絶望

September 15 [Mon], 2008, 13:29
「わしが、この石を知っている理由、それはわしは、この石によってこの時代に送られてしまったからだ。わしは、もう、60年もここにいるままだ。わしは、バカだった。、博物館に、時空の石が大きな鍵のついた透明の箱に展示されていた。時空の石は危険な石として、ちゃんと管理されていて、誰の手にも渡らないようにされていた。わしは、時空の石を毎日のように博物館に行って見に行った。この世のとは思えないほど、きれいだったからな。わしは、ある日、無性に時空の石がほしくなった。手に入れば、毎日好きなだけ見れると思ったからだ。」
「で、おじいさんは盗んだの?」
「ああ。夜、こっそり博物館に入って盗んだよ。そのころは、セキュリティがなかったから盗むのは簡単だった・・・。」
そのあと、渡里おじいさんは、身震いをした。
それほど思い出したくない思い出なのだろう。
「盗んだときはどれだけうれしかったことか。でも、盗んだ翌日、石がやけに光っていたんだ。だから、どうしたのか心配になってさわったら、目の前が真っ暗になって、ここに倒れていたんじゃ」
あたしと、状況が似ていた。石はすごく光っていた。触った瞬間にここへ…。
そして、渡里おじいさんが言ったことを、1つ1つ整理していった。
「そういえば…渡里おじいさんはもう60年もここにいるって…」
あたしに、絶望がよぎった。
もう、あの頃に戻れないの????

つづく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さな
  • アイコン画像 誕生日:5月21日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
さなの書く、小説ぜひA読んでみてね❤
面白い展開をお楽しみに!!
感想はコメで残してね。。。
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像ムミ
» 時のはじまり (2008年09月09日)
アイコン画像あやた
» 時のはじまり (2008年09月06日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mikincho/index1_0.rdf