父の闘病生活 

August 26 [Mon], 2013, 1:24
今回は前回の続きです。

父が新しい職場に通うようになって以前のイライラは少しだけ改善されたようだった。
そんなある日 私は父に呼び出された。
初めて二人きりで飲み屋に行った。私にとっては本当に良い思い出です。
その時、父が初めて私に彼がいるのかどうかを聞いてきた。でも私は知ってた。
父が私の事を心配して母に三年付き合っていた彼とどうなったのかを聞いていたのを。
母は本人に直接聞けば良いのにって言ってた。けど父がそんな事を簡単に聞ける性格じゃない事、私は知ってる。
居酒屋では他愛のない話をした後に、まだ結婚しないのかとか、真剣にではなくふざけた感じで聞いてきて
情けないなぁって笑ってた。けど父なりに心配をして励ましてくれていたんだと思う。
三年付き合った彼とは結婚も考えての交際だったし、現にそろそろ両親に紹介したいとか言われてたし
式場も見たり…そんな中での別れだったので、いつも前向きな私が凄い暗くなって、目に見えて落ち込んでいたんだと思う。その後二年半、誰とも付き合う気になれなかったし、結婚はしないって思うくらいだった。
まぁ…そう思っていただけで結婚しちゃったんだけどww

今の旦那ちゃんからプロポーズを受けた訳ですが、父に会わせるのが一苦労だった(笑)
父は「会わない」の一点張り。だけど勝手に日取りを決めたら父も観念して会ってくれた。
私凄い不安だった。いつもは優しい父だけど、会わないって言ってたくらいだし、嫁にはやらんとか言っちゃうのかな?って。家に着いたら居間で父があぐらをかいて座ってる。旦那ちゃんには大丈夫だよって笑顔で言ったけど
本当は私も怖かった…。旦那ちゃんが父の前に正座をして挨拶。そして結婚したいって伝えたら
即OK…「こんなんで良かったらどうぞ」って。こんなんでって…( ; ゚Д゚)
旦那ちゃんがゴルフを少しやってるって話をしたら、父は自分の使ってるゴルフセットを旦那ちゃんにあげてた。
そして私に「彼に迷惑だけはかけるなよ」って言ってくれた。
父は彼を気に入ってくれたみたいだった。母が言うにはスーツで堅苦しく挨拶に来なかったのが好印象だったみたいです。まぁそんな訳で結婚して半年は私の実家のすぐ近くのアパートに住みました。
父は毎日仕事帰りに、私のアパート前を通っていたらしい。今までは違う道を使っていたのに。
そんな父の愛情に結婚してから深く感謝をしました。
それから二年半位経ってからかな。母が手首骨折して手術をする事になった。
手術が終わった日に父が私に聞いてきた。「血尿って結石かな?」って。
実は私も母が入院する数か月前に腎臓結石で入院をしていた。その時血尿が出てた。
だから父は私に聞いてきたんだと思う。けど私は血尿は結石だけではなく癌などの病気でも出る事があるのを知っていたから、それを父に伝え明日にでも病院へ行ってくるように言った。

もう一つ気になる事もあった。父は私が結婚するかどうかくらいの時から背中の痛みを訴えていた。
何度か病院での検査もしたけど異常なしだった。
後で知った事ですが、血尿が出る少し前位に、癌の定期検査でマーカーってやつですか?私も詳しくは分からないのですが、とにかく数値が少し悪かったらしい。
数日後に父は病院へ行き検査をした。
何となく嫌な予感はしていた。血尿はでるけど痛みはないって言ってたから。
結石ではないだろうと思ってた。
検査結果は電話で母に聞いた。「膀胱癌だって」って母はさらっと言った。
あまりにもさらっと言うので私は笑った。嘘だと思ったから。「本当は何だったの?」って聞いたら母は
父に「本当にそうなの?」って聞きなおしてる。「本当だって。」そう返事が返ってきた。
本当は母も動揺していたと思う。けど父の前では至って普通にしていたんだと思う。

その日からが家族の本当の戦いが始まった。
私はまずネットで膀胱癌について色々調べた。その時はまだどれだけ進行しているのかさえ分からなかった。
もっと詳しい検査をして、手術もした。
そして私と母が医師からの説明を受けた。
膀胱は内視鏡手術。癌を取り除いて癌細胞を採る。腎臓もみるつもりだったらしいが中が癌に覆われていて無理だったらしい。
リンパ節にも癌があり取り除くのは無理だと言われた。
数日後、採取した細胞から癌細胞が取れず二度目の手術。
その段階で医師からは膀胱癌の中でも一番進行の早い癌だろうと言われた。
けど癌細胞を調べた結果、その型の癌ではなかったということで3種類の抗がん剤治療の提案があった。
父は少しでも治る可能性があるならと、医師にお願いをしていた。
そして私と母だけは医師から父の余命を聞いていた。それが4月。
医師は「早くて半年。もっても年は越せないかも」と言っていた。
父に伝えるべきか母と病院の近くのファミレスで話し合った。
父の性格上、余命は伏せた方が良いだろうって事で話はまとまった。
兄たちにもその事を伝えた。
命のカウントダウンが始まった。

ということで続きは次回・・・。
書いてる私が疲れちゃうなんて…情けないわぁ (((´・ω・`)

今日が穏やかな一日でありますように…
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆっこりあん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月24日
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる