置かれた場所で咲きなさい

October 21 [Mon], 2013, 19:36
「置かれた場所で咲きなさい」 渡辺和子
幻冬舎


新聞やなんかで少し話題だったようで読んでみた本。
筆者の方がキリスト教の方なので神の存在なども書かれているのだけれど
自分の心の持ちようで世界は変わるよ、というのが主に感じました。
この本で特に印象的なのは2つ。


「どんなところに置かれても花を咲かせる心を持ち続けよう」

「信頼は98%あとの2%は相手が間違った時の許しのために取っておく」


この本は私のような20代よりももう少し年配の方々が読んだらぴんとくるのではないかなぁ、と個人的には感じました。
老いや年の取り方、というところに対しての言及が他のビジネス書などよりも多くある印象を受けたので。
幅広い年代の人に読まれたらいいなぁと思います。
修道女の方だからかすごく穏やかな文体で、その人の人柄がよく表れている文章でした。

愛と恋の測り方

October 20 [Sun], 2013, 15:24
「愛と恋の測り方」


いつぞやの映画の予告で見て、観たいなぁと思っていた映画。
ジョアンナとマイケルの若い夫婦の日常の一日を描かれていて。

ある日のパーティーで夫が同僚ローラと浮気しているのではないか、というもやもやを抱えている中、ローラと出張に行っている間に元彼アレックスに再会。


終始単調にジョアンナ、マイケルのそれぞれの場面が交互に描かれていた。
のだけれど、ジョアンナの方はなんだかんだアレックスの誘惑を押しのける。
でもマイケルはローラの誘惑に負けてしまって。
その後部屋に戻って、替えのYシャツの中から、疑ってごめんね、というジョアンナのメモを見つけるというなんだかもやっとした終わり方でした。

予告編ではもう少し動きのある映画なのか、と思っていただけに拍子抜けというか。
タイトルの愛と恋の違いなども明確に台詞で言及されているところはなく。
制作国がフランスとアメリカになっていたので、情景で理解してもらいたい、というフランス映画らしさが少し出ていたのかなぁ、と感じながら観ました。


ちょっと切ない感じの映画を観たい時にはいいのかな、と感じる映画でした。

20代仕事に躓いたときに読む本

October 20 [Sun], 2013, 8:57
「20代仕事に躓いたときに読む本」 千田琢哉
KKベストセラーズ


少し前に読んだ本を改めて読んでみて。
以前読んだ時は特になにも感じなかったけど
今読むとすごーくタメになる・・・

というのも結構本気で転職を考えていたりするからなわけで。
仕事に対しての決断を後押しをしてくれる本です。

「自分で失敗とわかっているのに飛び出さないのは死んでいるのとも同じ」
「大人になったら100%好き嫌いで選ぶ」
「人生はすべてプライベートなのに、勝手に自分で窮屈にしているだけ」

などなど。

一つの問題に対して見開き1ページで簡潔に書いてあるので
一時間もせずに読み終わります。

本気で仕事に対して悩んでいる時に読むとタメになる。

私はこの本を読み直して、改めて転職しようと思った次第。
仕事自体楽しめてないなぁ、とは考えていて
ただ、給料的には今のところはいい方なので
なんとなーく踏み出せずにいたわけですが。

向いてないことに時間を費やしているだけやっぱり無駄なんだろうなって。
巻末の70のヒントだけでもすごく大事な言葉が書かれているな、と思う。

プリティ・プリンセス

October 19 [Sat], 2013, 22:12
「プリティ・プリンセス」


地味で目立たないミアが実は一国の皇女だった、というシンデレラストーリー。

皇女とわかっても頑なに目立ちたくない、というミアはすごく現実的で。
でも親友の言葉や父親の手紙を読んで皇女になる、と決めたスピーチはすごく印象的でした。
朝起きる時はただのアミーリア・サーモポリスでした。
でも今はジェノヴィアの皇女です。
という言葉で継承権保持を宣言したのはよかったなぁと。

父親の現実を受け入れること、という言葉はすごく心に響いた。
それと親友リリーのミアがシンデレラストーリーの主人公で嫉妬した、とか
世界に影響力を齎せるのなら皇女になるべき、とかいう発言は
すごく人間らしくて好きでした。

ミアがジョシュに憧れてたのはあまり理解できなかったけど
最後はちゃんとマイケルを選んでよかったなぁと。
マイケルがバイト先の人に彼女のこと好きなのか?と聞かれて
妹の親友だよ、と返すけれど
友達と恋人の中間はつらいね、という会話はなんだかくすぐったくて。


観て心ほっこりする映画でした。
少し、癒されたい時とかにはオススメな映画です。

5-7

May 12 [Sat], 2012, 10:41
「あかねさす 新古今恋物語」 加藤千恵
河出書房新書


去年の秋頃から読みたいって思っていた本でやっと読みました(>ω<*)

新古今和歌集の中の20歌に短編の小説がついているのですが。


もう何よりも和歌の内容が今と変わらない恋心であったりしてきゅん、ってくるのですよ

今よりも不便な時代で、

正式に結婚とかいう制度があったわけではなく、

女性の方は男性が通ってこなくなったらそれでbroken upみたいな時代で

そんな時代に詠まれた和歌だからかほんとにその気持ちがぎゅーって入ってきてさぁ><

でも時代が変わっても人が想う気持ちは変わらないんだなーっと不変なものを見た気がしてすごく不思議な気分でした


もちろん短編集の方もすごくリアルで心打たれました。

基本的にハッピーエンドが好きなのですが、結構片思いとか不倫とか失恋、恋人を亡くしたなどなど悲しい状態の主人公が多くて

でも現実はそういうことっていっぱいありうるのかなーって。

等身大の恋愛事情に踏み込んでいるみたいですごく共感しました。


最後の短編とかさ、もろ今の状況なわけですよ笑

私は男側ではないですが、シチュエーションが似ていて、やっぱいろいろ不安持ってるのかなーとか。

この小説の彼女のようにならないようにちゃんと支えたいなーみたいな?笑


15話目のは心ほっこりしました(*´`*)

付き合い始めるまではどきどきで、好きな人からさりげなく「付き合わない?」って!

さりげなさ過ぎてなに言ってるの??ってなるけど、でもうれしくて、みたいなさ!

きゅんきゅんきます、そういうの!


全体的に複雑な心を書いたものが多かったけれど、そういうのもあるんだなーって面白かったです

5-6

May 10 [Thu], 2012, 20:42
「マーチャンダイジング入門」 築山明徳
商業界

一応小売に関係する仕事なのできちんと知っておこうと思って読んだ本。

結構平易な文体で書かれていて読みやすかった♪


そもそものマーチャンダイジングとは消費者の欲求・要求に適う商品を、適切な数量、適切な価格、適切なタイミング等で提供するための企業活動のこと(wikipediaより)らしい。

それについてが述べられてなくてずっとなんとなくこういうことかなーと思って読み進めていたけれど笑。


この本の中で納得したのはローカルの中で

品質、品揃え、価格、サービスの4つの中で地域一番を目指すのがよいという。

この4つの選択肢から2つ以上を一番にすることは不可能だという。


でもこれは確かになー、って自分の肌感覚として感じたとこですね。


それとか商品のライフサイクルが短くなっていることや、お客は必ず飽きるということ

だからこそ常に変革し続けていかなくてはいけないという話が載っていました。


またマークダウンをすることは商品の流動性を確保するためには大事なものであり

その時に気をつけるのはマークダウンする時期。

とにかく俊敏さが大事らしい


などなどモノを売るノウハウについて書かれていました。

今の時代は商品がいきなり爆発的に売れる時代。

これは口コミなどの影響が昔に比べて格段に早く浸透するらしいから。

それに対応するためにも焦点を絞る、実験する、信念を持つ、を大事に、ということと書かれていました

ONE PIECE展

May 09 [Wed], 2012, 20:34
今日は巷で有名なONE PIECE展に行ってきましたー♪
ほんとは友達とGW仲に行くつもりだったんだけど前売り、当日券なしってことで今日になったのです
平日の夕方に行ったけど、それでも人はかなり多かった。。。
ONE PIECE人気なんだなーって改めて思いました
私も結構好きな方ではあるのですが、前にいた小学生の話を聞いたり、原画の前でこれってあれでしょーみたいなマニアックな話をしている他の来場者さんを見ているとそこまでではないなーって思ったりもしました笑。

だけどすっごい細かい作りがしてあって、それだけこのイベント作成に力を注いでこられたんだなーと製作者さんたちの真剣さがすごく伝わるいい場でした(*´ω`*)
ONE PIECE好きだからっていうのもあるかもやけど、それにしてもほんと細かいとこまで楽しんでもらおう!とかそういうわくわくどきどき感がめちゃくちゃ伝わってきて♪
シアター前の待ち時間とか待ち時間と感じさせないようにWANTEDを壁にいっぱい貼っていたり。
日替わりで替わるWANTED、最新版の原画を一週間ずつ替えたり、新刊が出たのに合わせて付け加えたり。
そういう手間はかかるけれど、どこまでも楽しんでもらいたいっていう純粋な気持ちをひしひしと感じました。
私もそういう仕事ができるようになりたいなって、自然に思えました♪

パノラマシアターとかほんと、完成度高かったです><
素敵すぎて久々にONE PIECEを全巻読み直したい!とか思ったり笑


素敵すぎる場に行けてリフレッシュできて、ほんと今日はよかった!
楽しい休日でした^^
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:八尋
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/milinia/index1_0.rdf