一瞬の光 

October 17 [Mon], 2005, 20:01
4043720017一瞬の光
白石 一文
角川書店 2003-08

by G-Tools
★★★★★
派閥抗争を勝ち抜いてきたエリートサラリーマン、38歳の橋田は、19歳の香折との奇妙な出会いによって人生の意味、そして愛についての答えをみつけていく。

すごーくおもしろかった。濃くて深い! スケールでかい! 不思議な出会いで人生変わるってことってあるね。会社の派閥争いのドロドロした部分も自分とは縁のない世界にドキドキした。読んだ後、がつーんと頭を殴られたような感覚になったよ。人と人とのつながりっておもしろいね。

カルプス・アルピス 

September 29 [Thu], 2005, 22:18
4093861269カルプス・アルピス
嶽本 野ばら
小学館 2003-10

by G-Tools
★★★☆☆
友人に頼まれてプールの監視員をしている男と、そこでもくもくと泳ぎ続ける少女の、記憶と魂をめぐる6つのエピソードから成る物語。なんとなく展開が都合良すぎだなーと思うとこが結構あったけど、さらっと読めた。嶽本野ばらの小説の王道って感じ。あとがきを読んだあと、巻頭の挿絵を眺めたら不思議な気持ちになった。

介護入門 

September 29 [Thu], 2005, 22:07
4163234608介護入門
モブ・ノリオ
文藝春秋 2004-08-26

by G-Tools
★★★☆☆
RAP風な言葉の羅列で、おばあちゃんの介護についての想いを語るっていうギャップがおもしろいかな。主人公が大麻好きなので、現実と幻が錯綜してる部分がわかりにくかったり、文体がちょっと読みづらいのがイマイチな点。機械的な介護をするヘルパーや親類に対して攻撃的だけれど、芯はおばあちゃんへの愛がたっぷりっていうのがなんか切ない。一風変わった形の小説なので、好き嫌い分かれるね。多分。

Stamp stamp stamp Europe 

August 27 [Sat], 2005, 10:14
4916199677Stamp stamp stamp Europe
塚本 太朗
産業編集センター 2004-12

by G-Tools
★★★☆☆
かわいいヨーロッパの切手の本。でも内容がもうちょっと濃かったらいいのにな。こういうのって数が多く載ってる方がいいと思うから。でもわたしあんま海外の切手を自分で集めようとは思わないんだよねぇ。使うことに意義があると思うから、日本の切手を買うのは好き。

僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由 

August 27 [Sat], 2005, 9:49
4163576800僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由
稲泉 連
文芸春秋 2001-08

by G-Tools
★★★★★
21歳の著者による、社会の中で生きていくことに悩みをかかえる若者たちへのインタビュー。いろんな生き方があるんだな…っていうのを実感した。すごく文章がうまいし、観察眼がするどく、よく分析できていてすんなり読めた。著者も若いから、彼らの話を聞きながら自分も人生を模索しているんだなっていうのがみえるのもよい。

ロックンロールミシン 

August 02 [Tue], 2005, 23:33
4101264317ロックンロールミシン
鈴木 清剛
新潮社 2002-05

by G-Tools
★★★☆☆
サラリーマンをやめて高校時代の友人が始めたインディーズブランドを手伝うことになった賢司。しかし洋服に夢中になる仲間たちと、無気力な自分との間に空気の壁を感じてゆく…

自分と仲間の間の微妙なノリの違い、とか、ハイテンションで何かに夢中になってみたものの、後から感じてしまうむなしさ…なんて今の若者なら共感できる部分はあるんじゃないのかな。短いストーリーなのであっさり読めた。映画もみてみたい。

モダン・マン―異端に生きる28の法則 

July 30 [Sat], 2005, 21:15
439661165Xモダン・マン―異端に生きる28の法則
フローラン ダバディー Florent Dabadie
祥伝社 2002-10

by G-Tools
★★★★☆
ダバディ氏による「モダン・マン」としての生き方指南。わたしは割と彼の考え方が好き。超大胆な発想も多くて、世界市民的な思想はよくわかんない面もあるけどでも哲学と教養が大事なこととか、真っ当な意見はとても参考にしたい。彼は恵まれた家庭に生まれているから理想ばかり並べられるんだろうな…と斜めに見てしまう部分を抜きにしても、語学がこれだけ達者なんだからスゴいよね?

ちなみになぜか三角形のこの本はとても読みづらい。そこまでしなくても…。

インド怪人紀行 

July 30 [Sat], 2005, 21:09
404366205Xインド怪人紀行
ゲッツ板谷
角川書店 2003-12

by G-Tools
★★★★☆
濃ゆい男四人のインド珍道中。面白おかしく、汚いところも危ないところもリアルに書かれているのでわくわくしながら読めた。ドラッグについても包み隠さずちゃんと書いてある。でもインドの本読むたびに行きたくなくなるねー! このシリーズの他のタイやベトナムのも読んでみたい。

ひさしぶりの引越し 

July 23 [Sat], 2005, 10:11
4840112118ひさしぶりの引越し
高橋 みどり
メディアファクトリー 2005-02

by G-Tools
★★★★★
こういう生活憧れちゃう…。自分の持っているモノに対して最大限の気を配りたい。が、あれもこれも…ってなっちゃって、結果部屋の統一感なくなっちゃうんだよねー。ヨーロッパの建物みたいにある程度の基準を自分の中にもって制限しないと、日本の街並みみたいにバラバラになるからなー。少しずつでもがんばりたい。

フランスのかわいい本〈1〉 

July 23 [Sat], 2005, 10:03
489419287Xフランスのかわいい本〈1〉
糖衣社
糖衣社 2004-03

by G-Tools
★★★★☆
おしゃれでかわいい写真が多いのでパラパラめくりながら、フランス行きターイ!なんつって遠い国にアツい想いを馳せるのがこの本の読み方? パリより地方のことがたくさん載ってるのも興味深い。地方おもしろそうだな〜。わたしが少しだけパリに行ったときは急いで観光地めぐりだったので、また行けるチャンスがあればフランス人の生活を少しでも知ろうとする旅にしたいな。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:milkme
読者になる
Yapme!一覧
読者になる