THE pianist。。 

2008年07月31日(木) 1時13分
ついに見ました・・映画「戦場のピアニスト」
この映画は前からずっと見たかった映画でやっとその願いが叶いました。。
本当に心が痛みました。。
そして「ピアニスト」って本当に素敵だと思いました。
今は世界も自由化され誰もが音楽に触れることができます。
だけどそれは戦争が起きていた「過去」では不可能なことだった。。

「不可能」なことを「可能」へと導くとき忘れてはいけないこと。
それは音楽の「価値」だと思う。
価値というのは目に見えるものではなく、目には見えないもの。。

映画の中で印象的な言葉があった。

人間としての最低限の生活も許されなかったユダヤ人が道端で
音楽を奏でる人々に対する一言

「音楽なんて聴きたくない」

この一言を聞いたとき、涙が止まらなかった。
音楽は人間が息するのと同じで不可欠な存在であると思う。
それまでを否定するくらい「差別」が深刻化されたのかと思うと途轍もなく悲しかった。
同時に「差別」というものが現において未だに存在していると思うと
世界が暗く見える。。

いつか本物の「自由」が世界に訪れることを願いたい。

映画「戦場のピアニスト」は
心中に深く残る作品だった。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Vitamin
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-クラシック、ジャズ、、とくにクラシック大好きです♪ピアノ弾いてます♪♪
    ・語学-フランス語勉強しています!ペラペラになる!!なりたい!!
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント