まつげの育毛

June 30 [Tue], 2015, 17:06
目のメイクに時間をかける方も多く、そうではない方でもビューラーくらいは使っていることでしょう。

最近の若い女性にとって、つけまつげはマストアイテムになっているようですし、エクステまでしなくても、まつげパーマをかけている方も多いです。

こうして負担をかけられたまつげは、簡単に抜け落ちるくらいに弱っています。

まつげの切れ毛、抜け毛、枝毛のトラブルは、まさにアイメイクが進化したことによるトラブルだと思います。

ケアをしないままにしておくと、いつのまにか自分のまつげはスカスカで、すっぴんではいられないほどになりますよね。

抜けたまつげは、通常、一カ月か二カ月で元通り、生えてくるのですが、毛根がダメージを受けてしまうとそうも行きません。

発毛と育毛の条件は、実は髪の毛もまつげも同じで、肌を清潔にすること、それから、栄養分を十分に毛根へと与えることなのです。

ですから、まつげの育毛のために、お化粧をしっかりクレンジングで落とす、まめに洗顔するなど、清潔にすることが第一です。

そして、まつげが育つために必要な栄養分を与えてあげましょう。

健康な体を維持することと同じで、食生活に気をつける、規則正しい生活をすることも大切ですが、手っ取り早くまつげに栄養分を与えるには美容液や育毛剤をつかうとよいです。

まつげ専用のアイテムを使えば、元通りのまつげとなるばかりか、それまで以上に濃い太いきれいなまつげが生えてくることでしょう。

そして、美容液でケアをしげあげれば、抜け落ちも少なくなります。

まつげがかなりダメージを受けているようなら、負担となるマスカラなどはしばらくお休みして、美容液でのケアに力を入れてみてはいかがでしょうか。

まつげ用美容液

June 28 [Sun], 2015, 17:05
エクステやつけまつげが当たり前のアイメイクとなっている今、すっぴんに自信を持てるという女性がどれだけいるでしょうか。

自分のまつげが増えることで、目の印象はだいぶ違ってきます。

素顔に自信を持てることはとても大事だと思います。

また、メイクをすることで肌にはいつもダメージを与えているのですから、できればメイクをしない日も作りたいですよね。

さらに、まつげが長くてしっかりしていれば、ナチュラルメイクでもきれいに見えます。

ビューラーやマスカラもそうですが、まつげは、メイクアップでいろいろなダメージを受け続けているので、ケアをしてあげることは大切なのです。

今、若い女性たちが使い始めている、まつげ美容液には、ケアをする目的以外にも、育毛効果を狙った商品もあります。

もともと、まつげがまばらで、薄くて、少ない人でも、育毛効果のあるまつげ美容液を使うことによって、ハリのある濃い美しいまつげに育てることができるのです。

そして、まつげ美容液のなかには、眉毛にも使える商品もあると言われています。

実際にまつげ用美容液で、眉毛が濃くなったという方もいらっしゃるようですが、説明書に眉毛への使用がかかれていない場合の使用は自己責任となりますのでご注意ください。

もちろん、眉毛のために作られた育毛剤や美容液もあるので、探してみるとよいでしょう。

当然ですが髪の毛用に作られた育毛剤を眉毛やまつげに使用することは危険です。

発毛には効果が期待できそうですが、それよりもデリケートな目元に使ったときのダメージが心配ですからやめておきましょう。

病院でまつげ育毛続き

June 25 [Thu], 2015, 17:03
マスカラを使いすぎてしまうことも、まつげの育毛の邪魔をしています。

そこで、マスカラや、つけまつげがいらなくなるように、まつげを太く長く濃く育てることに興味を持ち始める女性も多いのです。

美容液や育毛剤は、自分で手軽にできるケアですが、しっかりとまつげ育毛をしたい方は、眼科、皮膚科や美容整形外科などで相談をし、適切な育毛剤を処方してもらうことをおすすめします。

市販の商品の場合、効果が見られなかったり、肌トラブルになったり、副作用が出たりと、問題も後を絶ちません。

また、人気のまつげ育毛剤はとても値段が高くて手が出ないという方も多いでしょうね。

特に眼科では、目の健康を第一に考え、安全なまつげの育毛について教えてくれますし、適切な薬を処方してくれますから安心です。

自分のまつげが、自然に長く、太くできたら、アイメイクの時間や手間も省けますし、それにかかるコストも抑えることができます。

これまでアイメイク命だった女性の方々、この辺で、彼やダンナさんに自信を持ってスッピンを披露できるくらいのまつげに育ててみてはいかがでしょうか。

皮膚科、眼科は、気軽に行けるので、まつげ育毛を考えている方は、一度、相談に行ってみるとよいでしょう。

ただし、緑内障を患っている方や、ぶどう膜炎や虹彩炎など、眼内炎が出ている方、無水晶体眼や、眼内レンズを使っている方などは、まつげ育毛をお断りされるということです。

授乳中の方や、妊娠中の方、未成年者もNGということです。