【マスター聖句勉強】ルカ24:36−39

December 17 [Tue], 2013, 15:03
【歴史的背景】
イエス様が復活されたその日、ふたりの弟子がイエス様が復活された噂について話あっていた。
その時、復活されたイエス様は身分を明かさずにその弟子に話しかけられた。この二人の弟子はイエス様に話しかけられても、彼だということが分からなかった。
そのまま夜になったので、イエス様を自分たちの家に招待した。その家でイエス様が語っておられるとき、ついにこの弟子の目が開けてイエス様と悟ることができた。その瞬間にイエス様は姿を消してしまった。
驚いた二人の弟子は、他の十一弟子がいる家に行き、今までにあったことを話そうとした。まさにその時に、復活されたイエス様が彼らの前に現れた。その時にイエス様が彼らにかけられた言葉が、この聖句の言葉。

【マスター聖句】ルカ24:36−39
36:こう話していると、イエスが彼らの中にお立ちになった。[そして「やすかれ」と言われた。]
37:彼らは恐れ驚いて、霊を見ているのだと思った。
38:そこでイエスが言われた、「なぜおじ惑っているのか。どうして心に疑いを起すのか。
39:わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしなのだ。さわって見なさい。霊には肉や骨はないが、あなたがたが見るとおり、わたしにはあるのだ」。

【教義】
霊ではなく、骨肉の体を持っておられる証拠として、イエスは使徒たちに、ご自分の復活体に触ってみるようにと言われた。

【みっちゃ論】
イエス様は、復活された後弟子たちに御姿をあらわされる際に、いつも自分からは身分を名乗らずに、かれらが気付くのを待っていた。彼らが自分自身の信仰をもって主が復活されたことを知ることができるように、そうされたのかな〜と思った。
主が私たちのために復活されたということ、ジョセフスミスにイエス様と神様が現れたということ、この、実際の人間の知識では理解できないようなことを「信じる」ことからこの教会は始まっている。この奇跡を信じることができなければ、福音はいいものだな〜と理解できても、この教会に本当に改宗することはできないのだと思う。
みっちゃは、ちゃんとこれらのことに証をもてているかな・・・持てているときもあったけど、その証を更新することができていないかも・・・
油をわけてはもらえないように、だれかの証を自分のものにすることはできないから、自分自身の証を持つことができるように実践していかなくては!!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まつみっくん
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像つきのうさぎ
» NPO法人 ささしまサポートセンターさん (2014年08月04日)
アイコン画像つきのうさぎ
» NPO法人 ささしまサポートセンターさん (2014年08月04日)
アイコン画像まっちゃ
» 【マスター聖句勉強】ルカ24:36−39 (2014年01月01日)
アイコン画像まっちゃ
» 【マスター聖句勉強】マタイ6:24 (2013年11月30日)
アイコン画像まつみっくん
» 【マスター聖句の勉強】マタイ5:14−16 (2013年11月27日)
アイコン画像まっちゃ
» 【マスター聖句の勉強】マタイ5:14−16 (2013年11月25日)
アイコン画像まつみっくん
» 総大会のおはなし【リチャード・G・スコット長老】 (2013年04月15日)
アイコン画像ゴロゴロ
» ちょっと前進・・かな? (2013年04月15日)
アイコン画像自分もゴロゴロ
» 今日の聖典勉強(ヒラマン13章〜) (2013年04月11日)
ヤプミー!一覧
読者になる