チンドンヤ 

July 16 [Wed], 2008, 23:05
仕事帰りに、雑貨を見に行った。

雑貨屋とか文房具屋とか花の苗や動物や手芸道具など(使わないけど)

とにかく、何だか面白いものがいっぱい置いてある店が好きだ。

そこで、雑貨を見ていると。

「チンドンヤ〜」

と言う単語が聞こえてきて、ドキッとした。
色々思い当たる事がある私は、自分が呼ばれたかと思ったのだが、どうも違うらしい。

振り向くと、レジの若いお嬢さんとおばちゃんが喋っていた。

「私の服チンドンヤみたいでしょ!」

「そんな事ないですよ!?」

…明らかにチンドンヤである。
チンドンヤとはどの様な物か良く分からないが、チンドンヤで間違いない仕様の服を着ていた。

赤の大柄の花柄に、黄色や青の原色が混じった生地。
きらびやかな南国風味である。

しかし、どうしてレジの人は。

「チンドンヤですね」

と言わなかったんだろう。

言えなかったのか…日本の悲しき接客業である。

いや、接客業だからこそ。、
お客様が欲している言葉を適宜かけるべきである。

おばちゃんは

「チンドンヤでしょ〜?」「はい」

と言って欲しかったのか。

「チンドンヤでしょ〜?」「いいえ!とても素敵な服ですよ」

と言って欲しかったのか。

私ならどう答えるか…。

むしろ。

「どこでその服を買ったのですか?」

と聞いてみたい気がしてきたが、質問を質問で返すのは失礼なのかもしれない。

接客業は難しいと思った。

今日のおやつ

なんかクリームを挟んだ物。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:milkmouse
  • アイコン画像 誕生日:12月10日
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる