Miloって?

August 27 [Sat], 2011, 9:09
Miloの犬種、ジャックラッセルテリアって育てるのは簡単じゃないってことをMiloを飼い始めてしりました

それはたぶんコントロールしにくく、アクティブなので運動量が半端ではないからだと思います
なので時間がなかったり忙しいなどの理由で散歩に行く機会があまりない人には難しいのでしょう
あと自我というか、いつも自信たっぷりの性質を(個体差はありますが)持っていると思います
一番困るのはほかの犬種に比べ、かなり好奇心が強く、それがたまに厄介になります
例えば。。。拾い食いが一番止めるのが大変で今でも油断しているとものすごい早さでいつの間にか口の中もしくは胃袋です最初の頃の散歩は大変でした


うちの近所でもジャックラッセルテリアをよく見かけるのですが。。。あまり友好的でない方が多いです散歩を始めたころ、あるジャックラッセルに会ったのですがかなり本気で威嚇されその後しばらくMiloは
ほかの犬を怖がって近くかなくなってしまいました
そんなアタックをしてきた飼い主さんは犬を叱るでもなく、私に謝ることもしませんでしたそれから同じ犬に会うとよく吠えられます



でも面白いことにほかの飼い主さん達と世間話しをしているとみんな口をそろえて同じ犬がアタックしてきて危ないと言っていますこんなとき日本でも海外でもそういう風に話しをしてちょっと面白いと思いました。


だからと言ってすべてのジャックラッセルテリアが同じとは限りません
自慢は入ってしまうかもしれませんが、うちのMiloはかなり友好的で大きな犬でも小さな犬でも興味を示し、遊びます
やや荒っぽい遊び方はしますが、違う犬種のパピー達と一緒になにも問題なく遊んでいます
犬だけでなくどんな人にもかなり人懐っこく、人とすれ違うたびに遊んで欲しそうに尻尾を振り振りさらに遊んでくれる人にはもっと大サービスするくらいです


さらにMiloだけでなくいろんな種類の犬はバカではないのでトレーニング次第で変わってくると思いますが、ジャックラッセルは頭がいい方だと思います(自慢ですいません
と言うのも、Miloが2カ月の頃からお座り、お手、伏せ、待て、ステイ、ハウスなどを結構簡単に覚えてしまったのでびっくりしました今では、まわれ、つけ、などを覚えさらにいろいろ教えていこうと思ってます


そして、一番重要なのは健康だということだと思いますジャックラッセルテリアは比較的に病気にも強く健康だというのが一般的に考えられていると思います

飼い主さんのトレーニング次第で犬ってどこまでも変わりますよね
飼い犬の長い歴史をもつイギリスでも常識ない
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tae
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:国外
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/milobolo2011/index1_0.rdf