ヤン・ステーン

September 11 [Tue], 2012, 13:40
ヤン・ステーン(Jan Steen,1626年 - 1679年1月1日)はオランダ・ライデン生まれの画家である。17世紀のバロック期に活躍した。

彼は静物画、肖像画、歴史画、宗教画など様々なジャンルの作品を800ほど制作したが、特に有名なのは農民を描いた風俗画である。酔っ払った人々の乱痴気騒ぎ、結婚式、ピクニック、意地悪をされて泣く子供の姿などをユーモラスに描いている。また、教訓的な寓話やことわざを題材にしたことも多い。彼は兼業で居酒屋を経営しており、そこで人々を観察していたと思われる。

しばしば作品に家族をモデルとして用い、自分もよく登場させている。

主な作品

・「のんき者夫婦」 エルミタージュ美術館
・「宿屋の外で九柱戯をする人々」 ナショナルギャラリー (ロンドン)
・「ヴァイオリン弾きとカード遊びをする人々がいる居酒屋」 ウィンザー城王室コレクション
・「リュート奏者に扮した自画像」 ティッセン=ボルネミッサ美術館
・「自画像」 アムステルダム国立美術館
・「聖ニコラウスのお祭り」アムステルダム国立美術館
・「病気の婦人」アムステルダム国立美術館
・「この親にしてこの子あり」 マウリッツハイス美術館

リニューアル情報盛りだくさん!IT 案件ネットの成功情報など豊富な知識であなたをサポート!




P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:milkmaid
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる