終わります

June 06 [Sat], 2009, 22:34
 海外生活日記(前編)・(後編)を3年間に渡り綴ってきました。

とりあえず本帰国したのでこの海外生活日記シリーズは終わりにしたい

と思います。  


 長い間ブログを見てくださった方々本当にありがとうございました。

このブログを通じて知り合った方も本当にたくさんいます。

初対面なのにブログの方ですよね?  と言う風に声をかけて下さった

方もたくさんいました。  とある劇場で「生momoちゃんだ〜」と

知らない方から声をかけて頂いた事もありました。

モスクワに着任されたばかりの方に、日本でずっとブログ見ていました。 

とうれしいお言葉を頂いたり。  学校の方もたくさん見て下さっていたようで

ブログのコメントを直接言葉で伝えてくれたり。

本当にたくさんの方が見て下さっていました。 我が家の生活は丸裸〜なんて

モスクワでよく言っていましたが、ほんと皆様我が家の事よく知っておられます。


 最初はマンションのお友達や実家の両親にロシアでの近況報告として

はじめたブログ。 こんなにもたくさんの方に見ていただけるようになるなんて

思ってもいませんでした。 感謝の気持ちでいっぱいです



 さて、海外生活日記はこれで終わりになりますが日本での生活日記の

ブログを新たに立ち上げましたので、もし!もし! ご興味があればそちらにも

遊びにいらして下さいね。

          新しいブログはここから


 それでは皆様! 海外生活日記を見てくださりありがとうございました!

やっと開通!

June 05 [Fri], 2009, 11:22
 やっとやっとやっとネット&電話が開通しました

これで何もかもが便利になります 快適生活の始まりです

さてさて、何から書こうかな 一気には書ききれないと思うの少しずつ

UPしようかな


 まず、帰国直前の様子

4月末から本格的なパッキングをスタート 荷物の制限をオーバーすると

かなりの金額を支払わなくてはならないので慎重にパッキング

ほとんどの物はモスクワで処分。 たくさん捨てたしお友達に貰って

もらったしかなり助かりました。 中でもメイドさんは、「これ捨てといて」

と言う物のほとんどを「まだ使えるから」と貰ってくれました。

みんなが色々と貰ってくれたお陰もあり、パッキングは出発2日前に

終了〜  部屋の清掃は最後1週間メイドさんが毎日来て

磨いてくれたのでかなり綺麗な状態で出れました

そんな状況だったので最後バタバタせずに過ごせました

でも、荷物が全てなくなった我が家はなんだか寂しい・・・

声も響いちゃうし、あ〜この家に入ることはもう二度とないんだな・・・

と急に寂しくなったよ






帰国当日朝から雨模様  しかも寒い・・・。

たくさんの方がお見送りに来てくれると言ってくれていたので

雨の中申し訳ないな〜と思っていたら出発間際になって雨が上がり

少しお日様も出てきました

これでまた晴れ女の実績が伸びたね(笑)

たくさんの方に見送っていただき空港に向けて出発しました




 空港に向けて走り出した直後また雨が降り出しました

まるで私の涙みたいやなぁ〜なんて思いながら最後のモスクワの

景色を楽しみました。 


 予定時刻に空港に到着し、さぁ緊張のチェックイン

ここで荷物20箱一つ一つの重さをチェックされ、オーバーしていたらここで

超過分を支払いです

ドキドキして見守ること数十分  

オーバーは無く無事チェックインできました


 その後ラウンジでドリンクを飲み少し休憩



荷物に入りきらなかったランドセルを背負い機内へ




約10時間のフライトでしたがそれほど疲れも出ず快適に過ごせました。




 成田空港到着後、みんなのマスク姿にちょっとびびる。

見渡す限り マスク マスク マスク 

新型インフルエンザで大騒ぎの時期だったからね。  

でも入国の際の検疫は簡単でした。

「熱はありますか?」「咳は出ませんか?」 と簡単な質疑応答のみ。

あとはサーモグラフィはあったよ。

そんなこんなで無事日本に入国

さぁ!ここから新生活立ち上げに向けてスタートです



 生活はほぼ落ち着きました パパも子供たちも私もみな元気です

詳しい近況はまた後日upしますね

日本到着

May 25 [Mon], 2009, 23:11
皆様ご無沙汰しております。5月15日に無事帰国しました。
モスクワを離れてはや10日。毎日バタバタしながらも周りの方の助けを借りながら少しずつ新生活を立ち上げています。
今、慣れない携帯でUPしているので、非常にやり辛い 最近の携帯はハイテク過ぎて使うのが大変!
機能の半分も使えてない気がするよ。

さて、先週から子供達は学校へ行きはじめたよ!kyonは初日にクラスで得意のコサックダンスを披露し
すっかりみんなと打ち解けたみたい
momoもすぐに仲良しのお友達ができてとても楽しそう。
土曜日には運動会があったよ!2人とも5日間の練習だけ
だったけど、浮くことも無く立派でした。すっかり馴染んでいた2人を見て安心しました。

ほんとはもっともっと書きたい事があるけど、とにかく携帯からの投稿はやり辛い
ので、ネットが開通したら詳しく書きます。

モスクワでお世話になった皆様、忙しい中お見送りに来て下さった皆様本当にありがとうございました。

家族皆元気に日本での生活を歩みはじめています。また改めてご挨拶しますね。

明日帰国します

May 13 [Wed], 2009, 22:49
 明日の飛行機で帰国します。 

引越し作業も終わりました。

皆様お世話になりました。

帰国後またUPしますね〜。

それではさようなら〜〜〜。

濃い日々・・・

April 29 [Wed], 2009, 23:20
 ご無沙汰しております  更新をサボっていました

ここ2週間毎日めまぐるしい日々を送っています

それでも1日1日がとても充実していて残り少なくなったモスクワ生活を

満喫しています

ありがたい事にたくさんの方が送別会をして下さったり、自宅に招いて

下さったり本当に嬉しい毎日です。  ここ2週間で送別会を7回もして頂き

なんとお礼を言っていいやら・・・ 私はこのお礼をどのようにしてみなさんに

返したらいいのか・・・   お世話になった恩返しをしなければならないのは

私の方なのに・・・  と言う気持ちでいっぱいです。

私が3年間モスクワ生活を一度も嫌だと思うことなく、毎日楽しく充実した日々を

送れたのも、ここで出会った方々の支えがあったからだと心から思います



 今日は2年生のお母様方が送別会を開いてくれました。 1次会は焼肉屋

2次会はカラオケ  喉の調子が悪かったけどかなり弾けて歌っちゃいました

激しく踊りすぎて体は汗だく、喉はガラガラでした。いやぁ〜カラオケは最高ですね。 

クラスのお母様方もみんなノリがいいしほんとにこのクラスの一員になれて

良かったなぁと心から思います。 



 そして1年生のお母様方も送別会を開いてくださいました。

まだ入学して3週間で、22人のお母様全員の名前と顔は一致していない

状態なのにもかかわらず、送別会を開いてもらい本当に感謝の気持ちで

いっぱいです。 もっと長くお付き合いしたかったです。

お店は日本料理屋さんの青空  ここのお食事はほんとに美味しい

特に焼きたての秋刀魚や〆のラーメンはマイウ〜 と思わず言ってしまうくらい。


 さて、実はこの私、珍しくを出しました。 39度の高熱です

夜7時頃、体のだるさと頭痛に耐えられずベッドにゴロン。 熱を測ると

39度。  寒気と頭痛で動く事ができずダウン   

ママのこんな弱っている姿を初めて見て驚いたのか、子供達はお茶を運んで

きてくれたりヒエピタを貼ってくれたり手厚い看病をしてくれました

うなされながらも10時間ほど爆睡し、朝起きたら熱は平熱

今のこの時期に寝込んでる場合じゃない!と体もわかっているのかな・・・。

喉の痛みこそある物の、またいつもどおりに活動できました。

朝起きてちょっと嬉しかったのが、kyonがメッセージを書いて枕元に置いてくれて

いました。

「ママ はやく びょうき なおってね」 と書いてありました。

そのkyonのやさしい気持ちが心に沁みました



 さてさて、先週末はお友達家族が送別キャンプ日帰りを企画してくれました。

残念ながらパパは仕事で不参加。合計3組の家族で出発

車3台が連なりM-8道路を北上する事約2時間 ハチコボ高原に到着。

ほぼ毎日モスクワ市内は運転しているけど、モスクワを離れこんなにも長距離

長時間運転するのはロシアに来てから初めて





 気分は最高〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

長距離の運転大好きです 長時間の運転も大好きです

知らない道を走るのもワクワクします 3台連なって走るのも

楽しい〜〜〜   と言う感じで2時間歌いまくりのドライブでした

到着後テントを張り、火をおこしバーベキュー

シーフードを焼いたり肉を焼いたりとても美味しいバーベキューでした。












子供達は夕方5時までドッチボールをしたり木を拾いにいったり思い切り

高原を走り回りました。 丸1日自然にたくさん触れ、ほんとに気持ちが良い

週末を過ごせました。  こんな素敵な経験がロシアで出来感動です

おトイレはもちろん木陰に隠れて青空トイレ〜〜〜〜  

きったないロシアのトイレに比べると青空の方がよっぽどマシでしたよ〜。



帰り大変な事に1台の車が泥にはまり動けない状態に

声援を送る子供達



ウィーンウィーンと音を立てながら頑張りました。



なんとかバックはでき、別のルートから道路へ出ることに成功

笑い話になるハプニングは大歓迎です アウトドアにハプニングは

つき物ですからね。

今年の夏は我が家も日本でキャンプをする予定です。

想像しただけでワクワクします〜 新しいテント買っちゃおう〜

丸3年

April 20 [Mon], 2009, 23:05
 今日でロシアに来て丸3年が経ちました

2006年4月20日 これから始まるモスクワの生活に胸をワクワクさせ

私たち家族4人は日本からやって来ました

見るもの、聞くもの、感じるものすべてが新鮮で気持ちが高ぶっていたのを

今でも思い出します。  当時kyonは4歳 momoは3歳。

momoなんてロシアに着いた第一声が「早くロシアへ行こうよ!」

でした。   「もう着いてるやん!!!」 と突っ込んだのを覚えています。

10時間も飛行機に乗ってきたのに、当時はあまり理解していなかった

様です。  kyonは初めて乗る飛行機に興奮していたのか10時間

一睡もせずにモスクワにやって来ました。 着いてからも時差ぼけも

お構いなく興奮状態でハイテンションでした


 あれから3年かぁ〜。 ほんとに楽しかったなぁ〜。  あっと言う間

だったなぁ〜。   あと3年いて下さい! と言われたらきっと喜んで

モスクワに残るだろうなぁ〜。   それくらい私はモスクワでの生活が

大好きです




 まだまだモスクワにはいたいけど、着々と日本での生活立ち上げの

手続きも進んでいます   今日はkyonとmomoが日本で通う小学校に

国際電話をかけました。  とても感じの良い対応で安心しました

「入学する日を楽しみにお待ちしていますよ〜」と言ってもらえました。



 日本で住むマンションの目の前が小学校です。  3年前まで住んでいた

マンションなのでお友達もたくさんいます。  それだけでかなり安心です。

kyonとmomoは5月18日から日本の小学校へ通う予定ですが、

その週の土曜日に運動会が行われるそうです

運動会の日にみんなとおそろいの体操服を着れる様にと、お友達が

kyonとmomoの体操服&ゼッケンを注文してくれると言ってくれました。

ほんとにありがたいです。 練習もあまり出来ない上に体操服もみんなと

違うのではあまりにもkyon&momoだけ浮いてしまうので

お友達の気の利いた優しさに感謝です



 さて、kyonもmomoも残されたモスクワ日本人学校での生活を

楽しんでいます。  入学式の翌日からお弁当を持っての通学

毎日スクールバスに乗り込む姿を見ると成長を感じますね

お友達もたくさんできました。  ほんとに毎日楽しそうです。

先週は仲良しのクラスのお友達の家にmomo一人でお泊り

まだ4月にモスクワに来たばかりの女の子ですが、家も近くて

よく遊ぶからか大の仲良し   そんな2人の姿を見ると

なんだか切なくなってしまいます

このままずっと一緒にいられるといいのにね・・・・。



 さてさて、先日は送別会を開いてもらいました。 私もとうとう送り出される

立場になったのかぁ・・・と言う感じです。 たくさんの方が集まってくれ

美味しいお食事をしながらまた一つ楽しい思い出が出来ました。

たくさんの方が送別会を企画して下さっているのには、涙が出るくらい

嬉しいです。 そしてほんとに寂しくなってしまうな・・・

今週も4件、来週も3件 再来週も・・・・・・   ほんとにありがたいです。

この感謝の気持ち絶対に忘れません




 昨日はロシア人のお友達2人も我が家に遊びに来てくれました。

もう彼女達と会う事は一生無いかもしれない・・・。 それでもまた会いたい

と言う気持ちは伝え「いつか日本に来てね。そしてうちに泊まってね」

と伝えました。

モスクワに来て3年。 いったい何人の方と出会ったのだろう・・・。

日本人に限らず色んな国の方とも親しくなりました

このモスクワでの出会いは私の宝です 

今後もお付き合いしていきたいな と思える友達がたくさん出来ました。

残された時間は僅かですが、後で後悔しないように思い出をたくさん作りたい。

 ロシア人のお姉さんともすっかり仲良し



 momo 前歯下の歯が2本抜けました

本帰国します

April 15 [Wed], 2009, 15:06
   とうとうこれを書くときがやってきました。


  5月14日(木)の便で日本に本帰国する事が


    決まりました。  日本到着は15日です。



 今の心境は・・・     もっとモスクワにいたい!と言う気持ちと

日本で始まる新たな生活にわくわくした気持ちと半分半分です。

でも3年間ほんとにモスクワ生活を満喫したし、たくさん思い出も出来たし

たくさんお友達も出来たし思い残す事はない! 十分楽しみました

ロシアでの生活が嫌だな・・・と思ったことも一度もないし

何よりも家族みんな大きな怪我や病気も無く元気に過ごせた事が1番

嬉しいです。  そして私も毎日笑って過ごせたし今の自分は幸せだな

とも思えたし大満足の3年間でした。  

きっとここでの3年間は私の一生の宝になるんだろうな



 そしてありがたい事にたくさんの方が送別会を企画して下さっています。

ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。

今は荷造りと、新生活立ち上げの準備に追われています。

日本国内の引越しの手配、家電・家具の購入など全てネットで出来るので

お手軽です。 クリック一つで10万円〜20万円〜はい30万〜〜〜〜

と簡単に買い物できてしまうのはちょっと怖いけど、TVや冷蔵庫、洗濯機

子供のベッド等を選ぶのもこれまた楽しいです。



 モスクワ滞在は1ヶ月を切りました。 まだまだ思い出作ります

最後まで家族みんな元気で過ごせるよう気を緩めずがんばります。

土曜の午後はショッピング〜♪

April 13 [Mon], 2009, 23:33
 土曜日kyonとmomoと3人でアルバート通りをお散歩

ここの所モスクワは雪もやっととけ、気温も+5度前後

すっかり春になりました

この日もポカポカ陽気。とは言ってもコートはまだまだ必要です。



 さて、週末のアルバートはとっても楽しいです。

ダンサーがいたり、歌っている人がいたり絵を描いている人がいたり・・・

とっても賑やかです。









チェブラーシカのTシャツを購入

店頭には1色しかディスプレイされていなかったけど、他の色も

あるんでしょ? と聞くと扉の中を見せてくれました。

黒・紺・白・ネイビー・ベージュ・赤・黄・青  色とりどりのTシャツ

取り合えず安くしてよ!と言うとあっさり値下げをしてくれました

4枚買うから1枚FREEで!と言うとこれもあっさりOK

なんでも言ってみるものです  こういうところが自分でも

関西人やなぁ〜〜〜と思ってしまいます。



 これはkyonとmomoそしてお友達へのお土産用です。



たっぷりお散歩した後はメトロで帰宅





自宅最寄り駅の地下道で可愛いチェブラーシカのぬいぐるみを発見

 しかも水色のチェブちゃん

茶色、白、赤の次は水色。 さすがはロシア。(ロシアの国旗は白・赤・青)

超〜可愛い 音もなるのよ  即買いです



その後駅から自宅の間にある公園でお遊び。





たっぷりと遊んだ1日でした。



 茶色のチェブちゃんはロシア語のお勉強ができるんです。

お腹の文字や手を押すとロシア語を話すんですよ〜。

イタリア旅行記 B

April 13 [Mon], 2009, 13:07
 青の洞窟を堪能した後、カプリ島を散策

島自体も小さいのですが、道路も狭いし、バスも小さいしなんだか

とても可愛らしい街並でした


 日本からツアーで来ている方々にもたくさん会いました。

丁度両親と同じ年代であろうおじ様おば様のご一行様が

ガイドさんと楽しそうに観光しているのを見ると、

あ〜私の両親もこんな風にいつも旅行してるのかな〜なんて思いました。

ちょうど私たちがイタリアに行った2週間前、両親もイタリアを訪れていたんです。

ここの所毎年の様に海外旅行へ行っている両親を見ると

なんだか楽しそうでとっても嬉しい いつまでも元気でいてもらいたいです。












 お昼を食べた後カプリ島とはお別れ  また高速船に乗り

ナポリへ戻りました。

ローマに戻る電車の時間まで3時間あったので、ナポリを観光する事に。

ここでも2階建て観光バスがあったのでチケットを買って乗車

コースが4つ程あったけど、限られた時間しかないので海沿いを走る

コースをチョイス













 Pm5:27 予定通りまた電車に乗りローマへ

行き同様帰りも一等席を予約していたので、また貸切かも〜

なんて思っていたらなんと日本人の親子と同じ個室でした。

4月に中学生になる息子さんと2人旅。 中学受験をし見事

合格したのでお祝いに親子2人でヨーロッパを旅行しているんだとか。

偶然にも私と同じ兵庫県民

息子さんも超〜明るくて優しい男の子。  

kyonとmomoもすぐに打ち解けてお兄ちゃんと仲良しに。

私たちの個室が大騒ぎになったのは言うまでもない。

私もそのママさんといろんな話で盛り上がりとても楽しかったです。



楽しかったお陰であっと言う間にローマに到着

一緒に駅のスーパーへ買い物へ行きここでバイバイ



 さて、3日目4日目はまたローマ観光





バチカン広場



別料金€7を払ってエレベーターで展望台へ





街中をぶらぶらしていたら可愛いShopを発見





kyonとmomoのを作ってみました



お昼はまた適当にその辺のレストランへ

どこで何を食べてもイタリア料理は美味しい



 地図を見ながらトレヴィの泉を目指す













 スペイン坂





 ローマ国立博物館







 カラカラ浴場







 アッピア街道





 ボルゲーゼ公園









 メトロチケット販売機



 帰りの飛行機が夜のフライトだったので、丸々4日間

観光できました。   夕方空港へむけて出発










 親子3人旅はこれでおしまい

イタリア旅行記 A

April 09 [Thu], 2009, 13:59
 イタリア旅行2日目

青の洞窟を見るためにカプリ島へ行きました。

カプリ島へ行くにあたり色々と調べていると、

ローマ発→カプリ島の日帰りバスツアーがたくさんありました。 

しかしどのツアーも大人€170、小人€130くらい。

日本円にして3人で5万円強 うーんっ・・・ tooooo Expensive

なんとか自分で行けない物だろうか? と調べてみると

急行電車taxi高速船ボートを乗り継いで行ける事が判明 

但し、手間もかかるし言葉の問題もあるのでツアーをお勧めします! 

と書いてある事が多かった。

それでも安く行けるのならば と頑張ってみることに



 青の洞窟は現地に着くまで中に入れるかどうかわからない。

洞窟の入り口の高さが60センチしか無い為、少しでも波が高いと

中に入る事ができません。

実際、4月初旬の入場できる確立は35%となっていました。 

4日間カプリ島に泊まって3日目でやっと見れたと言う話も聞きました。

4月はまだまだOFF SEASON なのでイチかバチかの勝負

運に任せるのみ


 自分で行く事が決まれば取り合えずネットで急行列車を予約 

Trenitaliaと言うイタリアの列車の予約サイトにて列車を指定。 

前日までに予約すると€10以上のチケットなら

なんと20%OFFで購入できる  会員登録をしたら

クレジット決済にて誰もが購入できる。 イタリア語or英語にて予約。

無事1等席 3席を予約完了

後は予約情報をプリントアウトして当日車内で車掌さんに見せるだけ。

とっても簡単でお得です   ここで予約できるよ


 当日朝5時半起き 青の洞窟は午前中が綺麗らしい

地下鉄に乗りテルミニ駅へ。 6:27 の特急に乗りナポリを目指す

事前に予約しておいた席は6人がけの個室でした。(全席指定)

しかし結局その個室には私たち3人だけ 完全な個室なので

歌おうが騒ごうが回りに聞こえない。  お陰で3人で歌を歌ったり

しりとりをして2時間10分を過ごしました。





 どうか洞窟に入れますように・・・



 ボンジョルノ〜 イタリア語のお勉強



午前8:30 予定通りNAPORIに到着

ナポリからモーロ・べヴェッロ港まではtaxiを利用

イタリアのタクシーはこれでもか!と言う位ぼられるよ!

と友人から聞いていました。  駅を出てすぐにtaxiを拾い値段交渉。

「港まで€15!」 と言われた。 噂どおりだ

「NO 高い! €10で乗せて!」 と言うと意外にもあっさりOK。

15分で港到着。  ここから高速船。 

何社かあるので時刻表を見て一番早く出発するカプリ行きの船の切符を購入









9:10発 マリーナ・グランデ港(カプリ島)を目指す。

高速船で40分。 最後部は酔いにくいらしいので最後部座席を確保。

momoも私もブルガリアでの船酔いの経験があるので船は苦手

でも高速船はそれほど揺れなかったので全く問題なし


ここまで来てもまだ洞窟に入れるかどうかわからない・・・。


 40分後カプリ島に到着。

ほとんどの人はモーターボートに乗り変え→手漕ぎボートに乗り換え

→青の洞窟 と言うルートで行きます。

混んでいると洞窟に入る手前で手漕ぎボートに乗ったまま1時間くらい

待たされるそうです。  船が苦手なmomo&私にそれは地獄

と言う事で色々調べているとバスを乗り継いで船を使わず洞窟の崖の所まで

行けるルートを発見 これしかない



 カプリ島についてからフニコラーレと言うロープウェイに乗り、

一気にカプリ島の上へ。







着いた先はとってもかわいらしいカプリの街並み





ここからバスに乗りアナカプリ



マイナーな行き方だからか観光客は誰一人として乗っていない。

さらにバスを乗り継ぎいよいよ青の洞窟(Grotta Azzurra)



 
 バスを降りると眼下には真っ青な海。 手漕ぎボートも出ている。

ここまで来て初めて洞窟に入れる事が確定した 12:00



 崖の下まで階段で降りるとそのまま手漕ぎボートにご案内

入場料€10を払うとすぐに洞窟へ。



 洞窟入り口 寝転ばないと入れません




 洞窟内へ!





うわぁ〜〜〜





うわぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜














 言葉に出来ないくらいのマリンブルー

キラキラしていて、透き通っていて感動です

とても神秘的でした。 このブルーを見るために世界中の人がここに来る

理由がわかる。  

船漕ぎのおじさんが オ〜ソ〜レ ミ〜オ〜  と歌いながら

洞窟内をぐるぐると2周(約5分)回ってくれました。






最後はやはりお約束のチップ請求

1人€1ずつ渡し洞窟観光はおしまい。




 幸運に恵まれて素敵な思い出となりました。

だってね、イタリア出発2日前に天気予報見たら4日中2日は

雨マーク 残り2日は曇りでした。

しかし、実際は4日間雨なんて1滴も降らなかったし、毎日晴天でした

お天気は私たちの味方をしてくれたようです。






 それでは次回イタリア旅行記 BをUPします。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miki
読者になる
 パパ♂   見た目は大きくてごついけど、中身は本当に優しく、頼りになるパパ。お料理の腕は私より断然上で、和・洋・中なんでもできる。 パパの料理は本当においしい。いつだって自分の事より家族を優先し、どこまでも優しい。私にとっても子供達にとっても優しくて頼もしいパパです。
 ママ♀  ダンス大好き、カラオケ大好き、おしゃべり大好きな専業主婦。思い立ったら即行動するタイプで、気になる事は取り合えずなんでもチャレンジしてみると言う性格。人と付き合う事が大好きで、たくさんのお友達がいる。興味がある事には時間と労力を惜しまず、とことん追求するタイプ。その反面興味の無いものには全く見向きもしない。     今はhiphopと英語に夢中。いつでも元気一杯のママです。
 kyon♂  明るく元気な7歳児。(1年生) 面白い事をやって周りを笑わせる事が大好き。その反面シャイな 一面もありそのギャップに驚く事も少なくない。優しく責任感があり、妹の面倒も良く見てくれる頼れるお兄ちゃん。 好奇心旺盛で頭の中はいつも疑問でいっぱい。大きくなったら宇宙飛行士になりたい男の子です。 
momo♀  お洒落が大好きなおませな6歳児。(年長)  毎朝洋服を自分でコーディネートし、髪型にもとてもうるさい。 見かけは小柄だけど、声と態度はクラス1大きくたくさんのお友達がいる。歌とダンスが大好き。人見知りをしないので誰からも可愛がってもらえるお得な子です。大きくなったらモデルになりたい女の子です。