溜め息

February 13 [Mon], 2012, 23:10
今日だけは少しだけ
思い出しても良いかな。

久しぶりのどきどき。
あったかい気持ち。

夢の様な時間。

すべてを思い出したいけど
どうしても苦しくなって
泣いてしまいそうになるから

せめてここに書かせて。

今すぐにでも
逢いたいって伝えたい。

遊びでも良いから、
また逢いたいと願ってしまう。

だってあの日、
きっと目の前にいた私だけを
笑いながら見ていてくれたはずだから。

2度目が来ないことはわかってる。

きっとそう思いながら
接していたはず。

あの瞬間だけを
欲しがってると気付いてしまったから

それでも良いと思ってしまったから
素直に飛び込んでしまった。

夢の中にいるようで
あたたくて心地よくて。

言葉にしたくなって言ってみた。

もう一度あなたの表情を
確かめたくなって言ってみた。

でも、あなたは返さなかった。

わかってるよ。
本当は気付いてた。

困った顔することぐらい。

困らしたい訳じゃない。

ただ、嘘でも良いから
俺もだよって言ってくれたなら

それでも良いと思った。

こんな関係はうんざりなのに
追いかけたくなってしまう。

疲れるだけなのに


苦しいだけなのに


辛いだけなのに。

でもいろんな事を考えたけど
考えるのを止めてみても

余計な考えをとっぱらっても
やっぱりすきだよって思った。

でもあまりにも
普通な顔して笑うもんだから
悲しくなったの。

きっとあの夜は
あなたには何ともなかった
当たり前のことなんだね。

そう思ってたんでしょう。

私は違うよ。
単純な理由だけどすきになってしまった。

家の前まで送ってくれて
最尾の瞬間何を話したら良いのかわからなくて

でもこのまま終わったら
2度目はこないこと気付いてたから
余計になにも言えなかっただけなの。

じゃあね。って言ってみたけど
普通な顔してた。

また機会があったら逢おうね
なんて言ってしまったけど

本当は毎日逢いたいんだよ。
気付いて欲しかった。

だからまた機会を作ろうねって
言いなおしたの。

あの日から携帯ばかりを
見てしまう私は馬鹿な事なのもわかってる。

いつもなら携帯の確認なんか
したりしないのに。

でも、どうしても
逢いたい。

あの日から溜め息ばかりで。
仕事をしてても考えてしまう。

ねぇ、逢いたいよ。
声が聴きたいの。

すきだよ、きーくん。

いつもならこんな人、
気持ちわるーなんて
人に言うくらいありえないと思ってたのに。

自分が自分じゃない。

こんな中学生みたいな
気持ちになるのが久しぶりで

どう対処していいのかわからない。

伝える事さえもできないのかな。
今度は嘘じゃない、試してもない、

ほんとうのすきだよ。

お願い。

あなたからの連絡を
待ってる私を馬鹿だと言って。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mimi
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mimi0519/index1_0.rdf