Shpongle

April 17 [Tue], 2018, 21:23
火曜日お疲れさまです


雨がパラパラ。


適度な湿度のおかげで、顔も痒くない


この前、林先生の初耳学で
雨が降った時の独特のアスファルトの臭いの原因について
アスファルト自体は無臭だから、恐らく空中のホコリや他の物質の臭いではないかと
先生がお答えになっていてお見事貰ってはりました。


あの臭いってそうなんですね。


嫌いじゃないけどなぁなんて思いながらホコリなんやぁと思ったり。


さてそんな雨の日はふと思い立った
サイケデリックなバンドShoppngleについて
ご紹介します。


派手


なかなか普段の生活で出会うことのないジャンルの音楽かなぁ。


サイケデリックと聞くと
アートが細かい、蛍光、目がくらむ、電子音楽、ダンサブル、お香、ヴァニラの香りそしてマリファナ←偏見
というイメージしかない私なのですが、
Shpongleは、軽音サークル所属時代に仲良くしてもらってた
他サークルのめちゃめちゃ音楽に詳しいギタリストの先輩が
これめっちゃ良いよって教えてくれたのがきっかけで
音楽にすっかり魅了されたのでした。


先輩のお家に何人かで遊びに行った時に、
すごくオシャレな方だったので一人暮らしのお家にええ感じの間接照明が灯されていて。


高価な音楽機器に溢れた、音楽好きには堪らない空間で聞かせて貰ったのも良かったのかもしれない。


その時に聞かせて貰った曲がこちら






Dorset Perception



低音が良い感じに回るスピーカーから流れた瞬間に
なんだ、この聞いたことない音の重なりはー!!
となったのでした。


ライブver発見しましてこちらはかなりバンド感がしっかり出ておられます。


Dorset Perseption LIVE Ver.



ちょっと音割れちゃってますが…


最初のドラムの刻みから、ゾクゾクするー。


エスニックなギターの重なり、そしてとろけそうな響きのウッドベース


そしてまさかのチェロの音色出てきます。


お美しいわあ。


ボーカルマイクを持ったエキゾチックなお姉さん、
いつ歌いだしはるんやろう思ったらちゃんと後半でお仕事してはります。


このギタリストの方はフラメンコのギタリストなのかなあ?
でも持ってるのエレキだしなあ。


あ、念の為にShpongle って2人組のユニット(と呼んで良いのか)で
動画でシンセ触ってるSimon Posford(46歳)と、端で踊ったり不思議な楽器を持ったりご機嫌な赤い服のお爺さんRaja Ram(なんと76歳)です。






自撮りかな?

???



蛍光塗料をふんだんに使用した煌びやかなステージ。


? ? ? ??



元々ジャズミュージシャンだったそう


Rajaさんが若かりし頃のjazzっていったらジョンコルトレーンやハービーハンコックの時代かなあ。


Jazz経験されてたから、きっとアドリブとか大好物なんだろうなぁ。


サイケデリックトランスの創始者やゴッドファーザーとまで称されるRajaさま。
今もなお最前線で活躍しているんだって。


生きてるうちに1回は生で見てみたいな〜


さぁ明日はお休み


午前中に用事を済ませて夜は音楽を聴きに行く予定


それまでの間、美容院に行こうか
塗り絵しようか譜面書こうか
はたまたジブリの大展覧会へ行こうか悩み中


撮影を終えるまで、髪は頑張って伸ばそうと決めていて
それまで、何回髪を切る夢を見たことか。笑


潜在意識で髪切りたかったんかな。


毛が長いと色々大変で、普段くくることが多くて
当たり前ですが全ての毛の重みを
頭皮が耐えてるわけなんです。


つまり頭皮が痛い。


おでこや顔に髪の毛がかかるのが
私はどうもストレスらしく
ほとんどオールバック的なサザエさんでいうところのフネさんスタイルなんです。


女性のスキンヘッドがごく一般的な国になれば良いのになぁって密かに思っています


では素敵な夜を





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:mikinine11
  • 性別:女性
読者になる
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
さぁちゃん
» いばらの涙 (2018年04月03日)
ヤプミー!一覧
読者になる