気になる人 

2005年09月21日(水) 22時23分
気になる人ができた。
言葉もろくに通じない、ネガティブなアイスランド人。
困ったことに名前も覚えていないけれど。

私のぐちゃぐちゃな英語と、かろうじて聞き取れるゆったりとした彼の英語。
音楽の趣味が合いそうだし、もっといろんな話がしたい。
もどかしいなぁ。

英会話に通い始めてもう半年くらいたつのに、私ときたら挨拶さえろくにできない。
言葉が足りなすぎて、きっと先生たちには「なんて愛想の無い奴だ」って思われてるんだろうな…。
気合入れて勉強するぞ。

恋がしたい、恋がしたい、恋がしたい 

2005年09月20日(火) 21時49分
何年か前にそんなドラマがあったような気がする。
どんな内容だったか全く覚えてないけど、菅野美穂が所さんの働いている牛丼屋でしょっちゅう牛丼を食べていたイメージ。

私は、1年の中で秋がいちばん恋したくなる季節だと思う。
夏の熱気も落ち着いてきて、ひんやりした空気で無条件に胸がきゅんとなる(胃腸弱な為の疑似体験)。

恋がしたい。

そんなわけで、彼に対してわがままに振舞ってしまう。
かわいらしい、わがまま。
困らせるのが楽しい。
それを聞き入れてくれることがうれしい。
女の子扱いされることがうれしい(年齢はかんけいありません)。
そんな季節。

Charlie AND THE CHOCOLATE FACTORY 

2005年09月11日(日) 23時55分
英会話で、最近見た映画の話題にると、いつも邦題しかわからなくてしどろもどろになってしまうので、これからは積極的にちゃんとしたタイトルを覚えることにしました。

放映2日目の日曜日、彼と2人で早速見に行ってきました。
当日は開演の1時間半前に待ち合わせて、金券屋で前売り券を購入。
わき目もふらずに映画館へ。行ってみたら、まだ人もまばらで並んでなかったので、とりあえず買いだしに行き、中で食べながら待つことに。
並び始めたのは結局40分くらい前からで、もちろんさっさと先頭に。
おかげさまで、真ん中あたりの席で楽しく鑑賞できました。

面白かったです。
なんかジョニー・デップの役の作り物っぽい気持ち悪さ…
ウンパルンパの踊りとか、可愛いかった。あの、裾を引っ張る動作が可愛くて、かなりいろんな人の裾をひっぱりました。おじいちゃんおばあちゃんも良い味出してたし。
アメリカかどっかでは劇場でチョコレートの香りを出した?って何かの記事に書いてたけど、日本でもそれくらいやって欲しかったな。

ラストはあまり好きではなかったんだけど、子供のころ、初めてNever ending storyを見たときのようなワクワクする気持ちを思い出しました。

笑った。大笑いとかではなく「ププ」という笑い。
終わったあと映画館であんなに拍手が起こるのを初めて見た。

吉原 御免状 

2005年09月10日(土) 23時34分
という舞台を見に行った。
お友達が取ってくれたチケットは前から5列目。
目の前で堤さんが見れると、ちょっと興奮気味に青山劇場へ。

はーっ
何よりも舞台セットやら衣装やらが華やかで凄くステキでした。
もう見てるだけで楽しい気持ちに。
ストーリー自体はそこまで感銘は受けなかったけれど、おもしろかった〜。

Ring 

2005年08月08日(月) 22時51分
昨日見に行ったフリカ・ファン・デル・リーストの作品に触発されて、無謀にも作ってみようと、0号の棒針と、細い毛糸とぽんぽんを購入。
(左の写真はフリカさんの作品。「pomponring」)

お店は今日初めて行ったところで、いわゆる「町の手芸店」といった雰囲気の懐かしい感じのお店で、品揃えは少ないもののおじいちゃんとおばあちゃんが夫婦で仲良くのんびりと店番をしている。

さっそく試作第1号「ぽんぽんリング」。完全にパクリだけど、パクリきれる訳も無く、中途半端に手作り感溢れるものが完成。
フリカさんのは5千ちょいで販売されていたけど、これがもし店に並ぶとしたら雑貨屋で300円って感じ。(というか完全に細かさが違う…。)
0号の棒針にて輪編み。作り目はたかが25目だというのにかかった時間は約2時間。
(糸:日本毛織 チャーミー 中細)

ぽんぽんがでかい…
写真がちょっと青くなっちゃったけど、色は上のやつをもうちょと薄くした感じ。
ベビーピンクにからし色のぽんぽん。
まあ、初めてにしては上出来?

knitcap 

2005年08月07日(日) 22時41分
彼の誕生日のプレゼントに何か夏物ニットを編もうと思って
このまえみつけたステキな夏糸でニット帽を編んだ。






(糸:Puppy Luberon ¥1323/40g)
(亀ボタン:¥200/1匹)
8号の棒針でざっくりと、作り目はたしか100目。最初の2段だけ2目ゴム編み、後は1目ゴム編みで、最後の目数も20目くらいしか減らさずに単純にひたすらざくざく。
あまりに単純で安上がりなので、亀ボタンも付けてみた。今日見に行ったオランダのジュエリー作家、Felieke van der Leestの作品をまねて(それはてんとう虫だったけれど)交尾する亀。

肌触りも結構ざらざらするかと思ったけど、案外いい(毛糸屋さんで散々見本触って確認済みだったけど…)サイズも伸びが良くてゆったり。

今日知ったのだけれどこのパピーというメーカー、ローワンとか外国の会社と提携(?)したらしく、最近輸入糸も展開しているらしいです。どおりでステキな色展開になったと思った。この糸もこんな地味な色だけど、鮮やかな赤や水色、サーモンピンクとか、かなり色がかわいかった(値段がもう少し安かったら買い占めたいくらい)。

あみぐるみ 

2005年08月03日(水) 23時53分
先週から編み始めた会社の人への出産祝いがとうとう完成した。
最終出社が今週の金曜日だから、渡すのは明後日。

頭と胴体がくっついた時点では全くかわいいと思えなかったのに、腕を付けた時点で、猛烈に愛着がわいてきて、もう手放したくないくらいかわいい(自画自賛)頭でっかちで1人で立てないところとか、フェルトを貼り付けただけの簡素な顔とか、今となっては愛しい…

頭の大きさがちょうど果物のももサイズで、全体だと子供が持ってる赤ちゃんの人形くらいの大きさかな?

音のするものを中に詰めればよかったな…
そのほうが赤ちゃんも喜んでくれたかも知れない。

めんどくさい時間が無いので今回はそのままで。

ラッピングもモチーフとか編めばもっとかわいいと思うものの、彼への誕生日プレゼントも同時進行しているため、とてもそんな余裕がない…。
あ、ぽんぽん作ってくっつけよーっと。

花火大会 

2005年07月30日(土) 22時18分
花火当日、お昼から街に出て1万円くらいの格安浴衣セットを購入。
急いで彼の家に戻って浴衣に着替え、
16時過ぎには場所も無事確保でき、仕事が終わって遅れて到着した友達カップルとともに花火大会を堪能してきました。

やっぱりいいなー、浴衣で花火。
心配していた雨もなく、とってもキレイでした。

浴衣 

2005年07月29日(金) 22時19分
今年は張り切って浴衣を着て花火大会に行こう。
そう思ってたけど、いざ探してみると欲しいものはやっぱり高くて、柄を見てもいまいちピンとこない。

花火大会は明日だと言うのに
うーん、悩ましい

失敗 

2005年07月29日(金) 0時47分
気持ちよく晴れた空。

ここ最近仕事で失敗が続いている。
注意力が散漫で、自己嫌悪。
気づけば言い訳ばっかり。

しっかりしなきゃなぁ。

彼との仲も微妙。あれ以来結局、今まで通りやっていこうということになったものの、彼が私に合わせてくれているのが凄くよくわかる。
私は普通にしてればいいのに、もうどうしていいのかわからないほど気持ちが下向き。

こんな日は、このフレーズが頭の中でひっそりと流れる。


ふぅちょっと我慢して少しだけ休んで
イライラしないで肩の力を抜いて
そうしてみればイヤな気分も
少しだけ今夜は ささやかな幸せ
(In the Soup/むし より)

なんでかわからないけれど、落ち込んだときはいつも彼にこの歌を歌ってとせがんでいた。

ぴんと張り詰めた気持ちが、ちょっとずつ緩んでいく。
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mina00037
読者になる
Yapme!一覧
読者になる