まず、 

November 01 [Tue], 2005, 22:29
プラスティックの板を横1.2ミリ位、縦の長さは犬の耳に合わせ
(奥まで入れて)耳の長さよりも少し長めに切ります。
板の硬さは、折れやすくても駄目、硬すぎても駄目、です。
クリップボードの板や少し固めの下敷きを2枚重ねにして
使う事もあります。(その場合ボンドで下敷きをくっつけても
いいですよ)

この板の片方を 

October 31 [Mon], 2005, 22:38
写真のように、角を取ります。
耳に入る方ですが、傷をつけないようにするためです。

先程丸くした所に 

October 30 [Sun], 2005, 22:43
脱脂綿を巻きつけ、芯を包むように
幅 2.2 センチ 縦 3センチ に作ります。
(耳の大きさに合わせ・・・大きすぎても耳に入らないし、
小さい場合は数日後芯が出てきて耳を傷つけるので注意してください)

取れなくするために 

October 29 [Sat], 2005, 22:50
ユウトクバンを、幅4ミリ 縦5〜7センチ位に切り
綿の部分からプラスティックの部分までグルグル巻いて
取れないようにします。
耳が傷ついている場合は、ホワイトワセリンを脱脂綿に塗って
摩擦を軽減させています。

先程ユウトクバンを巻いた部分から 

October 28 [Fri], 2005, 23:00
プラスティックの少し余分な長さで
ユウトクバンを2枚切ります。
接着面を上にして、プラスティックに貼る準備をしてください。

この写真のように 

October 27 [Thu], 2005, 23:03
貼っていきます。手に引っ付いてイライラする事が多いですが
短気は損気ですよ!!

もう一つのユウトクバンを 

October 26 [Wed], 2005, 23:07
接着面をまた上にして(ここ注意してください)貼ります。
写真で見える面が接着面ですよ!!
出来ればシワにならないように綺麗に張ってください。
これは、少し汚いですね・・・・・。

ユウトクバンの粘着面を、エーテルで拭くと
より粘着力が増すので、やった方が長持ちすると思います。

そして脱脂綿部分を 

October 25 [Tue], 2005, 23:17
耳の中に入れ耳の中間部分を通り
耳の先の延長まで芯がいくように貼ってください。
貼る時は耳の丸さに合わせて沿うように貼ってくださいね。上の写真の接着面は、この写真では耳の内側に貼っているほうです。

この時、耳を千切れない位思いっきり引っ張り
そのままの状態になるように貼ってください。

このように、 

October 24 [Mon], 2005, 23:25
先までしっかり貼ってください。
この写真の芯棒は耳の長さよりかなり長かったので
後から耳の先の上1.5センチ位で切りました。

貼り終わったら 

October 23 [Sun], 2005, 9:28
幅1センチ5ミリ 縦5センチ程度のユウトクバンを耳の先から
板の反対方向まで耳の先が板から離れないように貼ります。

これで、片耳完成です。耳の先の方の余ったユウトクバンは
切り落としてもいいですし、張り合わしてスマートにしても
よいですよ。
P R
Yapme!一覧
読者になる