2006年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mimizuku_zuku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
もりがさき / 2006年02月16日(木)
最近自分のワードに日記を書くことに終始して、
ネットに載せなくても良くないか?となってきた。

うーん。でも、パソコンが壊れちゃったときのバックアップ的に
残す方法として、ネットに載せといた方が良いのかな。

明日の座談会で、バイオリンに合わせて女子部で歌うことになりました。
男学のTくんが「母」かなにかを弾くって言ってたから、
女子部のみんなにメールで
「女子部で歌いませんか?(一番音痴であろう私が言い出すのもどうかと思いますが…)」
って流したら、
Uちゃんが、学園で合唱部やってたってことで、
「何でも歌えますよー」
と頼もしいお応え☆

今から会館で練習です。

で、曲は「森ヶ崎海岸」になりました。
今年の新年勤行会で、圏女のみなさんが歌って、
めっちゃ憧れましたぁー。
でも、歌えるんでしょうか…
頑張ります(頑張っちゃうと、周りの人をも惑わすというトラップが…)
 
 続きを読む…  
Posted at 11:45 / がっかいかつどう / この記事のURL
コメント(0)
しずかな湖になればいい / 2006年02月13日(月)
すごいすごいすごい。

午後は、Oちゃんと、
地区の女子部の方の美容院→私の行きつけのカフェ→男学の子が出たコンサート→うちで対話、車で対話
というコースでした。

詳細は携帯メールに残したので、後で書き込み。

とにかく、一緒に成長しよう、と約束できた。
一緒に唱題あげたりだとかした訳じゃないけど、
彼女と一生共に成長していくって誓ったし、
これからも誓って行きたいと、本気で思えた。

本当にありがとう。
 
   
Posted at 18:53 / がっかいかつどう / この記事のURL
コメント(0)
にやにや / 2006年02月12日(日)
人生で初めて、「歓喜の唱題」ってやつをしたかもしれない。
1時間、にやにやしながら唱題しました(笑)
恥ずかしながら、時間を忘れて1時間唱題したのは、初めて。
1時間以上やるときは5分10分ごとに時間が気になるものなのに。

うん。前まで唱題って私にとって苦行みたいなもんだった気がする。
みんな、こんな気持ちで唱題してたのかー。
ようやく理解。

ありがとう。
 
   
Posted at 13:51 / がっかいかつどう / この記事のURL
コメント(0)
でんりゅう / 2006年02月12日(日)
朝9時からUちゃんと唱題。
そして、語った。
まずは、女学のこと。
追い出しパーティーのこと。
来年度の学内委員長不在のこと。
そして、彼氏のこと。
昨日聞いた、なおさんの本心。
なおさんが、ちゃんと理由もあって本気で心配している、ということ。
→そういうことだったのか!全然わかってなかったです。。と素直に反省するUちゃん。
→そして、今なおさんにそのことを伝えたら、喜んでくれました。
  恋愛自体を反対されたと思って、Uちゃんが自分に相談しにくくなってしまったかと思っていたそうなので。
  なおさんに入ってもらうのは、本当に良いと思うので、Uちゃんと県女であるなおさんが話し合える場を
地区リーダーの私が作って、2人をつながなくては。と思います。
そして、祈りや折伏に対しての意識の変化について。
→Uちゃんも、私と同じ過程をたどった部分もあった!
とか色々と話したら、1時間以上経ってました。
 
 続きを読む…  
Posted at 11:48 / がっかいかつどう / この記事のURL
コメント(0)
かし / 2006年02月12日(日)
先月の座談会で、婦人部長がデフテックの歌詞を読んで、
興奮しながら、「デフテックの歌詞は、日蓮仏法の考え方を現代風に言い換えているよ!」
と言っていたので、見てみました。
勉強不足の私でも、いくつか御書の一節に直せる程で、
しかも、先生のスピーチでよく聞く言葉が満載。
おおー、と思いました。
特に、Emergencyとかは、

この悪世 濁世 末法の 世の中で 何を信じていけばなんて

この地 この国 見つめてりゃ分かる  

チェ・ゲバラ ガンジー マーチン・ルーサー・キング

そこには答えなく ただ突っ走っていく

日本 世界 羽ばたく指導者

It’s going down, yo, we got to live now

聞け 心 体 頭

One love we fight for, we march to the end 感覚研ぎ澄まし 耳傾け


「そこには答えはない」の「そこ」を
「チェ・ゲバラ ガンジー マーチン・ルーサー・キング」と解釈してしまうかも
しれないけど、そうじゃないんじゃないかな?と思う。
「そこ」は…わかんないけど(←結構考えたよ。でも、違うんじゃないか、て思うだけ。)
それとも、そんな世界の過去を遠くまで追い求めて探さなくても、
この現在の日本に指導者がいるじゃんってこと?

そして、日本から世界へ「羽ばたく指導者」は、日蓮仏法を先頭で実践している池田先生。
「耳傾け」は、この仏法に、偏見無しで耳を傾けてみなさい、ということ。
 
   
Posted at 06:56 / がっかいかつどう / この記事のURL
コメント(0)
ちかいとまなび / 2006年02月11日(土)
女学幹の行われた10日の新聞を今日読んだら、
先生の随筆が「誓願の祈り」だった。
そう。誓い。

あと、学ぶことについても、
「信仰の強さ・弱さは、人の知識よりむしろ勇気だ」
という多宝会の方の箴言が紹介されていた。
うん。今日、なおさんにも、女学幹のことをいったら、
「二乗(あたまでっかちな人)になっちゃいけないけど、
学ぶのは大切だよね。」と言われた。

バランスが大事。というか、
すぐ甘えてしまう私が信行学のバランスを取るには、
全部にすごくすごく全力で取り組まなきゃいけないんだと思う。
 
   
Posted at 23:34 / がっかいかつどう / この記事のURL
コメント(0)
さいしゅうにんむ / 2006年02月11日(土)
今日は、白蓮の最終任務だった。

最後の着任は、受付。
最後の着任を、なおさん(密かに姉と慕っている白蓮の先輩。県女。)と
着かせていただいたのは、密かに感激でした。

任務中だったんだけど、
昨日の女学幹のこと、最近の地区のこと、なんかをお話しました。
地区の、彼氏と仏法対話している2人の1年生については、
本当になおさんも気をかけて下さいました。

自分を理解してもらいたいから。ただそれだけの、自分中心の下種、折伏は、
結局相手を不幸にするかもしれない。
相手に幸せになってもらいたいから。本当にそう思っての折伏じゃなくちゃ、いけないんだよ。
例えば、別れた後でもその人と一緒に信心できるか。
それが出来ないと、結局退転してしまう。

なおさんは、そんな若い女学・女子部を沢山見てきたそうです。

なおさんがUちゃん(1年生)に、「まだ若いから」と、彼氏とつきあうのを反対された、と聞いて、
意外に思ったけれど、そんな経緯があって、そんな本心があったのか、とわかりました。
Uちゃんはしっかりしているから(私が年下の姉と慕うほど・笑)大丈夫、と思ってしまう私ですが、
なおさんが見てきた女学にも、そんな子がいたんだと思います。
だからそんなに心配しているのか。
Uちゃんは、自分が学園出身だからそこまで言われるのかと思っていたので、
明日の朝、その、なおさんの想いを彼女に伝えたいと思います。

(「スピードが大切!」ですから。)
 
 続きを読む…  
Posted at 23:08 / がっかいかつどう / この記事のURL
コメント(0)
じょがっかん / 2006年02月10日(金)
深夜1時まで、先輩にESを手伝って頂いた。
本当にありがとうございます。

朝、赤塚郵便局にESを持ち込みました。
ぎりぎりだったけど、
2日前に、うちで教学講座を開き、
1日前に、本幹を拝し、
出したその日は、首都圏女学幹部会。

一年前の自分だったら、
「ESがあるから」と言い訳して、
全ての学会活動はキャンセルしていたでしょう。

「全ての自分の源は学会活動。祈り。」と決めて
学会活動と同時進行してこその「勝利」を目指すようになりました。

そして、ものすごかった女学幹!!!

@先生からのメッセージが2枚。
(分量で比べてはいけないけど、
そんな会合は聞いたことが無い、と四者のみんなに言われました。)
A翌日(戸田先生の生誕)の新聞に載る、
戸田先生へ向けての和歌を一足早く発表。
B慶應女学、1年で活動家5倍、という体験発表。
Cパフォーマンスで吉井女子学生部長までもが、
青春アミーゴを踊る。
D最後、「緑の栄冠」の、吉井女子学生部長の素晴らしい指揮。
そして、その後の人事発表がかすれ声になってしまった吉井さんはステキでした!

 
 続きを読む…  
Posted at 23:33 / がっかいかつどう / この記事のURL
コメント(0)
きかくなんだよ / 2006年02月08日(水)
就活って、
「自分」という企画を会社に売り込む
ってことだよね。
説明会はオリエン、ESは企画書、面接はプレゼン。

田坂広志「企画力」
を読んで、昔気づいたそんな当たり前なことを、忘れていた。

企画=自分。
自分が売り込む企画のことは自分自身が愛していなくては
売り込むなんて出来ない。
企画の問題点を自分で探るのはやっても、
企画自体を否定なんてしちゃいけない。
問題点は、修正するのみ。

自分が大好きな企画は、その会社にとって必要なのは勿論、
企画自体が一番活かされる、幸福になれる会社に売り込まなくては。

そして今、私はその売り込み先として「宣伝会議」がダントツ。
「宣伝会議」自体大好きだし、「宣伝会議」で私という企画がどう動くのが
ベストなのか、も言える。

だから、それが伝わるように、
(ロジカルに伝えるのが苦手、という問題点を克服しつつ)
最大限の努力を惜しんじゃいけない。

 
 続きを読む…  
Posted at 02:36 / しゅうかつ / この記事のURL
コメント(0)
みみーずく / 2006年02月07日(火)
息抜きに
(人生常に息抜きしてるけど…)

http://www.mimi-zuku.com/
 
   
Posted at 19:36/ この記事のURL
コメント(0)
P R
月別アーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!