損切り概念 

February 15 [Tue], 2011, 10:11
損切りについてですが、
少し逆行した時点ですぐに切っているんですか?
それとも逆行してから多少様子を見て、
戻ってきたところで切っているんですか?
って思っている方も入ると思いますが
最初にまず答えから言わせて頂くと、

”設定ラインへの到達の仕方で判断していますが、
 戻ってきた所で切る事はありません”

になります。



例えば欧州通貨に関しては、
これは人によって様々な設定幅があるでしょうが、
私は25Pというのが基準になります。


この基準は今まで積み重ねてきた負けトレードから
出てきた数字なのですが、この25Pがまず第一損切りラインになり、
そして第二損切りラインは30P〜35Pに設ける事が殆どで、
この第二損切りラインに達した時は無条件で損切りを実行しています。


勿論レートが飛ぶなど、
その範囲で収まらない事も時々ありますが、
95%は第二損切りライン内で収まっていると思います。




そして更に重要なのは、
逆行の仕方というか、第一損切りラインへの達し方です。


例えば一直線に逆行した場合は、
これは第二損切りラインを待たずに第一損切りラインで
さっさと切ってしまいますし、あとは例えば第一損切りラインに
達する前に、明らかなゾーン抜けとか教科書通りのパターンが
現れた時は、第一損切りラインに達する前に切る事もあります。


ここらへんは感覚というか経験の部分もあるので、
なんとも表現し難い部分なんですが、
常に2つの損切りラインを頭に入れてチャートを見ている事、
これだけは間違いの無い事実です。


そして、
”その損切りラインがチャートでも有効だと思える場所で(逆算して)、
 新規注文する事を心がけている”のは言うまでもありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:milioncave
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる