私立病院コラムから思うこと 

October 02 [Sat], 2010, 0:26
今朝、我が町の広報誌を読んでいたのですが、
毎回私立病院発のコラムが載っており、
予防接種のことが書かれていました。


今回そのコラムの5回目。


任意予防接種を積極的に受けましょう。


ということなのですが、


最近は副作用のことが心配で、
接種をためらう人もいるとは思う。



と書かかれてあります。



そうですね。
予防接種は、副作用が絶対にないとは言い切れないのは事実ですし、
医師や医療従事者の中にも、
予防接種に疑問を持たれている方がいるのも事実です。
もちろん反対に、
その病気にかかって重症化する人がいるのも事実です。


そのコラムには、
予防接種を積極的に打つ気持ちにさせようと
わかりやすいように、
自動車保険のようなものとたとえているのですが、




うん??????たとえになってますか?????



安心のための保険には、
月々数千円(年に数万円?)の経済的小さいリスクはありますね。
しかし予防接種には、本当に少ない数ではありますが、
副作用や血中に毒が入るという大きなリスクがありますよね。


任意予防接種を受ける受けないは、
この副作用などのリスクと
実際に罹って重篤化する不安との
プラス面、マイナス面をよく考えて決めればいいと思いますが、


この自動車保険のたとえ、
病気が重篤化することの不安に対し、
安心を得る為のたとえとしてはいいかもしれませんが、、
予防接種の副作用が怖くて接種しない人の説得には
なってないような気がするんだけどなぁ。



私はこう言われているような気がしてなりません。



保険セールスマン

「お客様、、、当社の保険(予防接種)に加入すれば、
 なにかあったとき(病気の重症化)に安心ですよ。
 ただし、本当に稀ですよ。本当に稀です。
 ほんの少しの人しか当てはまらないのですが、
 加入後(予防接種後)に、
 保険料がですね、目玉が飛び出るほど高額(副作用)を請求される人がいます。
 でも、本当に稀ですから、保険に入られて安心を買われてはいかがですか?」

と、保険セールスマンに言われてるような気がするのは、
私だけでしょうか?
こんな自動車保険はないでしょ。


まぁ。副作用を大きいリスクと考えていないから、
自動車保険のたとえになるのかな?

本日J−WAVEにて 

August 27 [Fri], 2010, 21:51
先ほどJ−WAVEを聴いていたら、

「今日は、最近否定派の意見が次々に発表されているホメオパシーについて、
医療ジャーナリストをおよびして意見を伺いたいと思います。

と放送されているではありませんか!!!!

あ、、、、またやり玉にあがるのかな?と思っていたら、

なんと、ナビゲーターの男性は、最近奥様がご出産された時に、
助産院でホメオパシーを使った経験があり、
中立な立場でホメオパシーを取り上げてくれました。

そして医療ジャーナリストの方も、科学的に根拠があるかないかは問題になることはなく、
たとえ、プラシーボ(疑似効果)だとしても、プラシーボでさえ、それは心理的な素晴らし効果があるものとコメント。
一部の医師もきちんと勉強してホメオパシーを使ってる現状も伝えています
世界の現状も伝えいました。

ナビゲーターの方も、

「たとえば悪いかもしれませんが、麻薬検知の機械でも検知できない微量菜麻薬を、麻薬犬が感知できるなど、
 目に見えないもので人間の科学が追いつかないものもありますしね。」とコメント。

「では、今なぜホメオパシー問題になっているのでしょう?」の質問に、


医療ジャーナリストの方は、

「ホメオパシーに陶酔するあまり、効果があると言われている医療に対してまでも否定してしまう。そこに問題があるのです。ですからきちんと医療行為は受ける、それを踏まえたうえであれば、人には選択の自由がありますし、個人の自由りますから、その上の選択であればよいと思います。」

とコメント。

そうです。そうです。そうです。

ここ一連の記事や流れでは、
ホメオパシーで死亡事故だとか、ホメオパシーは効果がないので自粛などから、

「ホメオパシーは危ない」

と、今回、何が大きな問題なのかが徐々にすり替えられているような気がします。

しかしさすが、J−WAVE。
きちんと、今回の問題点を軌道修正して伝えていたような気がしました。

私は常日頃、●●しすぎに注意と言います。
それはホメオパシーを受けられている方にも伝えています。

「なんのためにホメオパシー療法を受けるのか?」

今、ホメオパシーを使っているかた、今回の報道で不安になったかた、反対に興味を持ってくれた方。

もう一度考えてみるといいですね。
私もよい機会になりました。


3回にわたる朝日新聞の記事について 

August 13 [Fri], 2010, 18:31
7月末から3回にわたりホメオパシーのことが否定的に書かれた記事が朝日新聞に大きく載りましたが、

3回も続けて記事が載るなんて、


「あ、、、これは公平な立場でかかれば記事ではないな。 ホメオパシーを叩きたい人が裏にいるんだろうな」


と思っていました。

案の定、ホメオパシー医学協会に事前に記者からの取材があったようで、
取材の目的はあくまで好意的な内容で取材とのことだったようです。
しかし記者の本意はホメオパシーを否定的に記事にすることだったようで、
多くの取材の内容から、記者の都合のよいところだけピックアップさてた報道になっているようです。

詳しくはホメオパシー医学協会からのお知らせをご覧になってみてください。
http://jphma.org/About_homoe/jphmh_be_report_20100811.html

この一連の報道で、多くのホメオパシー療法を受けられている人が心配されているだろうなと思いました。
しかし意外にも、 

「あの記事はひどいですね。しかし、その効果を自分や家族が体験してしまったら、あの記事に左右はされませんよ。」

と、多くのクライアントさんが言ってくれ、私も含め、実体験している人は冷静に判断されているのだなと、
とても安心させられました。

体験が一番の力になるんだと、思っきょうこのごろです。

ブログが滞ってます(汗) 

July 21 [Wed], 2010, 22:45
みなさまご無沙汰しています。

ブログの更新が滞ってました。
メルマガの配信を始めたので、そちらの更新のほうが頻繁になったもので、
すみません、こちらはすっかりご無沙汰になってました。

もっとマメに読みたい! というかた、

すみませんが、メルマガ登録をよろしくお願いいたします。

それにしても暑いですね。。。。。。。
とは言うものの、私は、そんなに暑くないのです。

エアコンも相談会室で部屋を閉め切る時にしか使いません。
夜も、枕元にアイスノンを置くだけで(頭は付けないで横に置くだけ)ぐっすり眠れます。

昔からこのような体質だったかと聞かれると、そうではありませんでした。
ホメオパシーを始めてから、
きちんと汗をかくことができ、汗をかいてもミネラルが失われることもなく、
きちんと体温調整ができるから、体内温度が上昇することがないんだと思います。

汗をかくと体のミネラルが出てしまうので、塩をなめるといいと言われますが、

塩=ナトリウムではありませんよ。
塩=マグネシウム、カリウム、カルシウムほかミネラルが多く含まれているナトリウムです。

もちろん塩にはナトリウムは多いです。しかし、
その他、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどが含まれていないと塩とは本当は呼べないのです。

現代の塩は精製されており、99.9%がナトリウムです。これが塩と呼ばれているのですが、
汗をかいて、ナトリウムだけ舐めても意味がありません。余計に喉が渇いて体がむくんでしまいます。
外食で使われる塩もナトリウムがほとんどですから、
私は水の中に、ミネラルが豊富な塩か、にがりを数滴たらして飲んでます。

よく夏は水ではなくスポーツドリンクを飲むといいと言われますが、
市販の「ポカリス●●●」などは、糖分が多いので気をつけてください。

水に少しの塩と、ホメオパシーのミネラルセットを混ぜて飲むのもいいと思います。

今年の夏は猛暑が続くのかな?
でも沢山汗をかいて、毒をだして、素敵な夏を過ごしましょう。



花粉が辛い季節がやってきました 

January 22 [Fri], 2010, 11:17
おはようございます。

ここ数日ポカポカ陽気が続きましたが、昨晩から風が冷たく、
やっぱりまだ冬まっただ中ですね。
しかし日差しがだんだん春めいてきて、体がウキウキしてくるのは私だけでしょうか?
しかし、そんな春が待ち遠しいものの、花粉症の方には辛い時期が近づく不安もあるのではないでしょうか。

私自身、花粉症という名前がなかったころから花粉症でした。
一時期は、息を吸うのが嫌になるほどでしたし、
目のかゆみとゴロゴロ間がひどく、まぶた裏の粘膜が瞬きするたびに薄くめくれる症状もありました。

ちょうどそのころホメオパシーに出会い、ホメオパシーでこの症状は好転しました。
そして今はうきうきモードの春を満喫しています。

最近では花粉に中国大陸から飛んでくる公害になる化学薬品を含んだ黄砂が混ざり、
症状をひどくしていると思われ、
数年前から黄砂のレメディーを加えることにより、クライアント様にもよい状況が現れています。


さぁ、、、、、そんな辛い花粉の時期。
ぜひ、ホメオパシー療法を取り入れてみませんか?
少しでも多くの方に、花粉の時期を自然療法で乗り越えていただきたいという思いから、
ミニ通信相談を始めることにしました。

通常の通信相談では、A47枚ほどの質問票に記入していただき、
花粉症の原因となると考えられる血のヨゴレに対してアプローチしたり、冷えにアプローチしたり、
過去の薬の毒だしをしたり、ホルモンの影響を考えたり、ストレスを考えたり、
花粉症以外のその方の全体像を見ていくのが通常ですが、
ミニ通信相談では、花粉症を春の時期に起こる急性症状ととらえ、
花粉が辛い症状に集中してレメディーをお出しするセッションです。
ミニ通信相談では、通常の相談会でしかお出しできない特別なレメディーもお出しすることができます。
(注意:ホメオパシー療法がどのようなものかを了解している方のみとなります)

ご希望の方は、希望したい旨をメール入れてください。詳細をお送りいたします。
center-tsukimino★jcom.home.ne.jp (★を@に替えて)にメール入れてください

料金:相談料5000円+レメディー代金(2000円を目安に。1か月分)
   ★とらの子会会員でない方は、別途入会費がプラスになります。


辛い花粉の時期を、体に優しい自然療法で乗り切ろう!

1月19日号 SPAにホメオパシーが紹介されてます 

January 15 [Fri], 2010, 9:30
1月12日発売、1月19日号のSPAにホメオパシーが紹介されています。

「新型インフルはウイルステロだった!」た表題で、
陸上自衛隊幹部の池田整治1等陸佐が、
新型インフルエンザとホメオパシーについてインタビューに答えている記事です。

今回の新型インフルエンザがテロかどうかを私が語ることはできませんが、
私は常々、日本人は、情報テロで一発でやられてしまうだろうなと感じています。
世界的にみもても、ここまで日本人がウィルスや細菌に恐怖を感じており、
少しの報道で恐怖からここまで右へならえと報道に忠実になる事実をみても、
今後、日本人を動かすなら、恐怖を情報で煽るのが最適の作戦ではないでしょうか。

Vフォーヴェンデッタ という映画がありますが、
近未来のイギリス国家が、国民の恐怖をあおって国民を統制するという映画です。
ここにも、バイオテロの事件がでてきます。

もう映画だけの話ではなくなっています。


ではどうすればいいか?


マスコミ「すべて」を信じることなく、自分を信じる力をつけていくことが大事になるのではないでしょうか。

明けましておめでとうございます 

January 04 [Mon], 2010, 10:21
明けましておめでとうございます。どんなお正月をお過ごしになりましたか?

私は、毎年箱根駅伝を見て盛り上がってます。やっぱり神奈川県民だなぁ。
そして富士山の美しさと、選手の熱いエネルギーに感動です。

さて、新年最初に、私が最近読んだ本の中に書かれていた一文をご紹介したいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

賢人は他人の過ちから学びますが、愚人は自分の過ちから学びます。
その意味で、私は間違いなく愚人でした。
けれども、自分の過ちと他人の過ちとで、どちらがよりよい教訓となるでしょうか?
賢人は、正しいこととそうでないことについて、よく知っているだけなのです。
言い換えると、賢人は情報を持ってはいますが、わきまえるまでには至っていません。
一方、賢人と違い、愚人は自分のたんこぶ一つのお陰で、
自分が犯した失敗の本質をのものを骨身にしみて理解しています。
つまり本物の知識を身につけていることになるのです。
きっと愚人だけが太古の知への道案内になれるのでしょう。

振り子の法則トランサーフィン3 by ヴァジム・ゼランド

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私も間違いなく愚人です。
毎日失敗ばかりですから。
以前は、失敗をしないようにしたらどうしたらいいか?
失敗しないために、いろいろな精神的な本だったり、心理学だったりを読んでいました。
まさしく、失敗する自分は愚人であり、愚人(ダメな自分)を変えて素敵な自分になりたい。

多分、そんな最初だったと思います。

しかし、やっと最近になって、骨身にしみた失敗が大きなものに繋がっていることに気づき、
頭で理解していた時期とは全く違った体験をしています。

誰だって、「失敗から学べ!」 という言葉は頭では理解していると思いますが、
頭での理解では人生を動かすことはできません。

もし本当に自分を素敵に生きたいのならば、大きなたんこぶを愛しましょうね。

なかなかブログ更新でできずにすみません。
メルマガのほうが更新しておりますので、
どうぞ、メルマガ登録をよろしくお願いいたします。

オアシスvo47号に載ってます 

December 15 [Tue], 2009, 14:33
久しぶりの更新です。こちらではご無沙汰で〜〜〜す。

ホメオパシーとらのこ会には入会されてますか?

さて先日発行になりました、Vo47号に、私が載ってます。
ぜひぜひ読んでみてください。

更新手続きされたない方、この機会に更新手続きしてくださいね。




こちらのブログの更新は滞りがちなので、
ぜひ、メルマが登録をよろしくお願いいたします!

声かけの奇跡 

November 10 [Tue], 2009, 9:11
今年の秋は暖かいですねぇ。
この感じだと、木々が赤や黄色に色づくのは12月入ってからかな?

すみません。こちらのブログの更新が滞ってますが、
メルマガのほうがマメに更新してますので、
よかったら、メルマガにも登録してくださいねぇ。


奇跡のリンゴの木村さんはご存じでしょうか?
無農薬・無肥料でのりんご栽培を成功させた彼です。
彼は10年近くも無農薬・無肥料の栽培を現実化できなかったのですが、
木が枯れ始めてぐらぐらしたときに、
あまりにも木にかわいそうなことをしてしまったと、
木1本1本に「ごめんなぁ。でも頑張ってくれよなぁ」(正確な言葉はすみません・・・違うかも。でもこんな感じで)と、
声をかけていったそうです。
しかし、近隣畑に隣接している木には話しかけなかったそうです。隣の農家の人に、
あの人とうとうおかしくなったと言われたくなかったからです。

その後・・・・・・、声かけしなかった木のみ壊滅・・・・・・・。
声かけした木はその後頑張ってくれて、見事な花を咲かせてくれたそうです。



昨日これと同じような話しを聞きました。
最近自分の畑を持つようになり、白菜を植えたそうです。
葉ものは無農薬で育てるのは大変難しく、
虫とりに大変な労力を使います。
彼女は毎晩せっせと畑に繰り出し、葉についた虫をつまんでは捨て、つまんでは捨て・・・・を繰り返していましたが、
取っても、取っても、取っても、取っても・・・・・・・・・・・、取ればとるほどどんどん虫が美味しそうに葉を食べていく。
その食べっぷりは見事で、筋しか残らないので人間が食べるところは残っていない。

「あ〜〜〜〜! もう厭だ! そりゃとても美味しいでしょうよ。 でも私だって少しは食べたいわよ。
 でもこれじゃ一口も食べれないじゃない。少しは私に残してくれてもいいんじゃない?
 でも、もうあきらめたわ。どんどん食べちゃって!」と、

虫さんに愚痴をこぼし、その後、虫取りをあきらめた彼女は畑にいかなかったそうです。


1週間後、、、、、、畑に顔を出してみると、
はやり、、、、、、、全部の白菜が見事にレース編み状態(汗)。


と、、、、、、思っていたが、
一番端の1つだけがきれいに菜をつけたまの状態で残っていたそうです。




虫さん! ひとつだけ残してくれたんですねぇ。


昨日の聞いた素敵な話しでした。

ウィンターIセット送料無料キャンペーン 

September 27 [Sun], 2009, 11:23
おはようございます。

新型インフルエンザが流行っているようです。
学級閉鎖があいついでいるようですが、
家庭にホメオパシーと取り入れている家族の方から、
ビックリな沢山の報告が届いております。

そのうちのひとつをご紹介しますね。


★ 体験談 小学2年生の女の子

先生こんにちは。娘のクラスが学級閉鎖になりました。もちろん新型インフルエンザです。
娘も学校から帰ってきて頭が痛いというので念のために病院へ行くと、新型インフルエンザは陰性反応。

その後、熱が39度まで上がってきたので、手持ちのインフルエンザのレメディーをがんがんに与え様子をみていたら、
翌日の朝には熱も下がりケロっとして、昼からは公園へ行くとうるさいくらいでした。
娘はインフルエンザウィルス蔓延の教室にいたにも関わらず、インフルエンザには感染せず、
(もしかしたら罹っていたのかもしれませんが、すぐに外へ押し出したのですね)
自分の自然治癒力がいかに大切かを体験した次第です。

ウィンターIセットで予防していたのがよかったのでしょうね。ホメオパシーってすごいです。



このような体験談のように、周りではインフルエンザが流行っていても、
ホメオパシーで予防した人は、普通の風邪程度で終わってしまうという報告が「続々」と届いています。
体験された方は、自分の家族だけがこのようなことが起こったと思っていますが、
私も元に、同じような報告が続々と届くことを考えると、ホメオパシーの凄さを今更ながら再度実感している次第です。

このようなことはインフルエンザにかかわらず、たとえば水疱瘡にかかり病院へ行き水疱瘡と診断され、
その後、ホメオパシーで対処し、数日たって病院へ行くと、
あまりにも早い好転に医師がカルテを見直して
「あれ??水疱瘡だったよね・・・・・。こんなに早く好転・・・・する・・・??」などなど、
首を傾げるなど、普通では考えられない反応をするような反応も多いですよ。

冬本番のインフルエンザに備えて、ホメオパシーで予防、そして実際に罹ってからもホメオパシーで対処することがいかに大切かを、
みなさまからの報告で私自身が実感しています。


******************************************

そこで、再度インフルエンザレメディーキャンペーン

ウィンターIセット2310円+RX Chroni-inf 1040円をセットでご購入された方は、
送料無料キャンペーンやっちゃいます。

まだメルマガ「まぐまぐ」にご登録されていないかた、ぜひ登録をしていただき、
まぐまぐの感想・問い合わせフォームかがご連絡ください。
トップページに登録バナーが貼り付けてあります。

★ウィンターIセットとは
朝昼夜と1日3回、インフルエンザ対策として30日取り続けるレメディーです。


ホメオパシーで、どんどん自分の自然治癒力を高めていきましょう。