宇宙のなぞ 副産物

January 22 [Fri], 2016, 14:05
いろんなことを知るにつけ、
なんて整合性の取れた世界なんだろうと思う。

神様が、光あれ、って言って6日間で作ったんだよって
言われたほうがずっと納得できる。

理路整然と並んでいるように思えて
地球が「ハビタブルゾーン」であることも、まあるいことも、
海があることも、月があることも、
ぜーんぶきれいに収まっていて
こういうのを数学的に美しい、均整の取れた、とするなら
人間の生き方や生活っていうのは
いかに雑多で、煩雑で、ばらばらなんだろう。

どんな宗教でも、清廉や清浄をよしとするけれど
それは均整の取れた宇宙であるのに
自分たちがひずみであることを知っているからなんじゃないかと思う。
世界の一部、均整の一部になろうとするほど、自我や個性は真理から外れたものだと思える。

でも。
そういう、ひずみ、違和感、誤差、差異・・・があるからこそ
文化や芸術なんだと思う。
均整の取れた真理の世界のなかで、人間は隠し味みたいなもんなんだと。

イスラム教でもキリスト教でも、仏教でも穢れという概念があるし
それを今言った、ひずみだとするなら
「赦され」たり「祓っ」たりしたくなる、と思う。

宗教画や宗教的な建造物、建築が、数学的に均整の取れたものなのは
そんな理由なんじゃないかな。

宇宙のなぞ 3

January 22 [Fri], 2016, 13:56
そんなたくさんの、いろんなものが溶け込んでいる太古の海を
「有機的スープ」とか言ったりするそうだ。(参考:オパーリン1922年『地球上における生命の起源』)

生命の元は、太陽光の届く浅瀬でできた、とも
太陽の届かない深海の噴気孔近くでできたとも言われているそう。

どちらにしても、熱と水があるのには違いない。


火星や、土星の衛星タイタン、木星の衛星エウロパに生命があるんじゃないかと言われている。
このどれにも、水があったらしいと。
エウロパにいたっては、表面が全て氷で覆われていて、
地下深くでは熱水噴出孔のために水が存在するんじゃないか、なんていう。

ここまでわかっているのなら見つかりそうなものだけど、
地球の深海でもかなりの技術が必要なのに
木星の衛星の、深いところを調べようなんて途方もない。

ああ、そのへんにいるのかもな、いたらおもしろいな、ってところが
とりあえず私のたどり着ける結論なのかな。

水じゃなきゃだめなのか、はアミノ酸とか
エネルギーの溶液として一番適しているから・・というのが答えなんだと思う。

宇宙のなぞ 2

January 22 [Fri], 2016, 13:12
「なぜ水から生命が誕生したのか」を調べるために、
そもそも「なぜ水があるのか」を考える必要があったので、
星の誕生から考えることにした。

星は爆発から起きる。それはわかる。
星にも寿命がある。
太陽で例えるなら、太陽は常に核融合をしていて、水素で爆発をしている。
その水素が尽きたとき、膨張と自らの重力で力のバランスが崩れて、
そこで、星が散る。

星が散ると、ちりやガスが生まれる。
同時に原子が生まれる。
原子は分子になって、その層を作る。
それがだんだんと増えていって、星の形になっていく。

熱を持ったり、冷えたりしながら、化学反応を起こす。

CやOやHがくっついたり、離れたりして、いろんな分子を作る。
くっついたり離れたりするので、電気やエネルギーが発生する。
このへんでイオンが関わってくるが、化学をちゃんと勉強しなかったため
わからないことが多くて、もどかしかった。

新しい星には隕石もぶつかってくる。ここでも摩擦熱や衝撃といったエネルギーが生まれる。
雷も落ちる。

いろんな偶然が重なりながら、分子同士がつながって
アミノ酸、糖ができる。(参考:ユーリ・ミラーの実験)

DNAの元になるもの。DNAが遺伝情報を伝える為にRNAというたんぱく質?があるんだけど
それらもこのへんでできた。

人間も、化学や物理の一部なんだと思った。
電気信号によって考えたり、動いたりしてるだけで、
生き物をずっとずっと掘り返していけば
電子や分子の働きでしかない。

アミノ酸は、いろんな形(分子結合をとって)になって、球状に膜を作るものなんかも現れた、らしい。
熱を伝えたり、形を保ったり。
そこで、核の元になるものができて、「内側と外側」ができはじめた。

たぶん、この化学変化をずっと支えているのが、水なんだと思う。
溶液として、液体を広い温度で保っていられるし、温まりにくくて冷めにくい。
HもOもある。

極限環境生物も、アミノ酸やたんぱく質からできていて
あくまでエネルギー源を「極限環境で手に入るもの」にしているだけ・・・なんだと思う。
だから、生まれる段階では水分が必要だったんじゃないだろうか。

宇宙のなぞ 1

January 22 [Fri], 2016, 12:57
たぶん、紅富士の湯・・・温泉に入っていたときだと思う。

子どもみたいに、「なんで温泉には生き物がいないんだろう」

露天風呂で、葉っぱが岩と岩の間に挟まって、ちょろちょろとした流れをさえぎっていた。
葉っぱは枯れていて、水分でくたくたになっていた。
温泉を浴びて、枯葉も、川に流れる枯葉と同じように朽ちるんだ。

温泉に魚はいないのに、微生物や雑菌はいる、ということはわかっていた。
なんで温泉には生き物は住めないんだろう。
なんで雑菌は住めるんだろう。

深海の噴気孔に、砒素をエネルギー源にして生きている微生物がいるようなことは
なんとなく知っていて
あれ、じゃあ、水がなくても生きられるんじゃないか、って思えてきた。

血眼になって、宇宙で水を探しているのはどうして?
メタンや硫黄(=温泉)じゃだめなのかな。


・・・・というのがそもそもの発端だった。

深海や、極地の氷の中、火山の近くの熱い場所・・・に住む生き物のことを
極限環境生物という。微生物や菌類。
こんなところに住めるヤツらがいるのなら、
宇宙で水だけを探すんじゃなく、メタンの中から微生物が見つかるんじゃないか、と。

それを知るために、
「なぜ水から生命が誕生したのか」を調べることにした。

(無題)

August 04 [Tue], 2015, 15:22
お礼が言えないとか言えるとか
そんなんじゃなく、
そもそも自分のしたこと棚に上げてるのはおかしいんじゃなかろうか。


反省してる自分に酔ってたりとか
人目気にしてばっかで
ウケ狙いな生き方、いいかげん恥ずかしい。


お礼言われるために贈りものすんの?
だったらいらないんだけど笑
返礼が結婚祝いと兼ねるとか非常識だし
渡すタイミングもなんか雑だし
もらっても迷惑。
なんであんなに全体的に押し付けがましいかな。


人と同じことをしたくない!って思ってるあたり大衆的だし
特殊っていうのはそれだけリスキーだし
好きだって思うだけ嫌いだと思う人もあると思う。
表裏なんだと思うけどなあ。


いいかげんオンナノコ卒業できてないと痛々しい。
わかんなーいって言って許される時期、終わっちゃった気がする。
痛々しいなぁ。

(無題)

August 04 [Tue], 2015, 15:15
会社の前に置いてあるめだか鉢に
花が咲いた。






かわいい、ちまっとした白いお花。


ひょろんと伸びてる。


この前、新しい草を植えてもらって
根付いて、お花を咲かせてくれたんだねえ。
来てすぐなのに、強い子だなあ。


蝋細工みたいに可憐。
涼やか。



(無題)

July 29 [Wed], 2015, 12:51
結婚しても、
部活の量変わらないままじゃ
子どもは作れないな

(無題)

July 29 [Wed], 2015, 12:49
ちっちゃいことにいらいらする。
いらいらする私が変なのか、周りが鈍感なのかわからない。
わからないことにもいらいらする。


家計をどうしてるか、とか
結婚したら遊びをどんだけ控えるかとか
そんなことも決められないのか。
叩けば正解が出てくると思ってるのか。
自立してるつもりだけど、
そういう周りの下らなさにいらいらする。


節操がない、慎みがない。


強引で、がさつで、がやがやとうるさくて
人との距離が近くて嫌だ。
音が頭にがんがん響く。
世界が落ち着きがない。


もっと穏やかに静かにいたい。

(無題)

July 29 [Wed], 2015, 11:24
ビアガーデンのお誘いをいただいた


暑いのもお酒も、どっちも嫌い

お土産

January 07 [Wed], 2015, 13:47
ネパールのおみやげ!


どんな味だかわからない、この外国土産な感じ!


どれにしよ!



2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31