放置プレイ 

September 11 [Mon], 2006, 12:10
ここのブログ、もう1ヶ月以上も放置してたんだなぁ…。
夏休みの間も結局はバイトやら講習やら、何だかんだで普段と変わらん日常過ごしてたしね。てか、それ以前からの夏はだらけてただけなんだけどさ。

それに、もう学校始まっちゃったしね。
今年は卒業は去年から精神的にも更に鍛えられた分、心配しなくったって余裕で出来るとは思うんだけど。
…問題は、進路の方ね。
私立の推薦だし、よっぽどのことなきゃたぶん大丈夫なはずなんだけど…あたしのことだから、その時になんないとどうなるかわかんないし。留年したわけでもないのに定時移ってきたしね。
とんとん拍子で思い通りの進路決まっちゃえば、あとは適度に休み放題なのに(ぇ)。





ブログをなかなか更新していないのは、
今は黙って体も心も休めてる時間、つまりは一人の時間が凄く大事で。
ブログ更新するよりも、どうしてもそっち優先しちゃうのね。
バイトはいつも早朝からだから、仕事ある日は次の日のこと考えるとそう夜更かしもしてらんないしね。学校終わるの晩だから。



大切なあの人がいなくなった今、





一番に大切なのは、自分です。





もちろん、友達とか自分の支えになってくれてる人達も大切だけどね。
けど、これはもっと友情とか仲間とかとは違う大切。一人の人を想う大切さ。






だけど、日記とかブログを書きたいと思うきっかけになったのは、今まで見せなかった自分の面を大切な人達に知って欲しかったからだったなぁって。
今のあたしには日々、




溢れ出しそうな思いがある。伝えたいことがたくさんある。




これからは、時間裂いても大して語ることなくても、ちゃんと更新しなきゃなぁって思う。
こんなろくに更新もしない駄目ブログに、お気に入り登録されてしまったら…意地でも書くしかないよね!うん!(笑)


とりあえず、こうしてやり直すためにも近々移転します。
てか、どこのブログってどこのサーバーがいいんだろ…誰かおすすめのとこあったら教えてください;;




--------------
私信>yuikaちゃん
見てるかどうかはわかんないけど、明日手紙出します!(唐突)バトンは移転したら必ず!

夏期満喫 

July 29 [Sat], 2006, 18:50

去年の夏は、頻繁にどこへも出かけるわけでもなく、これといって何もせずに、ただ時間を無駄に過ごしていた。

けど、今年の夏は違う。
ただでさえ、バイトも講習もあるから、去年と比べれば休日の実感は薄れるけれど、それだからこそもっと遊びに出かけて楽しまないといかんなぁと。

きっかけは、この間の歩天。
やっぱり、自分には気の合う人間との交流が、一番の薬なんだって気付いたよ。
それに、今の時期でないとこうして会うことも遊ぶことすらも出来なくなっちゃったもんね。

あの人と出会ったのがきっかけで、元から人との交流関係が薄いあたしは、初めて異性からの愛情を知って以来、強くそればかり求めるようになった。
その度に自分の気持ちに欲ばかり出て、結果として相手を傷つけた。そして、自分自身も傷つけた。

愛は欲しい。
けれど、自分のいい加減な気持ちや行動で相手を傷つけたくない。傷つけてはいけない。
ろくに連絡も取りさえしないのに、あの日の電話から今に至って、心の隅にはあの日の言葉とあなたとの約束があった。
あんなことをあたしに言っておきながら、結局は助けてくれるはずのないあなたと本当に会えるかもしれないという約束に、あたしは不覚にも微かな期待を寄せていた。

けど、そんなことに期待していたあたしが馬鹿だった。
やっぱり、時間の力はいとも簡単に何でも変えてしまうのね。そう、人の心も。
きっとあなたは、あたしと会う気なんてない。
あの日の電話の時までは、その言葉は嘘じゃなかったって、わかってるけど…。

ようやく、久々にあなたと言葉をかわしてわかったんだ。

あなたがいつ帰って来るかわからないから、いつでも会えるようにって、少ない休みをあなたと会える日のために空けておかなきゃって、誰かとの約束は入れないようにしようって思ってきたけど。





もう、そんなの捨てた。





あなたに期待するだけ、時間の無駄だと思ったから。
別に、あなたが悪いわけじゃないけどね。
あたしが勝手にそう思ったんだから。

だから、これからは使えるだけ思いきり自由に時間を使うんだ!
昨日は、友達と映画も見たし、今日はバイトも講習も休みだったから、オープン初日の奈良さんの個展にも行った。
その次は、県立美術館行ったり、花火見に行ったりして思いきり遊ぶんだから!!
その方が、自分自身がいきいきして見えるよ。
あたしの正念場はまだまだこれからなんだから、今の...

歩行者天国 

July 24 [Mon], 2006, 12:47
昨日、久々に友達からお誘いがあったので行ってきましたよ!…次の日、普通免許の試験があるのにも関わらず(爆)。

たぶんね、こういう時って前だったら、きっと断ってたと思うのですよ。
けど、最近また情緒不安定が始まりかけてる傾向があったんで、せっかくめずらしく誘ってもらったのにここで行かなかったら、何か自分自身がプラスにものごと考え直すチャンス逃す気がして。あと、どうせ家にいても勉強しないだろうし(爆)。

それで。
実際に行ってみて、やっぱ正解でしたよ。
人間、皆変わるわね。
自分も友達、それ以外の人間含め。
いろんな広ーく考えた意味で、浅く深く。

そして、あんなに本気で腹の底から笑ったのは久しぶりだった。
前にあそこまで笑ったのは、一体どれくらい前のことだったっけ?

だからあたし、結局はいつもどんなに充実した一日を送ったって、心の奥では独りぼっちだとしか思えなかった。
自分のことを、本当は大事に思ってくれる人間がいるってことはわかってるんだ。
けど、それでもやっぱり孤独を感じてしまうんだ。
…ほんと、自分って何て臆病な人間なんだろうね。



でもね、昨日のことがあって、あたしもやっぱり一人じゃないのかなぁって、思うことが出来たよ。
友達が不満なわけじゃないんだ。
ただ、それでも自分が一人じゃないって思えた人間が、あの人だったら良かったのにな…そう、自然と密かに思ってしまったという、少なからず本当の事実。

きっと、あの時からだよね。
あの人がまず、あたしに初めて出会いをくれて。
でも、あたしはいい加減な人間だから、あの人から始まって、あの人もその人も傷つけて。
そして今、あたしはこの人を想っているの?

もう、おかしいよね。
自分という人間が未熟すぎて。
もっと、ちゃんとした人間になりたいよ。
もし、本当にこの人に会えるのならば、ありのままの本当に本当の、あたし自身をみてほしいよ…。

喪失 

July 06 [Thu], 2006, 23:40
この性格は、もう当分の間は治らない。
人間嫌いと自分嫌い。

元々、学校にしろ、仕事にしろ、人間付き合いというものはあまり好きではないのです。
実際のところ、今は会ったことさえない友人との関係でさえも。
人間という生きものの心理を知っていけば知っていくほど。
その人間の奥底へ踏み込めない。踏み出せない。
あたしにその勇気と覚悟さえあれば、こんなこと思う必要などないのに。

別に、その人間の深い部分まで知りたいというわけではないのです。
ただ、自分が相手に心をもう少し開きさえすれば。
もっと人間関係が、この先うまくやっていけるのではないのだろうかと。
今よりも、孤独を感じることが軽減されて、気持ちが楽になるのではないのだろうかと。
そう、思うのです。










そういえば、あの人は言ったね。





「このままじゃ、これから先ほんとに人を信じられなくなるぞ?」





…もう、信じられなくなってるよ。あんたに言われるずっと前から。
だったら、何なわけ?
それであんたは、あたしのこと助けてくれるわけじゃあないんでしょ?
そうならないように、こうしてみればって一方的に言われたってね。あたしにどうしろと言うんだ。
一見、手を差し伸べるように見えて、結局は一人でどうにかしろってことだろう?





「一緒に頑張ろう」





ではなくて。
あたしが欲しかったのは、その言葉なんだ。










…そんな言葉を求めることですら、今のあたしには許されないのでしょうか?
どんどん、自分が臆病な人間になってゆくんだ。

by myself 

July 05 [Wed], 2006, 21:49
「一人で」





まさに、今のあたしに対しての言葉だと思った。





頑張るよ 

June 24 [Sat], 2006, 21:59
件名:
[返信遅れてごめんね(>_<)]

本文:
[今、教習所から帰ってきたとこ。

やっぱり、あたしの迂闊な発言でYの気持ちをふらつかせてしまったよね?本当にごめんなさい(>_<。)

でも実際、あたしみたいな奴を本気で好きにはならない方がいいって本当に思うよ。あたし自身も、もし自分が男だったらこんな女は最低だと思うもん。何か、自分を好きになろうとするどころか、ますますそんな自分が嫌いになってしまったし。

あと今日ね、それでも前向きにその人のことが気になるなら、夏休みに会う前から少しでも好意があるのをアピールしていこうと思ってメールしてみたんだ。けど、その人も予想はしてたけどやっぱ忙しいみたいで、あとやっぱり今後もその人はあたしのことを友達から異性として見てくれなさそうな気がしたし、なのに自分からその人にちょくちょくメールしたって疲れてる中、ただの迷惑にしかなりなねないし…。
それに何より、こんな今の自分じゃあ異性として好きになってもらうどころか、人間としてすら嫌われてしまうなぁって考えたんだよ。

だから、夏休みにその人と会う時は一人の男友達って意識して会おうと思うし、今年は高校卒業してからの進路のこととか、本来やらなきゃいけないことは山積みなんだし、恋愛なんてしてないで、自分が今やるべきことに専念しようと思う。]




…今日、ある男友達に送ったメール。

あたしは、どうしていつも危ない橋ばかり渡ろうとするのだろう。
あたしは、どうしていつも人を傷つけることばかりするのだろう。

もう…疲れたよ。
ほんとに、あたしが何したって言うんだろうか。
あたしは、今やるべきことをただ一生懸命こなしているだけなのに。
その努力すら、誰もかれも認めてさえくれないのか。

あたしの周囲を取り囲む、全てのことが嫌になった。
一体、あたしにどれだけ試練を与えれば気が済むのか。

何年も経って、やっと些細なことでも幸せを感じれるようになったのに。



まぁ、それも裏を返せば、これが生きるということなんだろうけど。

でも、これから何があったって、たとえそれが自分にとって辛く厳しいものになったって、あたしは強く生きてくんだ。まずは自分のために…。

三日坊主 

June 20 [Tue], 2006, 13:55
本気で心から思える男友達が出来てからというもの、異性を恋愛の対象として見ることが難しくなってきました。
今までだったら、たとえ相手に「友達」と言われたとしても、きっとあたしは異性としか見ていなかっただろう。

けど、今は違う。
あの人は、いくら一人の異性であったって、一人の友達でもあって、やっぱりお互い無理だったよ。
友情と愛情は別のもの。
いくら、いい人だからって、ただ興味本位の軽い気持ちだけで、付き合うなんて言っちゃいけないよ。

あなたとは、やっぱり今の関係が一番です。
お互いに今後、異性として意識することはないのは、すでにわかりきっていることなのだから。




あたしが次に、本当の恋が出来るのはいつなんだろう?
実は今、しているんだか、していないんだか…自分でもよくわからない。
でも、あの日の電話から、何だかんだでやっぱり気になってるんだよ。
それがただ、一人の人間として好意を持っているのか、やっぱり一人の異性として好意を持っているのか。何か複雑だ。
でも、あの人はきっと、あたしを一人の人間として救ってあげたいと思っても、一人の異性としては見てくれてないんだろうなぁ…。

昨日の自爆発言 

June 12 [Mon], 2006, 13:42
昨日のオフ会での会話の一コマ。
会食時のあたしとMさんとのやりとり。


M「彼氏はいますか〜?(笑)」

I『いませんっ!でも、彼氏は欲しいです☆(笑)』

M「じゃあ、どんな人がタイプですか?(笑)」





『好きになった人がタイプです☆(どーん)』





昨日は、とうとう待ちに待ったラグ友オフ会でしたよ〜!!(笑)

オフ会前からすでにバタバタしてたんですが、当日はもっとバタバタしてた(爆)。
あたし含め、計5人で行ったのですが、話も弾んで予想以上に楽しくて楽しくて♪
元々、予定していた人数より3人も減ってしまったので、当日はかなり心配してました。
けど、今回初めてオフ会というものを企画して、普段会うことのないお友達同士の交流って、やっぱり良いものだなぁとひしひし実感(´U`*)

オフ会に参加してくださった皆さん、小柄で可愛らしくてvV
せっかくのオフ会だしと思い、あたしは皆さんに東京で買って来たお菓子を持って行ったのですが、何と皆さんもいろいろお菓子やプレゼントを持ち寄ってきてくれました!!これには本当に感動(ToT)
カラオケへ行った時も、高得点出すくらい歌も抜群にうまくて!!
あたし一人、ある意味浮いていたことは間違いなし(-_-;)

最後は皆でプリクラも撮りました☆落書きはお任せで(笑)。

来年はオフ会企画出来るかわかりませんが、出来るものならまたやりたいです(>_<)

おはようございまー 

June 04 [Sun], 2006, 13:06

深夜から早朝までのチャットは疲れます(爆)。
でも、楽しかったからいいの!
てか、これくらいしか楽しみがないのっ!(痛)



夏休みに、チャッ友と会うの楽しみだなぁ…。
てか、その前にあと一週間でラグ友のオフ会ありますけど!(笑)それも楽しみ(´∀`)


今日は、これからカラオケ行きます!

今日の画像は、日本代表応援ぱんだ♪

にゃにゃにゃい 

June 02 [Fri], 2006, 0:22
あたしはどうやら、いつもものごと悪い方に考えるというか、マイナス思考に考えることが癖になっているようで。
それでもし、またあたしが良くない方にものごとを考えようとしたら、この言葉を言いなさいと言われました。

こんな変な言葉でも思い出すだけで、自分がさっきまで考えてたことが、何かくだらなくなる思えてくるでしょ?
ってね。



凄いなぁ、あの人は。
あなたはどこまでもプラス思考で。
どうしたら、あなたみたいに強く、優しく、素敵な人間になれるのかしら。

きっと、あたしとあなたは全く真逆な人間で。
だから決して、釣り合うことはないだろうけど。

でも仮にもし、あなたみたいな人があたしの目の前に現れたりしたら、どれだけいいだろうかって、素直にそう思うの。
そんな運命が身近にあったとするなら。
きっと、あたしは恋をするわ。





あなたがあたしに与えてくれたものは、これから先の未来へ踏み込んで行くための勇気。

ありがとう。これからもあたしの良き友達であり、良きお兄ちゃん、良き人生の先輩でいてね(^-^)
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ゆいか
» 放置プレイ (2006年09月11日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mindblog
読者になる
Yapme!一覧
読者になる