リプ返し 廣田みゆきさんへ 

2012年11月09日(金) 18時30分

遅くなった上に、かなり長くなりそうなのでこちらへ誘導しました。

>江國さん、おすすめありますか?
ざっと江國さんのおすすめです。それぞれ違うので、お好みで。
私が観たり読んだりしたのは、こんな感じです…

・きらきらひかる(小説)
これが初江國さん。映画はレンタルで探してもなかった記憶が。
私はこの小説が一番入り込みやすかったです。
当時、主人公と同い年だったというのもありますが。
"セックスレス"というのが隠れテーマになってるような気がします。

親のすすめで、医師の男性・睦月と見合いをすることになった笑子。しかし、その席で二人は互いの秘密を告白してしまう。笑子はアルコール依存症であること、睦月は同性愛者であることを。初めは戸惑う二人だが、結婚を決めたのだった。その後、睦月の恋人・紺も加わるが、笑子の友人によって3人の関係が周囲に知れてしまう。
wikipedia「きらきらひかる」あらすじより引用

・号泣する準備はできていた(小説)
直木賞を受賞されて、その年に単行本で購入しました。
短編集なのでとても読みやすかったですが、「きらきらひかる」程のインパクトがなかった印象です。
ある意味、江國さんが初めてでも読みやすいかもしれません。

・スイート・リトル・ライズ(小説・映画)
W不倫モノ。個人的には映像化された方が好き。
この手のテーマは、江國さんのイメージが強いです。
毒があるのは好きですが、この作品にはそんな毒が具体的にでています。

・東京タワー(映画)
上に同じ、不倫がテーマです。岡田くんのイメージが強いですよね。
映画は、アンニュイな雰囲気が全面に出てましたが、映像でお腹いっぱいなので小説は読まないかな…

・間宮兄弟(映画)
その名の通り、兄弟のおはなし。これは江國さんの変化球でしょうね。
故森田監督の作風もあって、映画化されたの中ではイチバン見やすい&共感できる作品。男性主人公ですが、汗。
小説はちょっと読んでみたいですね。

二人で仲良く暮らす間宮兄弟。二人とも独特のこだわりを持つためオタクとも考えられる。お互いを大切に想い今の生活を楽しみながらも恋愛に縁のない生活に疑問を持ち始め……。
wikipedia「間宮兄弟」あらすじより引用

あと、冷静と情熱のあいだ(映画でしかも辻仁成と共同作品)、落下する夕方などありますが、割愛します。

>角田さんはあまり印象に残らず…銀色さんは雰囲気は好きですが引き込まれる感じは山本さんしかまだないかなーという感じです。〜ジャンルは違いますが山本さん仲良しの枡野さんは大好きです!

角田光代さんは「空中庭園」の映画のみの接点です。
あまり強くおすすめできませんが、映画はサイコっぽいホームドラマです(汗)
銀色 夏生さん、枡野浩一さんは接点ないです。ちょっと調べてみます。

文緒さん愛にまでついて書くと、とんでもないことになるので、今回はこの辺で。

リプ返し あるさんへ 

2012年11月09日(金) 18時30分
大変遅くなってすいません。
弱ってる時に、とても励みになりました!

元記事→

私自身も久々に人ごみに酔ったものですから、相方をけしかけることもできませんでした…
しかも調子が悪い私の隣で、前日買ってきたウィスキーを飲んじゃったもので。
なにもかも、タイミングが悪かったんですね。

ホットタオルのお話、ありがとうございます。
以前からのTLは毎日お風呂に入れてらっしゃるようなつぶやきが多かったので、
ホントに時々、おしり拭きなどで全身拭いていたこと後ろめたく思ってました。
うちの相方はほとんど残業なので、月一のあの時期とか心が折れることが…
限りなく毎日に近づけるようにしながら、自分が大変な時はそうしようと思います。

徐々に離乳食の話も、またこの場所で書こうかなと思っています。

ホント、なんなのよ! 

2012年11月09日(金) 17時59分
前回のA小児科には行きたいのだけれど、
インフルエンザ予約を終了してしまったこともあり、ネット予約をしてB小児科に行ってきました。

B小児科へは、A小児科で予防接種予約をする前に、
乳幼児健診を当日診てくれるということで(引っ越しの関係で公費健診期間があとわずかだったから)、
先に終わらせようという意味で先にかかってました。
その時は3人で行ったのですが、受付が流れ作業。
その時は相方もいたのでそれぐらいしか思わず、A小児科がかかりつけ医になるんだろうなと思ってました。

「○時に予約した○○です。初めてインフルエンザの予防接種を受けるのですが」
「予約券はお持ちですか?」
「…持ってないです」
「本来、ネット予約される前に(インフルエンザ接種の)予約券を購入する必要があるのですが(困惑顔で)」
…いきなりのストレートパンチ。
事前に、かなりの時間病院のHP見たけれど、チケットの値段やその他の説明がメインページに載ってなかった。
というのも、インフル接種専用日なるものがあって、そこの下に書いてあっただけ。
私は当日に予約していったので、その説明は専用日が本来休診日だから事前に用意するものと認識していた。

なんなの?この鼻っから「ご存じじゃなかったんですか?」という言い方。
で、この後のやりとりもサイアク。
「診察券ありますか?」「これ(予診票)待合で記入してください」(体温計渡されず)
テンパって記入漏れで出すと「体温の記入がないと受付できません」ときっぱり。
記入後提出しても「診察券を出してください」「さっき(違う受付の人に)渡しましたが」
「(小声でああ、そういうこと。)先にお会計しますので〜」「お名前をお呼びしますので、待合でお待ちください」
もうテンションだだ下がり。コテツ少し不機嫌だったし、抱っこひもでミルク吐くし…
インフルって書いてあるエリアの椅子に座ってるのに、違う待合で名前呼ばれたりね。ハハ(渇いた笑い)

卵アレルギーのことは気になってましたが、診察も流れ作業で医師にうまく伝えられず…
注射してもらった看護師さんを困らせたり、すべてが空回り。
(卵アレルギーの件はいろんな話がありますが、元々のワクチンの分量が極わずかなので一般的には問題ないそうです。あくまで一般的に、です。よって、ワクチン自体の効果が薄いため、6ヶ月以上1歳以下のワクチン接種を勧めない医師の方も多いようです)

ぐったりしてネットで調べたら、親がワクチン接種することが大事!って情報迷走してる…
私がいろいろ聞いて、コテツに受けさせたいと思ってのことなので、その点はいいのですが。
2回目はできるだけ3人で、受付に負けないように挑みます。
そして、二度とここにはかかりません!!

私が悪いの?? 

2012年10月18日(木) 18時00分
いわゆる"お役所仕事"で振り回されたという話。

9月8日。
現住んでいる市へ引っ越し。

9月10日。
転出届を持って、市役所に転入届を出す。
所定の課で、この市では予防接種を受ける時に個人番号が必要になるとの説明を受ける。
1週間程度かかるので、その間は電話で番号を聞いてくださいとのこと。
(↑そっか、この時は疑問に思わなかったけど、それが普通なのかこの市は)

9月19〜25日。
関西へ帰省。この間に予防接種関係の書類が郵送されていると思って、特に気にせず。
が、まだ届かない。28日に市役所から郵便物が来るも、私の検診案内のみ。

10月1日。
ようやくコテツの予防接種書類届く。この時の番号に不備があるが、気づくわけもない。
母自身がこの時期風邪をひいていたので、時間がかかったことは気にせず。

10月11日。
なにも知らずに予診票に不備の番号を書き、先に申し込みできた内科で三種混合を打つ。

そして今日、10月18日。
かかりつけ医にする予定の小児科で、ヒブ・肺炎球菌・ポリオを打ちに行く。
が、番号に不備があると初めて言われる。
番号を記入した用紙は持っていないけれど、内科ではそのまま書いたと訴える。何度も確認したと。
もしかして一桁"0"が足りないかもしれないので、市役所で確認してみてくださいと、受付…
コテツが泣いてる横で、携帯で確認。番号を教えていただきありがとうございましたと電話をきる。
「すいません、最初に"0"が足りなかったみたいです」と受付へ。

うーん待って、これは実際確認した職員はまったく悪くないけれど、
最初の数字が"0"なんてこと、引っ越して1か月の私にはわからないんですけど??
なんだか家に置いてきた紙に"0"書いてあったよね?
みたいな反応だったけれど、帰って確認したら不備の番号印字されてたし。
こんな個人情報、電話で聞いて正しい番号を教えてもらったショックの方が大きいわ!
しかも、コテツのコンディションが悪い時って。前もってわかってたら、寝てる時に市役所に電話してるっての!

番号はわかったけど、そこにはなんだか行きたくない、、、    

 

2012年10月07日(日) 22時24分
私、買い物で三人で外出して体調不良→一時間横になる
少し回復してから夕食、コテツにミルクあげる。
ダンナ、私が横になって間からビール、ウィスキーのロック(最終的に4杯)→寝る
私、寝てる間にコテツ見る。入浴後のミルクを先あげる。
ダンナ、起きて「お風呂入れようか?」←今ココ。

今の私ではお風呂入れれないけれど、寝起きでお酒に飲まれてる人に、
コテツは任せられない→ダンナ、キレる…


たそがれ、そして。 

2012年09月07日(金) 23時00分

ありがとう。さようなら。

動きだす。 

2012年08月29日(水) 13時19分
『ふがいない僕は空を見た』第37回トロント国際映画祭正式出品決定!!

ちょこちょこチェックしてますが、なかなかついていけない、汗。
タナダ監督にとって、大きな作品になりつつありますね。
そんな作品にわずかでも参加することができたこと、とても光栄に思います。
ただ、内容が明らかになるにつれ、作品ごと坊ちゃんにはしばらく自慢できない…
エンドロールに本名で載ってないのも、真実味が薄い部分ではありますが。
上映期間中に、友人の結婚式で帰省予定なので、テアトル梅田で是非観たい!

麻生久美子CM集

出産されてから初めてヤマサ醤油の新CMがOAとあって、
こんなの観てみたらいろいろ久美子さんだったと、新たな発見。
柴咲コウと一緒だったのが、久美子さんとは気づかなかったです。
2000年以降のCMは、みんな久美子さんとわかるハズなので、まだまだでしたね。
ベストは、最初にまとめて流れるSALA。
ユニクロ、オフの贅沢と、大森南朋さんとのコラボもイイ。
最後がキャシャーンって所が、なんともですが、汗。

追伸、引っ越し準備進んでません、泣。

つかの間のひとり、マンガと。 

2012年08月24日(金) 15時50分
先週の出来事は、今後思い出すのもツラい。
とてもブログの続きを書きたくなる気持ちになれなかった。
そして、いろいろ考えさせられた。
私は坊ちゃんを、ひたすら前を向いて進ませる。ただただ。
あと"長男のヨメ"とはよく言ったもの。
31歳の喪主、お疲れさん。あの時の私もね、滝汗。

八王子駅から乗る中央線も、気づいたらラスト。
引っ越してきた時は、どんな場所かと思っていたけれど、
すったもんだも経験して、思い出深い場所に。
ひとりでは絶対に住んでなかった東京。
プチ一人暮らしも経験し、赤ちゃん連れて乗車するなんて、まったく考えられなかった。
五年目ともなると、ベビーカーで電車も怖いものナシです、笑。
離れるとなると、ちょっとせつないなぁ。

…今日は坊ちゃんの熱が出なかったよう。
このままプチ一人旅。病院までですが、汗。
次回は千葉から通うので、かなりラクちん♪
しばらくさよなら中央線、これからもよろしく総武線。

通院している皮膚科の、棚を埋めつくすマンガのラインナップがアツい。
「パイナップルARMY」ら浦沢直樹作品「バガボンド」「医龍」「ドラゴン桜」とか渋っ。
昔、子どもの頃通ってたこじんまりした歯医者さんに、よく似た感じの。懐かしい。

私セレクトは「弁護士のくず」
まさか皮膚科でマンガ喫茶のごとく読めるとは、笑。
ドラマのハッシュタグ遊びで、ドラマ版を思い出してみましたが、
原作マンガさらにオモシロイっ!
弁護士ネタ大好物な私ですが、主人公が自由過ぎてブッ飛んでてイイ。
青年向け雑誌連載だけあって、なかなかアダルトな話もありますが、汗。
トヨエツ演じる、ちりちりパーマの九頭ではないのですが(ドラマオリジナル)、
キャラ設定は"くず"れてなかったのがわかります。
海猿のあの方の設定を忘れてしまいましたが、
男二人迷弁護士コンビをもう一度、最初から観てみたいドラマ。
余談。あのハッシュタグで思い出したドラマが、
ほとんどTBS系だったのは、なんだか私らしい、笑。

…そして帰宅。もうすぐ迎えに行かなきゃ。
長いようで短いひとり時間なのです。
やっぱりエレベーターの場所が把握していても、
移動がタイヘンそうなのは変わりなし。
某茶の水駅(バレバレ)の整備、ガンバってください…

東京エレベーターの旅は、まだはじまったばかり。
…なんてオチ(; ̄ェ ̄)

iPodから送信

生と死 

2012年08月13日(月) 21時27分
突然、義理父が亡くなった。
第二の人生のスタート地点、60歳という若さで。

生命の産声を上げる瞬間を目の当たりにすると、
死というものがとても遠く、現実から消えていく。

生を実感していくことは、死から遠ざかることではなく、
死を受け止める覚悟を少しづつしっかりと根付かせることでもある。

東京横断エレベーターの旅 その2 

2012年08月12日(日) 11時10分
私にはブログの方が、より合っていると再確認。
現実的ですが、ブログにはカウンターがあり、のべ人数ではなく、
実際の訪問者数がわかってしまうのです。
想像してましたけれど、やっぱり現実を見せつけられると…それがブログです。
フォロワーという、アバウトさがないのも魅力の一つです。

H市というのは、東京在住の方ならおわかりになると思いますが、
山梨県や神奈川県の方が、都心に行くより圧倒的に近い場所。
そこから、もうすぐ千葉県の江戸川区に行くのに、快速を利用しても乗り継ぎで一時間半程かかります。
…ちなみに、私がお世話になっている育児書「育児の百科」では、
四・五ヶ月の赤ちゃんの外出時間の目安は、3時間です。往復で終わり…

無謀だとも思いましたが、抜糸をするのが金曜しかないことと、
東京ー神戸間の新幹線の往復に耐えたことで、
今回のお出かけを決心できました。

ミルクよし、オムツよし、駅の乗り換えよし、オムツ台は主要駅にある、
あれ?エレベーターってどこに付いてたっけ!?(・_・;?
病院の最寄り駅と中休み駅の東京駅にあればなんとかなる?と根拠のない自信で、
H駅からK駅までの小さな旅をスタート。
(同じぐらいの月齢の子どもをお持ちのママは、事前に下調べをしてくださいね、汗)

H駅は最寄り駅ということで、簡単にクリア。
思ってたよりも端にあるなと思いつつ、機嫌のいい坊ちゃんに癒されながら、
中央線の中央特快東京行きに乗車。11時を過ぎていた車内はやや混みつつ、
優先座席の隅でおとなしくしていたいという願いは叶い、座ることができました。
たまに混雑した車内でベビーカーを畳むのがマナーかという論争がありますが、
通勤ラッシュ以外は大丈夫な風潮になってきたようです。
その前に状態を整理すると、右肩手術跡(抜糸まだ)アリ。
左肩縦抱っこ等は可能だが、抱っこ紐を長時間使用することは困難。
よって今の状態のベストは、ベビーカーに乗せての移動となります。
正直、抱っこ紐での移動の方がラクだと思います。荷物を持てたり、エスカレーターや階段移動が可能なので。
このように、必要に迫られないと実感できないことの一つだと思います。

ただエレベーターを利用して電車で移動するだけで、
こんなに前置き長くなるのかと思いながら、続く、、、
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鎌谷ミキ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:フリーター
  • アイコン画像 趣味:
    ・クッキング-まだまだ上達しません。。。
    ・映画-本家メインですが、映画館で観た映画の付け足しなど。
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/mikikamaya/index1_0.rdf