困難や摂食不良があり全身状態の悪い時は入院治療となります。

1)脱水のある時や摂食不良で水分のとれない時は点滴を行います。
 (例)1歳 ソリタT3  1日量体重1kgあたり100ml

2)気道を加湿し、鼻汁や痰を吸引器で吸引します。

3)内服できない時は抗生物質も点滴で投与します。

4)喘鳴のある時はβ刺激薬の吸入を行うこともあります。
 (例)1歳 ベネトリン  0.1ml
 インタール  2.0ml 吸入1日3〜4回

5)外来で使用していた鎮咳剤・去痰(きょたん)剤などは内服を継続します。

【特殊治療】
 急性細気管支炎の場合、とくに乳児であれば急速に悪化しやすいので入院することが多くなります。前述の入院時の一般治療に加えて、[1]低酸素血症になっていないか、血中二酸化炭素濃度が高くなっていないかをモニターします。[2]低酸素血症になっていれば加湿した酸素を投与します。[3]重症で、血中二酸化炭素濃度が治療にも反応せず高値である場合は、小児専門施設での治療が必要となり、気管内挿管をして呼吸管理を行う場合もあります。

生活上の注意

急性気管支炎は適切な治療が行われれば一般に予後は良好です。細気管支炎の場合は、低出生体重児や心臓疾患のある子どもでは致死的経過をとることもあり、注意が必要です。

気管支喘息(小児) - Bronchial Asthma 

October 07 [Sun], 2007, 18:44
気管支喘息(小児) - Bronchial Asthma

概説

喘息は、何らかの原因で気管支の筋肉が収縮して狭くなり、同時に気道に痰(たん)などの分泌物が増えてつまるため呼吸困難を起こす病気です。
 小児の気管支喘息は成人の喘息に比べてアレルギー体質が原因のことが多くなっています。90〜95%がアトピー型と呼ばれるもので、特定のアレルギー原因物質(アレルゲン)に対するIgE(免疫グロブリンE)抗体が認められます。アレルゲンとして多いのは、ほこり、ダニビ、花粉、ペットの毛、タバコの煙などです。天候の変化やかぜなどのウイルス感染も発作の引き金になります。近年、喘息の本体は慢性の気道の炎症であり、これに伴って気道の過敏性が起こり急性の気管支の狭窄(きょうさく)や分泌物の増加をきたすと考えられるようになりました。この概念に従って、喘息の治療は急性の発作を抑えるだけでは不十分で、慢性の気道の炎症を治療することが重要とされるようになり、ガイドラインが作成されて治療方法が大きく変わってきています。

症状

喘息の咳はかぜの咳と違って、発作性に反復して起こり、気管支が狭くなっているため息を吸うよりも吐くことが困難で、呼気時にヒューヒュー・ゼイゼイという音(喘鳴〈ぜんめい〉)が聞かれます。また昼間は調子がよくても夜間や早朝に発作が強くなります。
 発作は呼吸困難の程度と検査の値によって小発作・中発作・大発作・呼吸不全に分けられています(表1:発作程度の判定基準)。また、その発作が起こる頻度も加味して、喘息の重症度と治療方針が判断されます(表2:治療前の臨床症状に基づく発作型分類と治療ステップ)。

診断

診断のポイントは第一に臨床症状です。発作性・反復性に喘鳴、咳、呼吸困難があれば気管支喘息が疑われます。家族のアレルギー疾患や、本人がアトピー性皮膚炎など他のアレルギー性疾患をもっているかも参考になります。発作時に聴診すると呼気時に乾性ラ音(かんせいらおん)が聞かれます。気道内の分泌物のため湿性ラ音(しっせいらおん

)が聞かれることもあります。軽症の場合は吸入療法でこのラ音が消失します。
 診断のための検査では、血液検査で白血球中の好酸球の増加があり、アトピー型のものは血中IgE抗体が高く、ダニなど特定のアレルゲンに対するIgE抗体が認められます。

呼吸機能検査では、気道の閉塞のため呼気が十分できずピークフロー(PEF:最大呼気流量)が減少しています。これを利用して安価なピークフローメーターが作られ、喘息の状態をモニタリングするために利用されています。発作が重症になると、酸素飽和度(Spo2)が下がり動脈血二酸化炭素分圧(Paco2)が上がるため、強い発作の時にはこれらを測定します。
 気管支喘息の診断がついたら、表1:発作程度の判定基準に従って発作の重症度とそれらの発作がどのような頻度で起こっているかを評価します。

標準治療

治療は発作をまず抑えるための治療と、その治療によっていったん発作が落ち着いた後、長期的に気道炎症をコントロールするための治療とに分けられます。とくに、喘息は慢性の気道炎症であるということから、後者の長期的な管理が重要であると考えられるようになってきました。1992年に米国NIHから喘息の診断や治療に関するガイドラインが発表され、わが国でも成人・小児のガイドラインづくりがすすめられてきました。
 ここでは日本小児アレルギー学会によって2000年につくられ、その後毎年のように改訂が加えられてきた「小児気管支喘息 治療・管理ガイドライン」を中心に紹介します。

このガイドラインは年齢・重症度別に詳細に述べられているので、ここではそのごく一部を紹介しているにすぎません。ガイドラインの内容をわかりやすく要約したものは、リウマチ・アレルギー情報センターのホームページ(http://www.allergy.go.jp)で見ることができます。

1)急性発作に対する治療
 発作を起こした時、病院からあらかじめ発作止めの薬(吸入薬や内服薬)をもらっている場合はそれを使用し、小発作〜中発作であれば、改善すれば自宅で様子をみます。

改善しない場合、とくに中発作以上の時は医療機関(救急外来)の受診が必要です。医療機関では、小発作・中発作・大発作・呼吸不全の重症度と年齢に応じて治療が行われます

[1]β刺激剤の吸入
 (例)学童 ネブライザーでインタール2.0ml+ベネトリン0.2mlを吸入
 または加圧式定量噴霧式吸入器(サルタノールインヘラー1吸入など)

[2]アミノフィリンの点滴
 (例)学童 ネオフィリン 体重1kgあたり4mgを30分以上かけて静脈内注射(静注)した後1時間量体重1kgあたり0.8mgで持続点滴
 大発作の場合、および中発作でもここまでの治療に反応しない場合、入院治療の適応となります。

[3]ステロイド薬静注
 (例)ヒドロコルチゾン 体重1kgあたり5〜7mg 発作状況に応じて4〜6時間ごとにゆっくり静注

[4]呼吸不全に対する治療
 大発作で治療にもかかわらず改善がみられない場合は、気管内挿管・人工呼吸が必要となります。人工呼吸に移行できる体制の下で血圧・心拍などをモニターしながらイソプロテレノール持続吸入療法が行われます。

2)長期管理
 発作持続状態と年齢に応じて図2のような治療を行い、十分発作がコントロールされない場合はステップアップを、発作が抑制されればステップダウンを行っていきます。治療によっても改善しない場合や、ステップ4以上の治療を行う場合は専門医を受診する必要があります。

これは薬物療法のプランであり、治療の前提としてアレルゲンを突き止め、それを避けるよう努めることが重要なのはいうまでもありません。以下に長期管理に用いられる薬物療法の具体例を挙げます。

・抗アレルギー薬
 ザジテン・アレギサール・セルテクト・オノン・シングレアなどの内服、インタールの吸入。

・テオフィリン徐放製剤
 テオドールなどを長期に内服。血中濃度をモニターすることが望ましい。乳幼児にテオフィリン徐放製剤を使うと発熱時にけいれん重積(けいれんが止まらなくなること)を起こすことがあるため、乳児やけいれんを起こしやすい子どもでは使用を控える傾向にあります。

・吸入ステロイド剤
 吸入ステロイド剤は内服や注射のステロイドに比べて全身的な副作用が少なく、気道の慢性の炎症を抑えるのには最も有効な薬のため、成人では第1選択で使われますが、小児でも持続型の喘息をコントロールするのによい薬です。キュバール、フルタイドなどを1日2〜4回吸入します。

生活上の注意

軽症・中等症では、思春期までに軽快・治癒する傾向があるため、小児の喘息は、年を追って経過をみながら、生活の質が低下しないよう発作をコントロールしていくことが基本的な方針です。思春期は軽快に向かうことも多い時期である一方で、病院の受診率が低下し、薬の飲み忘れも多くなるため、重症の発作を起こすと喘息死につながりやすく注意が必要です。発作を繰り返す場合は軽症でも積極的にステロイド吸入を導入するなど、発作を起こさないよう非発作時から管理をしていくことが結果として予後を改善するのです。

水痘(水ぼうそう)(小児) - Varicella(Chickenpox) 

October 07 [Sun], 2007, 18:31
水痘(水ぼうそう)(小児) - Varicella(Chickenpox)

概説

水痘(すいとう)帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルスの感染により起こる病気です。水痘帯状疱疹ウイルスはヘルペス族に分類されるDNAウイルスで神経細胞に感染しやすい性質があります。以前は水痘と帯状疱疹は別のウイルスによる病気と考えられていましたが、後に同じウイルスにより起こることがわかり、このような長いウイルス名に。このウイルスに初めて罹患(りかん)した時は水ぼうそうを発症します。水ぼうそうが治ったあともこのウイルスは感染した人の神経根に潜み続けます。そして抵抗力が低下した時に活動が始まり帯状疱疹を発病します。潜伏期は10日から21日の間です。小児が罹患した場合、水ぼうそうは通常軽い病気です。しかし成人や免疫力が低下した人が感染すると重症化することが多く、中には死亡する場合もでてきます。

症状

水疱(すいほう)化する発疹が特徴的な病気です。発熱はみられたりみられなかったりですが、年長児や成人には多くみられる傾向があります。発熱がみられる場合は通常、発疹が出現する1〜2日前より出現します。発熱と同時に全身倦怠感、食欲低下、頭痛、腹痛などがみられる場合もあります。発熱など発疹以外の症状は2〜4日以内に普通治ま。発疹は最初体や頭、顔などから出はじめ、次第に全身に広がります。はじめは赤い小さな丘疹(きゅうしん)で周囲に紅斑を伴っていて、虫刺されによく似ています。これが1〜2日たつと直径2〜3mmくらいの水疱となり、かゆみを伴います。発疹はこのあと乾いたり破れたりしてかさぶたをつくり自然に治っていきます。発疹は最終的にはすべての皮膚や粘膜に出現する可能性があり、頭の中、口の中、まぶたの裏、外陰部などにもみられることがあります。発疹の総数は10個くらいから1,000個以上まで様々です。病気や治療のため免疫力が低下している場合や、皮膚に湿疹や日焼けなどの異常のある場合は、発疹がひどくなる傾向があります。発疹のあとは白く抜けた感じで残ることがあります。これも数週間で消えることが普通で、あとあとまで残ることはまれです。

診断

通常は臨床的診断が主となります。虫刺されのような発疹が1〜2日で水疱化すれば、その時点で診断がつきます。地域で水ぼうそうの流行が確認されていて、本人がこれまで患や予防接種を受けたことがないことがわかっていれば、発疹が出現した時点でもおよその診断がつきます。採血し血清中の抗水痘帯状疱疹ウイルスIgM抗体の上昇、または病初期と2週間後とで比較した抗水痘帯状疱疹ウイルスIgG抗体の4倍以上の上昇が証明できれば診断が確定できます。また水疱の内容物より水痘ウイルスの分離ができれば診断はより確実です。しかし通常は採血やウイルス分離による診断まで行われることはありません。

標準治療

●標準治療例
1)抗ウイルス療法
 ゾビラックス顆粒、1日量体重1kgあたり80mgを4回に分けて3日間内服します。発症から2〜3日以内に内服を開始すれば経過を軽くする効果があります。水ぼうそうは小児が患した場合、通常は経過の軽い病気です。状況により軽症で経過することが予想できる場合は、ゾビラックス顆粒の内服を行わない場合もよくあります。逆に高熱を伴って元気がなかったり、発疹が多数出現していたり、乳児が罹患した場合などでは、ゾビラックス顆粒を積極的に投与します。

2)発疹に対する治療
 カチリ、1日1〜数回水疱に塗布します。カチリの成分であるフェノール(2%)は防腐、消毒、かゆみを抑える作用があり、同じくこの薬に含まれる酸化亜鉛には水疱の内容を吸収する作用があります。これらの作用で発疹のある場所の皮膚面を保護します。

【その他の治療】
 点滴静脈内注射(静注)用ゾビラックス、体重1kgあたり5mgを8時間おきに1日3回1時間以上かけて点滴静注します。重症の水痘、とくに免疫不全のある場合などでは経口薬による治療では効果が不十分なため、入院して点滴静注による治療を行います。 

生活上の注意

小児の場合、通常は予後は良好で、後遺症はありません。まれに髄膜(ずいまく)炎や脳炎を発症することがあります。また水痘罹患時にサリチル酸(アスピリンなど)を服用するとライ症候群を発病する危険が高くなることが指摘され、現在では水痘罹患時での使用を禁止されています。水痘は一度罹患すると終世の免疫が得られますが、ウイルスは体内に残り、免疫力が落ちた時に活動をはじめて帯状疱疹(たいじょうほうしん)を発病します。

手足口病(小児) - Hand Foot And Mouth Disease:HFMD 

October 07 [Sun], 2007, 18:20
手足口病(小児) - Hand Foot And Mouth Disease:HFMD

概説

手のひら、足の裏および口腔内に特有の水疱(すいほう)性の発疹ができる夏かぜの一種です。原因は主に腸管ウイルスであるコクサッキーA群16とその変異型およびエンテロウイルス71の感染です。まれにコクサッキーA群5、7、8、10、コクサッキーB群2と3、エコーウイルスの感染によるものもあります。このように原因ウイルスが数種類あるので、何度もかかることがあります。
 感染経路は咽頭分泌物に含まれるウイルスの飛沫感染(空気感染)か、便に排泄(はいせつ)されたウイルスの経口感染です。感染が最も強いのは急性期ですが、回復後も長期(2〜4週)にわたり便からウイルスが排出され、感染源となりえます。
 毎年6〜9月に流行し、だいたい2〜3年ごとに大流行しています。最近日本では1988年、1990年、1995年に大流行しました。1997年にはマレーシアで、1998年には台湾で大流行し、心筋炎や急性脳炎などの合併症による死者も報告されました。日本でも1997年と1998年の流行時には手足口病の経過中に死亡あるいは重篤(じゅうとく)な神経症状を合併した例が多数報告されています。
 最もかかりやすい年齢は1〜5歳ですが、成人にも感染します。成人例では皮膚症状が強く現れることもありますが、一般に症状は年齢がすすむにつれて軽くなる傾向があります。潜伏期は3〜4日くらいで、全経過は1週間程度です。

症状

手のひらや指、ひじ、足の裏、ひざ、おしり、口腔内に水疱性の発疹が現れます。乳児はとくにおしり、ひざ、ひじに発疹がよくみられます。発疹は時にかゆみを伴います。発疹は2〜3日で褐色の斑点になって、5〜6日で消失します。口腔内の発疹は口唇の内側、頬の内側、舌、軟口蓋(上あごの内側)にでき、潰瘍(かいよう)になるので水がしみて疼痛(とうつう)を伴います。このため哺乳力低下や口からものが食べられなくなり、脱水症になることもあります。発症初期に38℃前後の発熱が、2分の1から3分の1の症例にみられます。
 合併症として下痢を伴うことがあります。まれに髄膜炎や心筋炎の合併症があるので、経過中のたびたびの嘔吐や頭痛には注意が必要です。エンテロウイルス71の感染では中枢神経症状を、コクサッキーA16型ウイルスの感染では心筋炎を合併する頻度が比較的高いことが知られています。

診断

手や足の水疱性発疹や口腔内の水疱などの臨床症状で判断します。通常、特別な検査は行いませんが、必要に応じて病初期の咽頭ぬぐい液、糞便からウイルスを分離したり、血清抗体価を測定したりします。

標準治療

原因ウイルスに対する、特効薬はありません。症状をやわらげる対症療法が中心となります。予防のワクチンもありません。
 発疹がかゆみを伴う場合は、抗ヒスタミン剤の軟膏を外用します。38.5℃以上の高熱でぐったりしていたり不機嫌な時は、解熱剤を使用します。口腔の痛みのために水分が摂取できず、脱水症になることがあるので、水分は少しずつこまめに補給しましょう。酸味の強いものや高温のものは避けて、のどごしのよいものを与えます。脱水症がひどい時は輸液をすることもあります。下痢に対しては、整腸剤の投与や食事療法を行います。強い止痢(しり)剤は通常必要ありません。

●標準治療例
・高熱・咽頭痛・頭痛に対して
 アセトアミノフェン1回量体重1kgあたり10mgを坐薬(アンヒバ)や経口(ピリナジン、カロナール)で、6〜8時間開けて使用します。

・皮疹に対して
 かゆみを伴う場合は、レスタミン軟膏を適宜外用します。

・下痢に対して
 ラックビー 1.5〜3gを1日3回内服します。

生活上の注意

この病気は自然に治癒し、脳炎、心筋炎などの重症合併症もまれなので、予後は良好です。