小説 

2005年10月08日(土) 18時25分
             ここは、遠く離れたある世界の話

 ある小さな村に、南川流を教えているところがあった。〈南川流とは、剣術・魔術・心術・禁術・など・・・・〉

人数は、30人程度で、その中でも1番うまかったのが、南川 優太〈みなみかわ ゆうた〉
だった。優太は、人1倍の努力をしていた。


そんなある日、優太は、稽古が終わり、いつものように練習をしていると、突然!誰かが、入ってきた。

「勝負しようよ。」少年が言った。

「仕方ない。いっちょやるか・・・・」優太は、言った。

相手は、刀を手にして向かってきた。

優太も刀で対抗した。

「荒川流剣術奥義 心風鈴!!!」

「なに?」優太は、攻撃をかわしきれなかった・・・・・。

「勝負あったな・・・・」少年が言うと、その場を去っていこうとした。

「待って」優太が呼び止めた。

「なんだ?」少年は、聞いた。

「名前は?」優太が聞くと

「俺の名前は、荒川 秀」〈あらかわ しゅう〉

「荒川 秀?」優太は、首をかしげた。

「そうだ荒川 秀だ!それがどうした?」

「キミ強いね。」優太は、悔しがりながら言った

秀は、こう答えた。「そうか?まだ修行が足りないと思ってたのに・・・・」

「いやキミは、今のままで十分強いよ。」優太が誉めながら言った。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
アイコン画像どんだけやる気満々なんだよ!
» 小説 (2010年09月01日)
アイコン画像こうげんの貴公子
» 小説 (2005年12月09日)
アイコン画像管理人
» 小説 (2005年10月09日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:minamikawa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる