「気になる事」を「気になるまま」にしない、という事 

2009年09月17日(木) 11時24分
私の学生生活もあと残りわずか。この3ヶ月間は
1日たりとも、無駄な日はありませんでした。
この3ヶ月間、本当に充実した毎日でした。

勉強したかった事を勉強している、というのも
あるのかもしれないけど、
一番はある人との出会いです。
10年以上ぶりに学生生活を始めた事より、
劇的に私を変えた人物です。
『今までの私は「気になる事」は「気になるまま」にしていて
、それでは、いつまで経っても気になるままだよ。』

という事を気づかせてくれた人でもあります。

小さなことから大きなことまで、今まで「気になる事」を「気になるまま」にしていたこと
思い出せるかな。。。って事もいいんだけど、
『これからは、同じことを繰り返さない』ということも大事。だよね



↓学校の窓からの風景

ボルトキエヴィッチ 

2009年09月09日(水) 23時41分
ピアノコンクール本選は11月にあるでのすが、
それとは別で進める曲が決定(ほぼ)しました。

ロシア人作曲家「セルゲイ・ボルトキエヴィッチ」
「4つの小品 OP.3−1 Capriccio」
という曲です。



1877年2月16日生-1952年10月25日没
1952年没という比較的最近の作曲です。
生存中に第一次世界大戦とロシア革命を経験し、
思うように演奏活動(実力もあまりなかったそうですが・・・)や
作曲活動もできず、2度の大戦で作曲した楽譜も焼け、
不運な作曲家と、言われているようです。


私はロシア人作曲家の曲を演奏する機会が多い。。。というか、
そういう曲が好きですし、私の師匠も私には合っていると思って頂いているようです。

ロシア人作曲家は
「民族音楽的でもあるし、メロディアスで濃厚かつ叙情的曲」
を作曲するイメージがあるのですが、
今回師匠の勧めで知ったボルトキエヴィッチもその王道を行くなぁ。。。と感じました。
調べてみると。。。

「彼(ボルトキエヴィッチ)の作風はラフマニノフ(1873年-1943年)に似ていると言われ、
ピアノの詩人と言われるショパン(1810年-1849年)や
ロマン派音楽を代表する1人シューマン(1810年-1856年)、
ピアノの魔術師といわれるリスト(1811年-1886年)を土台にして、
バレエ音楽の巨匠チャイコフスキー(1840年-1893年)や
ロシア民謡の影響を折衷したものに他ならない。」


現在存在する彼の曲のCDを聴きましたが、
な、なるほど〜。納得です!

2ヶ月。。。 

2009年08月28日(金) 15時07分
6月中旬くらいから「MYぬか床」を育てています。
本当は梅干を作りたいな〜と思っていたのですが、
本をみると、なんだか、初心者にはむずかしそうだったので、
とりあえず、「なんだか、いけそうな気がする〜♪」と思い、
ぬか床を育ててみることにしました。
今では、増殖を繰り返し、最初に作ったぬか床の
2倍以上に育ってくれました。
「ほんとにできるの〜」?と言っていた母親も、
「漬物まだ〜?」と私の漬物をまってくれているようです。
ただこのぬか床、「きゅうり」しか上手に漬からないんです。。。
「なぜ???茄子は嫌なの?」「茄子の糠漬けも食べたいのに〜。」

塩加減なのでしょうか?ぬかが合わないのでしょうか?温度でしょうか?
3日くらい漬けっぱなしにしても、やわらかくならず、生っぽい。。。
ネットで調べても、イマイチ。。。
でも、負けません!絶対に上手に漬かるよう研究しようっと

話は変わりますが、学生生活2ヶ月を過ぎようとしている、8月最後の週末です。
1ヶ月は本当にあっという間です
授業も追い込み??に入り、9月からは今通っているコースのメイン的科目の
授業がほとんどになります。この担当の先生はY先生。
とてもすばらしく寒い。。。オヤジギャグ連発の先生・・・いやいや
とても熱心に授業をしてくれるすばらしい先生です。


さぁ、残り1ヶ月。どんな1ヶ月にするかは自分しだい。
悔いの残らないよう、充実した1日1日を過ごすぞ!

1ヶ月。。。 

2009年07月30日(木) 21時35分
学校入所前、学校に行っている間は、
今まで出来なかった事や、興味があった事、
時間が無いのを言い訳にしなかった事を、
1つずつしていくことを心に誓って
1ヶ月が経とうとしています。

まず、1年位前、水泳を始めるぞと思い水着を買い
値札が付いたまま引き出しに入れていたのを
引っ張り出して、近くのカルチャークラブに
入会をしました。市が経営しているので
結構お手頃な会費でできます。

先週の休みには前から興味があった「かぎ針編み」!
購入した雑誌に「かぎ針で作る シュシュ」の
作り方が掲載されていたので、早速作ってみました。


1日1個で、2日で2個作りました。
結構、面白かった!
それに、シュシュが流行りだしてずっと、心に
思ってたこと、

「あれって、絶対に私でも作れるはず。。。
1000円も出すのはもったいない。。。」

全て100均でそろえたので、シュシュ2個が300円出来ました!
それに、結構、上手くできて大満足!!


早速使っています。



さ、明日は学校が休校日なので何か出来るぞ!!!

何をしようかな・・・

ていうか、、、8月3日は、試験だった。。。試験勉強か。。。

次のコンクール 

2009年07月28日(火) 22時10分
7月20日にあった、ピアノコンクール。
このピアノコンクールも前回のコンクールと同じく
アマチュアのピアノコンクールです。
まだまだ、これからのコンクールで発展途中。。。
私も、初参加です
って感じでしたが、ピリピリムードはあまりなく
参加しやすいコンクールでした。


今回のコンクールの結果は・・・

ありがたいことに「予選通過」いたしました

とりあえず、止まらず、明らかな演奏ミスがなければ
予選は通過出来る点数は付けてくれるらしい。。。ので、これで予選通過できなかったら
立ち直れなくなるところでした・・・。
ある意味、本選会が予選と思って気合を入れなおします

本選は一気に通過人数が減るらしいので、予選みたいにはいかないと思うけど
曲も予選の時とは変えたので、新たらな気持ちで頑張れそうです。
予選も本選も地元で開催されるので、変な緊張感もなくできそうだし。

ただ。。。次の本選、私の師匠の生徒さん5人も通過です。。。皆さん顔なじみです。
私も含め、皆さん同じ部門です。。。なんとも、微妙な戦い?!になりそうです。

10年振りの授業。 

2009年07月03日(金) 22時49分
今日から、本格的な授業が始まりました。
クラスは15名と少なく、先生も目の届きやすい人数です。
みなさん、年齢も職歴もそれぞれで、休み時間など話をするのが
楽しいです。

今日の授業はずっとパソコンに向かっての授業だったのですが、

授業中、「ベロニカ」という言葉がフッと出てきました。

『ベロニカ・・・って、だ、誰だっけ??』←心の声


「授業半分」「ベロニカ半分」。。。
ベロニカ。。。ベロニカ?。。。もう、止まりません。

『あ〜、小学生の御用達、学習帳ね!』・・・それは「ジャポニカ」・・・

「ニカ」しか合ってね〜じゃん。と一人ボケツッコミしながら、

。。。しばらくの間、ベロニカに心を奪われ、瞑想すること数分。


『あ〜!!刑事コロンボに出てくる犯人の秘書の名前だ〜!』
              ↑
このブログを読んでくださっている方から、「知らね〜よ!」って言う声が聞こえてきそうです。

そして、犯人の名前ではなく犯人の秘書ってところに、自分で感動です(笑)


ふ〜!すっきりした!さ、授業、授業。。。


時間にすると5分くらいでしょうか。瞑想から無事、戻ってこれました(笑)

あ〜そういえば昔も、授業中にどうでもいいこと考えてたな〜


この歳になっても、授業を受けるときには「学生」を忠実再現です(笑)
                   
                学生というか、小学生のレベル。

学生生活。。。 

2009年07月01日(水) 23時54分
今日は、明日から始まる「学校」の事前説明会でした。


読んでくださっているみなさん、お気づきになったかと思いますが、

「学校」ということは。。。。そうです、

このブログの2008年4月30日に正社員として入社。。。。というくだり。
そこで、登場しました会社を退職しまして、
(これで最後とその時は決めてたはずだけど。。。

専門学校に入学したのです。

30代にして、学生生活に戻るとは。。。なんだか複雑です(笑)

一応、選考試験はあり、合格通知があるまでは、ホントにドキドキで
学生時代の合格発表の時を思い出しました。

もちろん、この学校は朝から夕方までみっちり(?)あり、
資格取得を目標にしています。

学校の期間は「3ヶ月間」。
どんなことが待ち受けているんだろう。。。

ワクワク・ドキドキです。

この3ヶ月間は、勉強に専念できる時間なので、
いままで出来なかったことや、
これからの自分のこれから目標に向けての勉強をしっかりしていきます。

会社退職は自分の目標を決めての退職だったので、
退職したこと、退職したときに、自分の心に決めたことを
見失わないように、したいと思います。

本日2回目の投稿! 

2009年06月30日(火) 21時27分
本日2回目の更新です(笑)


6月27日は私がほぼ毎年参加している
ピアノのコンクールの予選が
京都で開催され、参加してきました。

結果は、「奨励賞」。。。




参加賞よりはマシ(全員にもらえる賞ではないので。。。)だけど、
自慢ではないけど、今まで、予選は通過していたので、
自分としては不本意な結果でした。

ただ。。。演奏自体は去年より気持ちよく、楽しく演奏できたので、
あの、演奏が今出せる自分の力だったのでしょう。。。

今年は予選通過とならなかったけど、
自分のこれからの課題が解ったような気がするので、
また、来年頑張りたいと思います。



7月20日にはまた別のピアノのコンクールがあり、
そのコンクールにも参加します。
またコンクールに向けて練習に励みます。
今回のコンクールと同じ曲を演奏するので、
自分なりに曲に対する理解をもっと深めておかなければ。。。


帰りは新幹線で、一人宴会(?)です





何度目かの復活!! 

2009年06月30日(火) 20時25分
更新・・・久しぶりです。
放置プレイもいいところです。。。

毎回久しぶりの更新の度にですが、


いろいろありました。。。


でも、このいろいろあった事は、
何かの良いきっかけになる、信じています。



どうしても、記録として残したいので、
最近の話ではないですが、
書きたいと思います。

2009年1月19日 
この日を私は2008年の6月くらいから
楽しみにしていました。



モーリス・ラヴェル作曲の「ボレロ」。
あの有名な曲に「振付家モーリス・ベージャール」が
振り付けをしました。
ベジャール本人が認めたダンサーにしか踊ることを
許可をしない。。。という演目です。
この演目を踊ることが
出来る人は世界で数える程しかいません。
2007年にベジャールは亡くなったので、
ボレロを踊れるダンサーは増えることはないでしょう。。。


振り付けには、「メロディ」と「リズム」があり「メロディ」は
真っ赤な円卓の上で1人、33人の男性は「リズム」。その円卓を
囲んで踊るのです。「メロディ」は「女性バージョン」「男性バージョン」
とありますが、私は「女性バージョン」の「ボレロ」が好きです。

この演目を私の地元の会場でしかも「メロディ」を踊るのは
100年に1度のダンサーと言われる「シルヴィ・ギエム」。
この情報を知った時、叫びました。←会社でしたが、ホントに、叫びました。
。。。ていうか、仕事中に何してんだ。。。って感じですが。

しかも、「シルヴィ・ギエム」は「ボレロ」を踊るのを
2005年に封印したのです。
今回は振付家「モーリス・ベジャール」追悼特別公演という形での
復活でした。



わたしは幸運なことにこの公演を観にいくことができたのです。
チケットを扱っている会社の人に
「この公演の問い合わせの第1号です!」と言われ、
お陰で(?)席もとても良い席を購入することもできました。
(そりゃ、チケット一般発売の半年前に問い合わせしたんですもん。)

本当に、すばらしかったです。
終わった後は、もちろんスタンディングオベーション、鳴り止まない拍手・・・。

髪の一本一本の動きまで、コントロールしているのではないか。。。と思うくらいの
全身全霊でこの「メロディ」の世界を表現・・・う〜ん違う!「メロディと一体化」していました。
鳥肌が立ちました。

一緒にするなって、怒られそうですが、
私も音楽を続けていく上での
この時の感動を絶対に忘れてはならないと思いました。
自分も全身全霊で音楽に没頭することができる精神力を身につけることができれば
死ぬまでにもしかしたら、一度くらいは納得のいく演奏ができるのかもしれない。。。

現在にいたるまで、この日のことを糧にして、練習をしています。・・・少しだけ(笑)。。。


もう、「シルヴィ・ギエムのボレロ」は2度と見ることは出来ないと思いますが、
日本人女性では「上野水香」さんというバレエダンサーが唯一、踊ることを認められています。
この方の「ボレロ」を観に行きたいと思ってます。


私こうみえて、バレエが好きなんです^^



三度、復活!! 

2008年04月30日(水) 19時46分
三再びにブログ復活です。

相変わらず、更新しない間にいろいろありました。
私はたまに、自ら波乱万丈の道を選んでいるのかしら・・・
と思ってしまいます。
好奇心旺盛はまったく衰えておりませんでした。

また、更新ができたら。。。と思っています。

何から書こうかしら・・・。

昨年、年末パソコン関連の仕事を辞めました。
理由はいろいろ、あるんです。
あんなことや、こんなこと。。。
ま、唯一の救いはそこは、正社員ではなかったこと。
だから、辞めやすかった。

年始からは、派遣をしながら正社員となるべく、そして
自分の進むべき道を模索しておりました。遅すぎるけど。

何がそうさせたのか・・・。

私、もぐもぐも、今年で31歳。
●年齢的に正社員になる最後のチャンス。

●これから、まだ続くであろう自分の人生、
 どのようにしていくかは、自分しだい。
 私は自分をどのような人生にしていきたいのだろう。。。

20代では考えなかったことです。
あるテレビで同年代の女性が
「5年後10年後の自分の為に、今を頑張る。
 今を頑張るから5年後10年後の自分がいる。」
と語っていた人がいました。

私は。。。5年前、10年前の自分の結果が今か・・・

なるほど。。。なっとく、なっとく。。。

って、い、いやだ〜〜〜!!

こんな事に納得して終わる人生は嫌なので、
自分のこれからについて、
本気で考えるきっかけをくれたのでした。

現在では、正社員の仕事も決まりました。
目標や自分の考えをしっかり持って5年後10年後、
いや、まずは1年後の自分の為にしっかりしなきゃ!


ところで、今まで、考えたことのない、
おも〜い悩みを抱えたせいか、
4月の初め頃、耳がおかしいことに気づきました。
右側が聞こえにくいのです。
病院に行くと「突発性難聴」と診断されたのでした。
外耳性ではなく内耳性で原因不明。
たいてい、精神的ストレスからくるそう。
わたしって、以外にナイーブだから。。。

でも、今では早期発見、早期治療お陰で
聞こえるようになりました。
まだ、内耳が敏感になっているせいか、
生活音やピアノ音が
耳に入ると痛いですが。あと時間の問題です。
そのままかもしれないし、気にならなくなるかもしれないし
治るかもしれない。。。それが、明日かもしれないし、
半年後かもしれないし1年後かもしれない。。。
かなり、曖昧です。

でも、本当に怖かった。
音楽をする者にとって、今まで普通に聞こえていた者にとって
片方だけでも聞こえなくなるって。
「突発性難聴」は早期発見、早期治療じゃないと治る確率が
どんどん低くなるので、
もし異常を感じたら、すぐ病院へ。。。教訓です。。。

異常を感じて病院に行く前、、、母に相談したら、

「もう2〜3日様子を見たら?ほら、あれ、あれ!更年期??
  もう、あんたもいつまでも、若くないんだから。。。」

「お母さんにいわれたくないよ。。。」

相談した相手を間違った。


というか、体の異常の診断はお医者様へお任せしましょう。。。