久しぶりに書いてみた 

March 12 [Sun], 2006, 19:13
お久しぶりです。
今までずっと書けないでいたのには理由があるのです。
私、2月に引越しをしました。
部屋の更新まであと1年あったけど、いきなり引越しを決めて、決めたら意外と行動が早かったりするのです。
ネット環境もすぐに整ったのですが、何せ余裕がないというか、慣れない環境の中で手続き関係が色々あったり、部屋が片付かなかったり、気持ち的にも落ち着かない日々を過ごしていたため、書く気にもならなかったのです。
見かけによらずストレスを受けやすい私は、緊張から来る首、背中痛、肩こりに悩まされたりもしました。

でも一番大きかったのが、この引越しがきっかけで大切な人に出逢いました。
初めて出逢ったときから不思議と自分を飾らないで自然体でいられたし、一緒にいることが多くなっても、以前から知っている人のようで全く違和感を感じなかった。
私の知らない世界を生きてきた人だから正直不安もあったけど、きちんと話をしてくれて私のことも考えてくれていると分かって嬉しかった。
これからもずっと一緒にいたい。一緒にいられたらそれだけでいいのです。

氷の世界 

January 08 [Sun], 2006, 21:32
予定のない日曜日、朝起きて洗濯をはじめる。
最近調子の悪い洗濯機、全自動なのに、排水を上手くしてくれないのでちょくちょく見に行かなくてはならない。
まぁ10年近くもベランダ置きならそろそろ寿命か…。
そんな事を考えながらベランダに出る。
どの部屋でもこの時間は洗濯の時間なのだろうか、洗濯機の回る音が聞こえている。下の方の部屋からも作業をしているであろう気配がする。
ふと、階下の方に目を向けると、斜め左の部屋の前だけが白く雪のような光景…。
ん…?ここはとても雪が積もるような場所ではないはず…。
よくみると、その部屋の前だけが凍っている…?
ベランダから身を乗り出して下の方を見てみると、その部屋の洗濯機やらサンダルやらも氷漬のようになっている。そして部屋の住人が凍った洗濯機にお湯をかけていた。
なんだ、この光景は。
夜中に水でも撒いたのだろうか、しかし、部屋から離れた塀にも、その塀を越えた向こう側にも氷は続いている。まるでホースでも壊れて水が噴射でもしたかのよう。
一体何があったのか非常に気になる。しかしその真相は闇に包まれたままなのだ。

あけましておめでとうございます 

January 01 [Sun], 2006, 21:23

寿司をにぎりました。私が。
寿司ってやっぱり職人技なんですね。難しいんですね。
どうやってもシャリがでかくなっておにぎりみたいな寿司になります。
だるま寿司です。
すぐお腹いっぱいになるので良いかもです。

帰省 

December 30 [Fri], 2005, 21:00
地元は北国なので、家にこんなデッカイつららができてました。
落ちて刺さったら死にます。
今年はどこでも騒いでましたけど、うちの地元もいつもより雪が多いみたいです。雪国の中でも比較的雪は少ない地方なのです。

そんな実家に帰ると、今年は秘密兵器がありました。
名前は分からないのですが、こたつに蛇腹の煙突?みたいなのがささっているのです。その先にはストーブがあります。
「コレ何?」
「こっちじゃ今流行ってるんだ。ストーブの温風をこたつに取り込んで、部屋も暖まる一石二鳥よ。」
確かにこたつは電気が入っていないのに相当暖かい。むしろ暑いくらい。本当に流行ってるの?ウチだけじゃないんか?と思ったので地元の友人に聞いてみたら、ウチにもある。との事。雪国必須アイテムらしい。

海峡 

December 22 [Thu], 2005, 22:38
「海峡」とは以前妹に連れて行かれた居酒屋であります。
安くて量が多くて後半参りましたがそこがたまらなく好きです。
一押しメニューは「丸太ん棒大根のコトコト煮ステーキ風」。かなりウマイ。
その話を以前職場でしたら、行きたいという事を言われ、連れて行ったのです。
会社の忘年会は終了していたので、今日は部署が同じ人々だけで。

一押しメニューの写真は撮り忘れたので本日(下)と前回(右)の可愛いカクテルを。

群サファ 

December 03 [Sat], 2005, 20:37
群馬サファリパークに行く。
こういうところって結構しょぼかったりするけどわりと良かった。
一緒に行った今日の相方は、昔からだけど本当に無知な人で、片足で立っているフラミンゴを見て、「あいつ、足が一本ない!!」と騒いでおられました。あれは片足を隠しているのです。アホです。常識です。
こんなに近くでフラミンゴを見たのは初です。意外と目が怖かったです。
あとは、熊と猿が同じ場所で一緒に暮らしていたり、ライオン繁殖しすぎだろってくらい山積みになってました。皆結構大人しいけど、ほんとに近くまで寄ってくるので車で轢きそうになります。

「せっかく群馬に来たから、下仁田こんにゃくと下仁田ネギを食って帰る」と言ったところ、無知な相方は「何それ」との返答。店も分からないので結局あんこう鍋を食う。まぁ鍋にネギが入っていたので下仁田ネギだと信じて食べたので良しとします。

みかんがり 

November 23 [Wed], 2005, 0:00
伊豆・熱海近辺にバスツアーのみかんがりに行く。日帰りなので異常な早さの集合時間。
みかんがり以外にも色々な場所に連れて行かれるのですが、分刻みのスケジュールで移動移動。仕方ないけどちょっとツライ。
一碧湖(あってる?)とか行ったけど、紅葉も大した事無くて、湖にいる鴨をぼーっと眺めた。時間があればスワンボートに乗りたかったのに〜。
おまけにみかんってはさみで枝部分から切らないときれいに採れないんですね。手でもぎ取るとヘタの部分が茎に残ってしまうので穴があいてしまいました。画像のみかんはきれいに採れたヤツです。
うちの冷蔵庫にはみかんが大量に眠っていますが、早く食べないとヘタの穴のところが乾燥してしまうのでした。

ヨン様事件 

November 05 [Sat], 2005, 12:20
少し遠出をして、すしを食べに行く。
職場の先輩の妹の旦那さんの店なので高級寿司を安く食べる。
車えびなんてピクピクしたまま出てきたけど、動いてるうちはなんだか手を付けられなくて、結局動きが止まってから食べると言う…。それじゃあまり意味がない。
先輩オススメの芽ネギ(合ってる?)を食べた。出てきたときの私の第一声は「芝生みたい!!」
…つくづくスイマセン。
だってほんとに芝生みたいなんだもん。

その後、先輩の友人達と合流して遊んだ後の帰りの電車。
空いていた深夜の電車に私たちは座っていた。
ふと隣にいた先輩が、「ねぇねぇ、あの人ペ・ヨンジュンにそっくりじゃない?」そんな事を言ってきた。
その方向にいた彼は、背が高く黒のジャケットで色眼鏡をかけ、ふわふわした茶色い髪の韓国人か中国人。友人と思われる数人と一緒に座っていた。
「そういえば今、ヨンちゃんってお忍びで日本に来てるんだよね。だとすると、う〜ん、あれはヨンちゃんだ!!」
と勝手にそういう結論に達した。
韓流ブームに全く乗っからない私と、乗っかってるけどヨン様には興味がない先輩と、その後もヨン様(?)を目で追い続けた。
ヨン様ファンなら本物か偽者か見分けられるんだろうけど、知ってる程度の私にとっては彼こそがヨン様なのだった。
不思議なもので、全く興味がない人でも、有名人というだけで以上に興奮してしまう。これがミーハーというものなのか。
あまりにヨン様だったので携帯で写真を撮りたかったけど、勝手に撮ると盗撮になりますので注意しましょう。断って撮れば問題ないのですが、本物かどうかも分からない人にそこまでの勇気は出せません。
その後、ヨン様は新橋駅で友人達と降りていったのでそこでお別れとなった。

カルチャーショック 

November 03 [Thu], 2005, 21:53
普通、赤飯に紅しょうがって乗らないんですか?
うちの実家じゃ赤飯の上には普通に紅しょうがが乗ってくるのです。
だれもそれについて突っ込みいれる人はおりません。当たり前だけど。
紅しょうがは嫌いだけど、紅しょうがの乗ったあとの赤くなった赤飯部分は好きだという話をした時「えっ?赤飯に紅しょうが?」っていう意外な返答。
はぁ〜、なんか私の中では焼きそばに紅しょうがくらい赤飯に紅しょうがなんですけど。
全国的なものじゃなかったと知って意外。

そういえば以前も「メン子ちゃんゼリー」の事を誰も知らなかったことがある。
メン子ちゃんゼリーは地元じゃ最もポピュラーで小さい頃から食べているおやつなのです。
墓参りに行くとメン子ちゃんゼリーがお供えしてあるお墓がいっぱいあるのです。
メン子ちゃんゼリーを知らないとは…。

横浜 

October 22 [Sat], 2005, 21:20
気心の知れたある人と横浜までドライブ。
彼と横浜に来るのは二度目。

私は一回観たけれど、彼が好きそうだったから「チャーリーとチョコレート工場」を観る。
私が映画に誘い、彼がドライブに誘う。
最初に誘ったのは私だけど、その日が近づくと何故か憂鬱になった。

彼の顔を見ないで話す私。そのことにきっと気付いていただろう。

お互いの好きそうなもの、嫌いなものは聞かなくても分かる。
思い出話もしたし、懐かしい幸せだったあの頃の記憶が蘇る。

お化け屋敷に入って手を繋ぐ。

中華街で「久しぶりに手を繋ごう」と言われて、断る私。
結論はまだでない。

でも、もう少し一緒にいたいと思った。
楽しい雰囲気を壊したくなくて肝心な事は話せなかった。

その後メールで本心を話した。

彼の返事にただ涙があふれる。

どうしたらいいのか、どうしたいのかが分からない。
ただ、もうこれ以上傷付ける事は出来ないから。それだけが明白。
私はまた自ら手に入れた幸せを手放そうとしているのかな…。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像...φ(ー ̄*)
» 帰省 (2006年02月05日)
◆プロフィール◆
◆名前◆ N嬢
◆血型◆ A型
◆好物◆ L'arc-en-Ciel・毛物・はんぺん・掛布団
◆嫌物◆ 虫
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:milkyway25x2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる