日々思うことをのんびり気ままに。 あぁ…クリエイティブで生きたい…。

□■Profile■□
■name■emi
■hobby■写真、ギター、デザイン
■Dream■デザイン、イラスト関係のお仕事(今もかじってるけど…)
■blood■AB型
HPもみてネ☆


2004年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■□coment■□
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:milkywell
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
台風 / 2004年10月20日(水)
今回のは、超大型の台風なんだよね。

とりあえず、雨がザァーザァーすごいよ。
うちの目の前には川があるんだけど、氾濫しそうで怖いよ。

家は高いところにあるから浸水とかはありえないけれど
道路が浸かって、身動き取れなくなりそう…。

夜中の3時がすごいらしいけど、今落ち着いてる気がする。

今日は本当は彼氏んちにお泊りだったけど、あきらめたよ

 
   
Posted at 23:17/ この記事のURL
コメント(0)
円形脱毛症が・・・!! / 2004年10月18日(月)
ここ何日か前から気になっていたのです。

なんか、頭の一部分ツルツルしてるなぁ〜と・・・。

んで、今日母に「ちょっとさぁ、ここ見てみて」と言って見てもらうと

「アラヤダ!!禿げてる!!」
と。。。。うすうす感ずいていたけどちょっとショックーー。

私って結構繊細なのか、幼稚園にあがりたての頃にも円形脱毛症に
なったことがあるんです。
どうも、自由に育てられすぎて私立の厳しい幼稚園の圧迫感に
耐えられなかったようです。

ということで、今も確かに仕事でそんな状況があったかもしれません。
上からあーしろこーしろ、あーでもないこーでもないと言われて…。
一体どうすればいいの?と言った感じで意見をコロコロ変える上司。
言ってることが矛盾だらけ、幼稚じみた発言。
その他もろもろあって疲れてました。
 
   
Posted at 23:46/ この記事のURL
コメント(0)
やさしいウソ / 2004年10月17日(日)
恋のからさわぎを見ていたら、宇梶さんがゲストだった。

元暴走族のヘッド。そうとは思えないやさしいまなざし。

そして、ハートはHOT。

女の子が、「ウソついてまで恋愛したくないです」
と言ったのだけれど、宇梶さんは
「ウソはねぇ・・・本当は辛いんだけど頑張って笑顔で
いる事もウソなんだよ」
と言うようなことをおっしゃいました。

もう、私はその言葉に今まで自分のウソ嫌い魂を
打ち砕かれました。
その一言で「やさしいウソ」の大切さを悟りました。
今までももちろんやさしいウソだってあるって
よく聞いた話なのですが、どうしてもウソは好きでは
ありませんでした。

でも、宇梶さんのやさしさいっぱいの一言に
やられました。素敵。

更に、ウソなんかつきたくないとかそんなの言ってるのは
「ガキ」だと。
確かに、自分でも薄々・・・いや心では分かっていたのですが
ウソから汚い大人になりそうな気がして嫌だったとか
自分に正直でいたいという思いから
無理やりウソはよくないんだと言い聞かせていました。

でも、やっぱりまるっきり正直に物事を言ってしまうのは
ワガママになったり人を傷つけてしまったりするのですよね。。

裏切ったり、後ろめたいウソはやっぱりダメだけど
相手を思いやるが上でのウソってやっぱり大切なのかな?
と思った今日でした。

 
   
Posted at 01:20/ この記事のURL
コメント(0)
ブログでびゅー / 2004年10月11日(月)
巷でウワサのブログってなんなのかしらと調べて小1時間…。

へぇー、なんかおもしろそぉーってことで、作ってみた

まだまだぜんぜん使いこなせないので
徐々に研究して行こうと思いマス

絵文字とかを日記で使えるのがいいねぇ

カワイイ
 
   
Posted at 00:01/ この記事のURL
コメント(0)
こねこちゃん / 2002年10月15日(火)
車を運転していたら、目の前で子猫がひかれてしまったのです…。

トンネルの中に、双子の子猫が2匹いたのだけど
両端に1匹ずついて必死に道路から逃げ出そうと慌てていました。

私の目の前の車も慎重にゆっくり走っていて、子猫の横を
通り過ぎようとしていました。

通り抜けたら私は車から降りて、子猫を救出しようと思っていました。
あのままでは轢かれてしまうから…。

でも・・・通り抜けたと思った車の後輪に、ネコがどういうわけか向こう側へ渡ろうとして
顔をつっこんでしまったのです

それで、鼻のあたり?左頬?を後輪にギュルっと巻き込まれてしまい
子猫はバッタのように飛び跳ねて、のたうちまわっていました・・・・。

すぐにパタリと倒れてしまうかと思ったのですが、生命力とは強いもので・・・
というか、即死になるようなはねられ方ではなかったので
痛い痛いって、飛び跳ねていました。
もう、目の前でそんな光景の一部始終を見ていて辛くてしかたありませんでした。

顔が、痛いよー!って顔をしているんです・・・。


 
   
Posted at 23:00/ この記事のURL
コメント(0)
P R
■□category■□
■□monthly_archive■□
 
 
Global Media Online INC.